株式会社グローバルインフォメーション
TEL: 044-952-0102
表紙
市場調査レポート

中国の通信産業(四半期更新レポート)

China Telecommunications Q3 2019

発行 Fitch Solutions, Inc. 商品コード 177707
出版日 ページ情報 英文 56 Pages
納期: 即日から翌営業日
価格
本日の銀行送金レート: 1USD=109.52円で換算しております。
Back to Top
中国の通信産業(四半期更新レポート) China Telecommunications Q3 2019
出版日: 2019年05月28日 ページ情報: 英文 56 Pages
担当者のコメント
このシリーズは、他にも調査対象国がございます。詳細はお問合せください。
概要

当レポートでは、中国における通信産業の構造や最新動向について分析し、今後10年間の産業規模の動きを推計すると共に、業界の抱える課題(リスク)や将来的な収益機会(リワード)に関する評価、分野別・地域別の詳細動向、政府の政策・規制、主要企業のプロファイルといった情報を盛り込んでいます。

BMIの見解

SWOT分析

産業予測

  • 最新動向
  • 構造的傾向

産業のリスク/リワード・レーティング

  • 産業:リスク/リワード・レーティング

市場概況

  • 市場促進要因と動向
  • モバイル通信
  • ワイヤライン通信とブロードバンド

規制の発展

規制の発展

  • 規制の概要
  • 規制の発展

競争環境

企業プロファイル

  • China Telecom
  • China Mobile
  • China Unicom

人口構造の予測

用語集

分析手法

  • 産業予測の手法
  • 情報源
  • リスク/リワード・レーティングの手法
目次
Product Code: SSCN01_20190701

KKey View:

ey View: Price pressures faced by operators at the end of 2018 have weighed on revenue growth, and this has led to more

conservative 5G capex plans for 2019. 4G will see minimal growth moving forward as the segment is extremely saturated, with only

late-adopters which are generally of low-value left to upgrade to the new technology. Fixed broadband continues its growth as

operators invest in fiberisation and push their multi-play bundles to grow subscriber value. Internet of Things (IoT) will also be an

area to watch out for operators as their NB-IoT networks continue to gain traction among businesses. Government-commissioned

smart city deployments will also continue to underpin uptake.

Table of Contents

  • Key View
  • SWOT
  • Industry Forecast
  • Industry Risk/Reward Index
  • Saturation, Economic Risks Put Pressure On The Attractiveness Of Asia Telecoms
  • China Risk/Reward Index
  • Market Overview
  • Regulatory Development

Competitive Landscape

  • Company Profile
  • China Mobile
  • China Telecom
  • China Unicom
  • 13th Five-Year Plan
  • 13th Five-Year Plan: Key Points
  • China Demographic Outlook
  • Telecommunications Glossary
  • Telecommunications Methodology
Back to Top