株式会社グローバルインフォメーション
TEL: 044-952-0102
表紙
市場調査レポート

IoTフレキシブルデバイス市場分析調査 - 次世代を担うフレキシブルデバイス -

発行 Fujiwara-Rothchild Ltd. 商品コード 333643
出版日 ページ情報 和文
納期: 即日から翌営業日
価格
Back to Top
IoTフレキシブルデバイス市場分析調査 - 次世代を担うフレキシブルデバイス -
出版日: 2015年06月25日 ページ情報: 和文
概要

フレキシブルデバイスは、これまでのPCB基板上に実装されるエレクトロニクスデバイスとは異なり、フィルム上に装着した柔軟なデバイスで、曲面や袋などに貼れる点が大きなメリットです。IoT (Internet of Things) 用途での利用拡大が期待されており、品質管理、荷物追跡、在庫管理、検品、万引き防止、住宅管理、インフラモニタリング、チケットなど多様な用途で拡大することが見込まれています。これまでセンシングできなかった新たなニーズの開拓が可能となることから、IoT市場のさらなる拡大につながるデバイスです。IoT用途におけるフレキシブルデバイス (センサ、ICタグ) 市場は、2020年までに3,410億円まで拡大することが予測されています。

当レポートでは、IoT市場向けフレキシブルデバイスのビジネスモデル、市場動向、課題を分析しています。

要約

  • IoT用途におけるフレキシブルデバイス (センサ、ICタグ) 市場は、2020年までに3,410億円まで拡大する見通し。
  • フレキシブルデバイスの強みは、薄さ、柔軟性、耐振動衝撃性。薄さ、柔軟性への注目度は高いが、あまり認識されていないが、耐振動衝撃性は非常に重要なポイントである。
  • プリンタブル技術を活用することで、薄さ、柔軟性、耐振動衝撃性などの特性をより一層引き立たせることができる。
  • フレキシブルセンサの需要として期待できるのは、大面積、多点のセンシングである。現状、圧力センサのニーズは存在する。今後は、社会インフラモニタリングなど屋外用途でも活用が期待できる。
  • フレキシブルデバイスには、通信機能、バッテリ、メモリ容量、センシング精度、寿命、耐候性などの課題がある。これらをクリアすることにより、新たなニーズも生まれる可能性が高い。
Back to Top