表紙
市場調査レポート

インドネシアの菓子市場の傾向と発展

Market Focus: Trends and Developments in the Confectionery Sector in Indonesia

発行 Canadean 商品コード 309851
出版日 ページ情報 英文 37 Pages
即納可能
価格
本日の銀行送金レート: 1USD=106.02円で換算しております。
Back to Top
インドネシアの菓子市場の傾向と発展 Market Focus: Trends and Developments in the Confectionery Sector in Indonesia
出版日: 2014年07月29日 ページ情報: 英文 37 Pages
概要

インドネシア国民1人当たりの菓子消費量は、他の東アジア諸国(韓国・マレーシア、タイなど)と比べるとまだ低い水準に留まっています。逆に言えば、同国の巨大な人口ベースも重なって、インドネシアの菓子市場には巨大な成長機会が存在しています。カテゴリー別に見ると、砂糖菓子が半数のシェアを占め、さらに他のカテゴリー(チョコレート・ガム)のシェアを侵食しようとしています。今後は、可処分所得の増大や消費パターンの変化に伴い、嗜好用キャンディやチョコレートの需要が拡大し、また生活習慣の欧米化より製品の高級化の動きが進むものと思われます。包装素材に関しては、フィルム・袋・サッシュなどのフレキシブル包装が主体となっています。

当レポートでは、インドネシアにおける菓子市場の現状と動向について分析し、全体的な市場構造や背景事情、部門別の市場規模、消費者の嗜好の傾向、プライベートブランドの動向、流通構造、関連産業(包装産業)との関連性、今後の市場発展の方向性などを調査・考察して、その結果を概略以下の構成でお届けします。

エグゼクティブ・サマリー

将来展望

国の背景事情

  • マクロ経済分析

部門別分析

  • 全体的な市場規模の分析(金額/数量ベース)
  • カテゴリー別の分析(金額/数量ベース)
  • 市場シェアの分析

消費者の概要

  • 主な傾向

プライベートブランド

  • プライベートブランド/ナショナルブランドの普及率
  • 成長分析

流通に関する考察

  • 代表的な小売業者
  • 主な流通形態:カテゴリー別

パッケージングに関する考察

  • 主なパッケージング素材・種類
  • 主なパッケージング用クロージャー/アウター(外装)

主要企業とその市場シェア

データ付表および分析手法概要

このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細はお問い合わせください。

目次
Product Code: CS1565MF

Summary

This report brings together consumer insight and market data to provide a comprehensive brief of the Indonesian Confectionery sector. This allows for the rapid identification of key growth opportunities across major Confectionery categories and their packaging.

Key Findings

  • The Indonesian Confectionery market offers growth opportunities for manufacturers given the country's large population base and low per-capita consumption compared to neighboring South East Asian countries.
  • Sugar Confectionery is the most valuable, as well as the fastest growing, category in the Confectionery market in Indonesia
  • Rising disposable income and the evolving consumption patterns of consumers is driving the demand for indulgent and novel candies and Chocolates.
  • Film and Bags/Sachets made of Flexible Packaging are the most commonly used packaging material for Confectionery in Indonesia.
  • Growing influence from western cultures to drive demand of premium confectioneries

The overall per-capita Confectionery consumption in Indonesia is still low compared to other South East Asian countries such as South Korea, Malaysia, and Thailand, providing opportunities for manufacturers to expand given Indonesia's large population base. Sugar Confectionery is the largest category in the Indonesian Confectionery market and accounts for half of the overall market by value, which is further expected to gain market share over Chocolate and Gum categories.

Reasons To Buy

This overview of the consumer and market dynamics of the Indonesian Confectionery sector allows new entrants and established companies to gain rapid and comprehensive insight into the current state of the market and identify the key trends that will drive growth in the coming years.

Table of Contents

Executive Summary

Future Outlook

Country Context

  • Macro economic analysis

Sector Analysis

  • Overall value -volume analysis
  • Value -volume analysis by categories
  • Market share analysis

Consumer Overview

  • Key trends

Private Labels

  • Private label vs. national brand penetration
  • Growth analysis

Distribution insights

  • Leading retailers
  • Key distribution formats by categories

Packaging Insight

  • Key packaging material and type
  • Top packaging closures and outers

Leading players with market share

Data Appendix and Summary Methodology

Back to Top