株式会社グローバルインフォメーション
TEL: 044-952-0102
市場調査レポート

電力市場 - カンボジア

Cambodia Power Q1 2020

発行 Fitch Solutions, Inc. 商品コード 192345
出版日 ページ情報 英文 42 Pages
納期: 即日から翌営業日
価格
本日の銀行送金レート: 1USD=111.19円で換算しております。
Back to Top
電力市場 - カンボジア Cambodia Power Q1 2020
出版日: 2019年12月31日 ページ情報: 英文 42 Pages
概要

カンボジアの電力市場は大きな成長潜在性を有しています。カンボジアは2020年までに国内全域に電力を供給するという大きな目標を掲げており、新たな設備容量の追加と送配電インフラへの投資が求められています。現在は比較的スリムはプロジェクトラインですが、拡大を続けており新たな水力発電所と火力発電所をカバーしています。これらの多くは海外の投資家の支援によるものです。再生可能エネルギーセクターは同国の電力市場におけるもうひとつの潜在成長力となっています。

当レポートでは、カンボジアの電力市場を調査し、市場の概要、市場構造、SWOT分析、産業予測、市場の予測シナリオ、地域および国別の電力市場の分析、リスク評価、競合情勢、主要企業のプロファイルなどをまとめています。

目次

  • キービュー
  • SWOT分析
  • 電力市場のSWOT分析
  • 産業予測
  • カンボジアのスナップショット
  • カンボジアの電力市場の予測シナリオ
  • 産業リスク/報酬指数
  • アジアの電力市場 RRI:アジア地域が世界最大を維持
  • カンボジアの電力リスク/報酬指数
  • 市場概況
  • 主な方針と市場構造
  • カンボジアの電力プロジェクトのデータベース

競合情勢

  • 企業概要
  • 地域概要
  • アジアの電力市場の概要
  • 用語集
  • 調査手法
目次
Product Code: SSKH18_20200101

Key View:

Cambodia's near-term power capacity growth outlook is bullish, averaging 18% y-o-y in 2019 and 2020. We attribute this

to the completion of new thermal, hydropower and solar power projects coming online. However, we remain conservative in our

power capacity and generation growth forecasts between 2021 and 2028, owing mostly to the dimming outlook for new

hydropower projects, ongoing challenges in sourcing natural gas feedstock, weak regulatory environment for renewables, small

project pipeline and ongoing financial challenges - all of which we expect will weigh on Cambodia's future power sector growth

prospects.

Table of Contents

  • Key View
  • SWOT
  • Power SWOT
  • Industry Forecast
  • Cambodia Snapshot
  • Cambodia Power Forecast Scenario
  • Industry Risk/Reward Index
  • Asia Power RRI: Opportunities To Outweigh Risks
  • Cambodia Power Risk/Reward Index
  • Market Overview
  • Key Policies And Market Structure
  • Cambodia Power Projects Database

Competitive Landscape

  • Regional Overview
  • Asia Renewables: Solar Key Growth Driver, Offshore Wind Shows Potential
  • Power Glossary
  • Power Methodology
Back to Top