株式会社グローバルインフォメーション
TEL: 044-952-0102
表紙
市場調査レポート

不動産市場 - フィリピン

Philippines Real Estate 2019

発行 Fitch Solutions, Inc. 商品コード 179534
出版日 ページ情報 英文 39 Pages
納期: 即日から翌営業日
価格
本日の銀行送金レート: 1USD=110.43円で換算しております。
Back to Top
不動産市場 - フィリピン Philippines Real Estate 2019
出版日: 2019年03月05日 ページ情報: 英文 39 Pages
概要

ビジネス環境の悪化と投資家心理の低迷が、2019年の商業用不動産投資への逆風となっています。関連市場の商業資産は、空室率の上昇と需要の低下による影響に直面すると予測されます。その一方、品質が依然として住宅不動産の成長の原動力であるため主要地域の中核資産は安定を維持しますが、それでもなお外的要因が全体的に下方圧力が加わる見通しです。

当レポートでは、フィリピンの不動産市場について調査し、国および市場の概要、市場構造、SWOT分析、市場の予測シナリオ、リスク評価、競合情勢、企業概要などについてまとめています。

目次

  • キービュー
  • SWOT分析
  • 産業予測
  • オフィス建物予測
  • 小売建物予測
  • 産業建物予測
  • 住宅/非住宅建物
  • マクロ経済予測
  • フィリピンは成長鈍化の流れを断ち切るのに苦慮する
  • 市場概況

競合情勢

  • フィリピンの人口統計
  • 調査手法
目次
Product Code: SSPH22_20190101

Key View:

A deteriorating business environment and dwindling investor sentiment act as headwinds to commercial property investment in 2019. Commercial assets in fringe markets are expected to encounter rising vacancies and lower demand. Meanwhile, demand for core assets in prime locales will remain steady as quality remains the primary driver of occupier demand, but external factors will still put downward pressure across the board.

Table of Contents

Key View

SWOT

Industry Forecast

  • Office Forecast
  • Retail Forecast
  • Industrial Forecast
  • Residential/Non-Residential Building

Macroeconomic Forecasts

  • Philippines Will Struggle To Reverse Weakening Growth Momentum

Market Overview

Competitive Landscape

Philippines Demographic Outlook

Real Estate Methodology

Back to Top