株式会社グローバルインフォメーション
TEL: 044-952-0102
表紙
市場調査レポート

世界の液化天然ガス (LNG) 市場予測

World LNG Market Forecast 2018-2022

発行 Douglas-Westwood 商品コード 202139
出版日 ページ情報 英文
納期: 即日から翌営業日
価格
本日の銀行送金レート: 1GBP=150.55円で換算しております。

ご注意: DRM (デジタル著作権管理システム) 付PDFになります。制限内容はお問合せください。
Hard Copyにつきましては、航空便送料80ドルが別途かかります。

Back to Top
世界の液化天然ガス (LNG) 市場予測 World LNG Market Forecast 2018-2022
出版日: 2018年05月03日 ページ情報: 英文
概要

2017年から2021年の世界における液化天然ガス (LNG) 設備投資規模は、総額2,840億米ドルに達すると予測されています。この数字は前の5年間と比較して50%の増加を示しています。

当レポートでは、世界の液化天然ガス市場を包括的に分析し、産業の概要、需給動向、サプライチェーン、輸送、オフショアにおけるLNG、および市場動向の分析、地域別および施設タイプ別の市場予測などを提供しています。

第1章 サマリー・結論

第2章 マクロ促進要因および経済概要

  • 人口、GDPおよびエネルギー需要
  • ブラック (石油) からグリーン (環境) へ
  • 持続可能エネルギー
  • 天然ガス
  • 石油・ガスメジャー:新たな企業動向
  • 石油およびガスにおける課題
  • 石油価格の不安定さ
  • 掘削および生産の見通し
  • オフショア石油・ガス
  • 供給の多様性
  • 非従来型石油・ガス

第3章 LNG (液化天然ガス) 産業

  • LNGチェーン
  • LNGの契約動向
  • 短期取引

第4章 LNGの需要と供給

  • ガスの需要・供給
  • ガスの供給:米国における進行中のプロジェクト
  • 地域別のガス・LNG市場
  • ガスの供給:莫大な量の在来型資源が未開発のまま
  • LNG供給の展望
  • 非従来型ガス:LNGへの脅威
  • 非従来型ガス:LNGの原料
  • LNG需要の展望
  • LNGの新興アプリケーション
  • 将来のLNG価格展望

第5章 サプライチェーン・請負業者

  • LNGのサプライチェーン
  • EPC請け負い業者:市場シェア分析
  • LNG建設
  • LNG液化
  • 液化技術市場
  • LNG再ガス化

第6章LNGの輸送

  • LNGキャリア
  • LNG船舶所有者と分析
  • LNGキャリア設計:格納システム
  • LNGキャリア設計:格納・駆動
  • 造船所分析

第7章 オフショアLNG

  • オフショア搬入・液化
  • オフショア搬入・液化ターミナル

第8章 市場予測

  • 調査手法
  • 世界におけるLNGのCAPEX:設備タイプ別
  • 世界のLNG市場:地域別
  • 液化ターミナル
  • 液化ターミナル:新開発 vs. 拡大計画
  • 液化ターミナルのコスト分類
  • 総液化能力
  • LNGキャリア
  • LNGの輸入ターミナル
  • 輸入ターミナル:新開発 vs. 拡大計画
  • 輸入ターミナルのコスト分類
  • アフリカ
  • アジア
  • オーストラレーシア
  • 東欧およびFSU (旧ソ連諸国)
  • ラテンアメリカ
  • 中東
  • 北米
  • 西欧

第9章 付録

図表リスト

目次

The World LNG Market Forecast 2018-2022 is presented using SECTORS, detailed analysis, and commentary on eight distinct regions with a ten-year market view - historic data covering the period 2013-2017 and forecast data for 2018-2022.

Global LNG Capex to total $236bn, as investors expect stronger LNG demand

Westwood expects global LNG capital expenditure (Capex) to total $236 billion (bn) over the 2018-2022 period, based on its latest analysis of sanctioned and upcoming projects. This represents a 14% growth compared to the preceding five-year period. In the near-term, expenditure is expected to be subdued due to the lack of project sanctioning seen during the oil price downturn. The LNG shipbuilding business is also expected to recover with over 150 further orders expected to be placed for delivery over the period to 2022.

Key Conclusions

  • Over the forecast period, the construction of liquefaction terminals will account for 67% of the LNG market, with expenditure totalling $157.5bn. This investment will subsequently lead to an additional 119 mmpta of global export capacity over the 2018-2022 period.
  • Despite several countries opting for floating regasification units, land-based import terminals remain attractive, with expenditure expected to grow at 8% CAGR over the 2018-2022 period, and forecast spend to total $25.9bn.
  • Over the 2018-2022 period, 265 LNG carriers are expected to be delivered, as record numbers of carriers will be required to meet the increased LNG output expected by the end of the forecast period. Of the number of LNG carriers expected to be delivered, 154 units are yet to be ordered.
  • Korean shipbuilders will continue to dominate the carrier market, with Daewoo Shipbuilding and Marine Engineering, Samsung Heavy Industries and Hyundai Heavy Industries accounting for 60% of the current orderbook.
  • Air Products' single mixed refrigerant and ConocoPhillips' Optimized Cascade process accounted for 54% and 46% respectively of the liquefaction technology market over the 2013-2017 period. Over the forecast period, Air Products currently has the largest market proportion (74%), with Conoco Philips (20%), Shell (4%) and Linde (2%) accounting for the remaining proportion of known contracts awarded.
  • Operators sanctioning new projects are seeing lower supply chain costs, and despite current over-supply are expecting a growth in LNG demand that will see supply-demand balance by the mid-2020s.
  • While long-term contracts are the foundation of the LNG contracting model that underpins returns on investment, changes in the business environment are driving an increase in spot trading and short-term contracts, leading to a rise in the number of spot cargoes.

The ‘World LNG Market Forecast 2018-2022’ is presented using SECTORS detailed analysis, and commentary on eight distinct regions with a ten-year market view - historic data covering the period 2013-2017 and forecast data for 2018-2022.

Whilst Westwood's SECTORS LNG Module provides project-by-project information and Capex details by service type, the report further provides detailed insight on:

  • Macro-Economic Drivers and Market Trends
  • LNG Pricing and Short-term Trade
  • Supply Chain & Contractors
  • LNG Demand - Supply Outlook
  • LNG Transportation
Back to Top