株式会社グローバルインフォメーション
TEL: 044-952-0102
表紙
市場調査レポート

掘削 & 坑井サービスの世界市場予測:2019-2023年 (第3四半期)

World Drilling & Well Services Market Forecast 2019-2023 Q3

発行 Douglas-Westwood 商品コード 923177
出版日 ページ情報 英文
納期: 即日から翌営業日
価格
詳細については [見積・お問合せ] ボタンよりお問い合わせ下さい。

ご注意: DRM (デジタル著作権管理システム) 付PDFになります。制限内容はお問合せください。
Hard Copyにつきましては、航空便送料80ドルが別途かかります。

掘削 & 坑井サービスの世界市場予測:2019-2023年 (第3四半期) World Drilling & Well Services Market Forecast 2019-2023 Q3
出版日: 2019年11月23日 ページ情報: 英文
概要

北米は地域別で最も高い支出が予測され、全体の37%を構成する見込みです。米国のオンショア掘削活動は予測期間中、1.2%のCAGRで拡大すると予測されています。カナダはトランスマウンテンパイプライン拡張工事に関連した進歩を含め、パイプラインの掘削能力の増強にほぼ完全に依存する見込みです。中国政府はエネルギー輸入への依存を減らすことを目指しているため、中国は予測期間中オンショア掘削活動が大きく成長する見込みです。オフショアでは、ガイアナの石油・ガス部門の出現は支出を大きく支える見込みです。2019年から2023年にかけて、同国では73ヵ所以上の海底坑井が掘削されると予測されています。同期間中、ブラジルでは200ヵ所以上の海底坑井が掘削されると予測され、ラテンアメリカのオフショア支出は510億米ドルに拡大する見込みです。

当レポートでは、世界の掘削 & 坑井サービス市場について調査し、世界および主要地域/国における支出予測、開発動向の分析、などを提供しています。

主な調査結果

  • 2019年から2023年の総支出は1兆3,000億米ドルとなり、2014年から2018年と比較して、14%の増加となりました。米国、中国、およびロシアがこの50%を構成しています。
  • 米国以外では、炭化水素輸入への依存を減らすという政府の計画により、中国がロシアを抜いて、支出が最も高くなりました。
  • ラテンアメリカは、ブラジルにおけるオフショア活動の継続およびガイアナにおける石油・ガス部門の出現に促進され、力強い成長が予測されています。
  • 総支出の29%と、リグ & クルーは市場で最も大きな割合を占めており、予測を上回る総額3,580億ドルとなっています。
  • シミュレーションは予測期間を通して総支出の19% (2,360億米ドル) を構成し、米国のオフショアが全体の82%を構成しています。
目次

Over the 2019-2023 forecast, Westwood expects the DWS sector to continue to experience a modest improvement, with international markets beginning to see stronger growth rates in the coming years.

Though there is a positive trend overall, significant oversupply remains in many service lines. This, combined with strict capital discipline from operators, has kept pricing down and a return to the highs of 2013-2014 is not anticipated at any point over the forecast period. Focus in the near-term will be the onshore market, where project lead-times to first oil are short and risk is more manageable.

Global drilling and well services expenditure by service line 2014-2023

Key Conclusions:

  • Total expenditure over 2019-2023 will amount to $1.3tn, a 14% increase compared to 2014-2018. The US, China and Russia will represent over 50% of this.
  • Outside of the US, China has replaced Russia as the country with the highest level of expenditure, due to the government's plans to reduce reliance on hydrocarbon imports.
  • Latin America is anticipated to grow strongly, driven by continued offshore activity in Brazil and the emergence of Guyana's oil & gas sector.
  • At 29% of total expenditure, rig & crew represents the largest proportion of the market, totalling $358bn over the forecast.
  • Stimulation to account for 19% ($236bn) of total expenditure over the forecast, with US onshore accounting for 82% of the total.

North America is expected to have the highest regional expenditure, representing 37% of the total. The majority will be US-focused, where onshore drilling activity is expected to increase at a 1.2% CAGR over the forecast. Canada will depend almost entirely on increasing pipeline takeaway capacity, including progress associated with the expansion to the Trans Mountain Pipeline.

China is set for notable growth in onshore drilling activity over the forecast, as the government aims to reduce China's dependence on energy imports. To achieve this, the country is expected to target unconventional plays, which typically requires more intensive drilling and carry higher associated development costs than conventional plays.

Offshore, the emergence of Guyana's oil & gas sector will support spend significantly. Between 2019-2023, Westwood expects over 73 subsea wells to be drilled in the country. Over the same period, a resurgent Brazil will see over 200, high cost, subsea wells drilled, boosting Latin American offshore expenditure to $51bn.

The ‘World Drilling & Well Services Market Forecast’ offers unique insight into over 20 different service lines and is an essential product for business planners and those looking to make informed investment decisions.