株式会社グローバルインフォメーション
TEL: 044-952-0102
表紙
市場調査レポート

世界の海底作業支援船・ハードウェア市場の予測

World Subsea Vessel Operations & Hardware Market Forecast 2018-2022

発行 Douglas-Westwood 商品コード 303589
出版日 ページ情報 英文
納期: 即日から翌営業日
価格
本日の銀行送金レート: 1GBP=152.90円で換算しております。

ご注意: DRM (デジタル著作権管理システム) 付PDFになります。制限内容はお問合せください。
Hard Copyにつきましては、航空便送料80ドルが別途かかります。

Back to Top
世界の海底作業支援船・ハードウェア市場の予測 World Subsea Vessel Operations & Hardware Market Forecast 2018-2022
出版日: 2017年12月07日 ページ情報: 英文
概要

海底作業支援船・ハードウェア市場は、2018年〜2022年に1,411億米ドル以上の支出が見込まれています。

当レポートでは、世界の海底作業支援船・ハードウェア市場について調査分析し、促進要因と指標、サプライチェーン分析、地域別分析など、体系的な情報を提供しています。

第1章 サマリーと結論

第2章 マクロ促進要因・経済の概要

  • オフショアE&P産業の進化
  • 海底の注目エリア
  • 最近の主要イベント
  • 石油の需要:短期見通し
  • 石油の需給バランス:短期見通し
  • 石油の供給:短期見通し
  • ガスの需給:短期見通し
  • コンセンサス石油・ガス価格:短期見通し
  • エネルギー混合の変化:短期見通し

第3章 定義と用語

  • 海底とは
  • オフショアの生産オプション
  • 海底の生産ハードウェア
  • SURF・パイプライン
  • オフショアフィールドのライフサイクルと海底作業支援船
  • 船舶のタイプ
  • 船舶の定義

第4章 ハードウェアのサプライチェーンと請負業者

  • 海底ハードウェアのサプライチェーン
  • 海底における生産・SURF・パイプラインの競合情勢
  • 海底ツリー市場の動向

第5章 船舶フリート

  • 世界の船舶供給
  • DSV (潜水作業支援船) :供給側の市場動向
  • MSV (多目的支援船) :供給側の市場動向
  • FLEXLAY (フレキシブル設置船) :供給側の市場動向
  • PIPELAY (パイプ敷設船) :供給側の市場動向
  • LWIV (ライトウェルインターベンション作業船) :供給側の市場動向
  • 日給分析

第6章 市場予測

  • 調査手法:DWの予測プロセス
  • 調査手法:支出予測
  • モデルサマリー、前提条件
  • ハードウェアの前提条件
  • 世界の海底作業支援船・ハードウェア市場:地域別分析
  • 世界の海底ハードウェア市場:コンポーネント分析
  • 世界の海底作業支援船市場:需要・支出
  • 北米:海底作業支援船・ハードウェアの概要
  • 北米:ハードウェアコンポーネント分析
  • 北米:船舶需要・支出
  • 南・東アフリカ:海底作業支援船・ハードウェアの概要
  • 南・東アフリカ:ハードウェアコンポーネント分析
  • 南・東アフリカ:船舶需要・支出
  • 西アフリカ:海底作業支援船・ハードウェアの概要
  • 西アフリカ:ハードウェアコンポーネント分析
  • 西アフリカ:船舶需要・支出
  • オーストラレーシア:海底作業支援船・ハードウェアの概要
  • オーストラレーシア:ハードウェアコンポーネント分析
  • オーストラレーシア:船舶需要・支出
  • 東南アジア:海底作業支援船・ハードウェアの概要
  • 東南アジア:ハードウェアコンポーネント分析
  • 東南アジア:船舶需要・支出
  • その他のアジア:海底作業支援船・ハードウェアの概要
  • その他のアジア:海底ハードウェアコンポーネント分析
  • その他のアジア:海底船舶需要・支出
  • 東欧・CIS:海底作業支援船・ハードウェアの概要
  • 東欧・CIS:ハードウェアコンポーネント分析
  • 東欧・CIS:船舶需要・支出
  • ブラジル:海底作業支援船・ハードウェアの概要
  • ブラジル:ハードウェアコンポーネント分析
  • ブラジル:船舶需要・支出
  • その他のラテンアメリカ:海底作業支援船・ハードウェアの概要
  • その他のラテンアメリカ:ハードウェアコンポーネント分析
  • その他のラテンアメリカ:船舶需要・支出
  • 中東:海底作業支援船・ハードウェアの概要
  • 中東:ハードウェアコンポーネント分析
  • 中東:船舶需要・支出
  • カナダ:海底作業支援船・ハードウェアの概要
  • カナダ:ハードウェアコンポーネント分析
  • カナダ:船舶需要・支出
  • 米国:海底作業支援船・ハードウェアの概要
  • 米国:ハードウェアコンポーネント分析
  • 米国:船舶需要・支出
  • ノルウェー:海底作業支援船・ハードウェアの概要
  • ノルウェー:ハードウェアコンポーネント分析
  • ノルウェー:船舶需要・支出
  • その他の西欧:海底作業支援船・ハードウェアの概要
  • その他の西欧:ハードウェアコンポーネント分析
  • その他の西欧:船舶需要・支出
  • 英国:海底作業支援船・ハードウェアの概要
  • 英国:ハードウェアコンポーネント分析
  • 英国:船舶需要・支出

第7章 付録

目次

Subsea Vessel Operations and Hardware Expenditure Forecast to Total $141bn over the 2018-2022 Period

Westwood is forecasting subsea vessel operations and hardware expenditure to total $141.1bn over the 2018-2022 period. Following three weak years of order activity, the industry appears to be past the bottom of the cycle and has seen a 108% increase in greenfield project sanctioning offshore compared with 2016. This is supported by positive macro drivers in the near and long-term, albeit the recovery remains fragile and dependent on OPEC discipline.

Global Subsea Vessel Operations & Hardware Expenditure and
Vessel Day Demand 2013-2022

Key Conclusions

  • Over the forecast period, 62% of expenditure will be focused on subsea hardware, with subsea vessels operations accounting for the remaining 38% of forecast expenditure.
  • Subsea tree installation is forecast to grow at a 3% CAGR over the 2018-2022 period, driven by an expected increase in the number of projects passing FID over the next 18 months.
  • The line pipe and pipelay sectors will account for 28% of total expenditure over the forecast.
  • Westwood anticipates a significant volume of IMR activity to return to the market, with vessel-related IMR activity spend expected to total $19.8bn over the forecast, increasing at a 5% CAGR over 2018-2022.
  • Total forecast vessel operations expenditure over 2018-2022 is expected to decline by 4% relative to the 2013-2017 period, while vessel day demand will increase by 7%, a function of supressed vessel day rates since 2014 levels.
  • Overall, Westwood expects to see a gradual market recovery over the next five years, with an increase in FEED and tendering activities. However, a competitive pricing structure is expected to remain in the near-term, which will limit Capex growth.

Find Out More

The ‘World Subsea Vessel Operations & Hardware Market Forecast 2018-2022’ is presented using Westwood's proprietary database, with detailed insight on both the subsea hardware and vessel day demand by vessel type in 15 distinct countries & regions. This market forecast is based on a thorough scrutiny of data which enables the forecasts to be built on a project-by-project basis enabling us to consider various market conditions which further complement our detailed evaluation of market activity and anticipated market development.

Back to Top