市場調査レポート

HTML5:勝利への道半ばの基準

HTML5: Standards Are Only Half the Battle

発行 Ovum, Ltd. 商品コード 139901
出版日 ページ情報 英文 19 Pages
納期: 即日から翌営業日
価格
こちらの商品の販売は終了いたしました。
Back to Top
HTML5:勝利への道半ばの基準 HTML5: Standards Are Only Half the Battle
出版日: 2010年10月28日 ページ情報: 英文 19 Pages

当商品の販売は、2016年07月01日を持ちまして終了しました。

概要

HTML5は新しいウェブ標準としてベンダーの本格的なサポートを引き寄せ、ウェブ・アプリケーション設計時につきものだった「リッチ vs. リーチ」の決定に変化をもたらしています。HTML5はリッチさをサポートしていますが、さまざまなブラウザの実装やよりリッチなコンテンツへのサポートが、使用者による構成やプログラミング本来の役割を守ることになると見られます。HTML5の最初の足がかりは、スマートモバイル端末のプラットフォームです。

当レポートは、従来、使用者による構成や第三者のツール、プラグインを必要としていたRIA(リッチ・インターネット・アプリケーション)のレンダリングや導入に対し、HTML5が機能的にどのような影響を与えるかなどについて、概略以下の構成で取り上げています。

サマリー

  • 発展要因
  • Ovumの見解
  • 主なメッセージ

後継

  • HTML5の最初の機会はモバイル
  • クイックチェック:HTML5とは?
  • RIAプラットフォームの大きなシフトを促すHTML5
  • m-コマースの氷山の一角に過ぎないHTML5
    • AppleのAdobeに対するわだかまりの根底はコントロール
    • ただ黙ってはいないAdobe
  • よりスマートなモバイル端末が合理化されるがランタイムの完全統合はされない
    • デベロッパにとって「リッチ vs. リーチ」がかつてなく重要に
  • OracleとGoogleの余興

万能な解決策ではないHTML5

  • 概要
  • 強く政治化した遺産
    • 基盤を作り混沌の種をまいたHTML2.0
    • 最初から失敗だったHTML3.0
    • 近代ウェブを定義しながら遠回りとなったHTML4.x
    • XHTMLとHTML5のルーツ
    • 「2020年」を深刻にとらえないこと
  • 主な特徴
    • 注目のRIA機能
    • 対象外も多い

提言

  • 企業への提言
目次
Product Code: OI00005-005

Abstract

Introduction
HTML5 has drawn critical-mass vendor support as the emerging web standard. It changes the classic "rich versus reach" decision in designing web apps. HTML5 will support richness, but varying browser implementations and support for greater richness will preserve a role for proprietary frameworks and native programming. HTML5' s first beachhead will be smart mobile device platforms.

Features and benefits
Will guide web developers on choice of RIA development platform strategy.
Forecasts the role of HTML5 and its impact on mobile development platform rivals Adobe, Apple, and Microsoft.

Highlights
HTML5 will become one of the most successful upgrades of the HTML standard and a supporting player in the battle for dominance of m-commerce. Mobile devices will embrace HTML5 long before the desktop; Flash and Silverlight will not become obsolete overnight, as desktop refreshes will lag those of mobile.

HTML5 will not end fragmentation of mobile device runtimes. It will support more rudimentary use cases, with native, Flash, Java, and Silverlight competing for runtimes that require high richness.

The real battle will not be over runtime, but which players dominate higher value-added functions such as Digital Rights Management and access to digital marketplaces

Your key questions answered
How will HTML5 affect functionality for rendering and deploying RIA that previously required proprietary frameworks, third-party tools, and plug-ins?

Table of Contents

SUMMARY
Catalyst
Ovum view
Key messages
THE SUCCESSION
HTML5’s first opportunity is in mobile
Quick reality check: what is HTML5?
HTML5 will prompt major RIA platform shifts
HTML5 is at the tip of the m-commerce iceberg
Apple’s grudge match with Adobe is all about control
Adobe is not exactly playing dead
Smarter mobile devices will rationalize but not fully consolidate the runtimes
Rich versus reach is more important to developers than ever
The Oracle-Google sideshow
HTML5 IS NO PANACEA
Overview
Highly politicized heritage
HTML 2.0 sets baseline and sows seeds for chaos
HTML 3.0 was stillborn
HTML 4.x defined the modern web, detours notwithstanding
XHTML and the roots of HTML5
Don’t take the 2020 date seriously
Key features
RIA functions are hot
However, there is still plenty out of scope
RECOMMENDATIONS
RECOMMENDATIONS FOR ENTERPRISES
APPENDIX
Ask the analyst
Ovum Consulting
Disclaimer

Back to Top