表紙
市場調査レポート

日本のヘアケア用品市場の動向と発展

Market Focus: Trends and Developments in the Haircare sector in Japan

発行 Canadean 商品コード 285706
出版日 ページ情報 英文 45 Pages
即納可能
価格
本日の銀行送金レート: 1USD=101.39円で換算しております。
Back to Top
日本のヘアケア用品市場の動向と発展 Market Focus: Trends and Developments in the Haircare sector in Japan
出版日: 2014年07月29日 ページ情報: 英文 45 Pages
概要

日本は、ヘアケア用品部門の成熟市場で、2007年〜2017年の売上高のCAGRでは、2.6%の成長が予測されています。

当レポートでは、日本のヘアケア用品市場について調査分析し、市場の規模、経済・人口統計・行動動向について検証し、主要企業プロファイルも含めて、概略以下の構成でお届けいたします。

国の背景事情

  • 少子高齢化が、日本の消費財市場に新しいダイナミクスを形成
  • 美容・パーソナルケア用品で最も人気のある店頭販売は、大型スーパーマーケットとスーパーマーケット、続いて健康・美容用品店
  • 大型スーパーマーケットとスーパーマーケットがヘアケア用品の流通を支配する一方で、ドラッグストアと薬局は別の主要チャネル

部門分析

  • 個人主義や健康・幸福感が、ヘアケア用品の購入決定に最も影響を与える
  • 年齢構成の変化と新しいジェンダー行動が、日本のヘアケア用品市場の別の主要動向
  • ヘアカラーが、日本のヘアケア用品市場を主導
  • ヘアカラー・スタイリング剤が、辛うじて市場シェアを獲得
  • 日本におけるパーマ・リラクサーは人気が低く、売上高の伸びを抑制

ブランド製品とプライベートブランド

  • 国内・国際的ブランド

パッケージに関する考察

  • ヘアケア用品のパッケージは、ガラス瓶が最も人気がある
  • ヘアケア用品市場では、パッケージデザインが製品の差別化に重要

将来の見通し:日本のヘアケア用品市場の4大動向

  • アンチエイジング(老化防止)のヘアケア用品の需要がある
  • ドレスのスタイルがヘアカラー動向に影響を与える
  • 新時代のスタイリング剤が発売
  • 技術革新と利便性がヘアケア用品のパッケージを促進

データ付録、調査手法

このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細はお問い合わせください。

目次
Product Code: CS1591MF

Summary

This report brings together consumer insight and market data to provide a comprehensive brief of the Japanese Haircare sector. This allows for the rapid identification of key growth opportunities across major Haircare categories.

Key Findings

  • Hair Colorants is the largest category, Japanese consumers traditionally prefer black hair.
  • Individualism and Health are the key trends in the Japanese Haircare market.
  • Hypermarkets and Supermarkets are the leading retailers of Haircare products in Japan. This can be attributed to high retail penetration in the predominantly urban country.
  • Rigid Plastics is the most commonly used packaging type used by major selling categories, especially for hair colorants, conditioners, and shampoos.
  • The high proportion of an aging and mid-life population in Japan is driving growth in anti-aging Haircare products.

The Haircare market in Japan is a well penetrated market, with Hair Colorants being the largest category. The high proportion of older consumers and mid-lifers in Japan is driving the consumption of Hair Colorants and anti-aging Haircare products. Individualism and Health are the key trends in the Japanese Haircare market, as consumers increasingly prefer Haircare products that reflect their personal style. E-retail is one of the fastest growing distribution channels in Japan, driven by the high level of internet penetration.

Reasons To Buy

This overview of the consumer and market dynamics of the Haircare sector allows new entrants and established companies to gain rapid and comprehensive insight into the current state of the market, and identify the key trends that will drive growth in the coming years.

Table of Contents

Executive Summary

Future Outlook

Country Context

  • Macro economic analysis

Sector Analysis

  • Overall value -volume analysis
  • Value -volume analysis by categories
  • Market share analysis

Consumer Overview

  • Key trends

Distribution insights

  • Leading retailers
  • Key distribution formats by categories

Packaging Insight

  • Key packaging material and type
  • Top packaging closures and outers

Leading players with market share

Data Appendix and Summary Methodology

Back to Top