特集 : 国別レポートが13,000件から検索可能になりました!

特集 : 海外市場の委託調査がセミカスタムベースでお手軽にできます

株式会社グローバルインフォメーション
表紙
市場調査レポート
商品コード
967391

公益事業計画に対するCOVID-19の影響の測定:上下水道の資本改善計画のサイジング

Measuring COVID-19 Impacts on Utility Planning: Sizing Capital Improvement Plans for Water & Wastewater

出版日: | 発行: Bluefield Research | ページ情報: 英文 | 納期: 即日から翌営業日

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=105.26円
公益事業計画に対するCOVID-19の影響の測定:上下水道の資本改善計画のサイジング
出版日: 2020年10月12日
発行: Bluefield Research
ページ情報: 英文
納期: 即日から翌営業日
担当者のコメント
水専門調査会社Bluefield Research発行の公益事業計画に関する調査レポートです。特に、COVID-19が公益事業計画にもたらす影響という観点より、「COVID-19への対応」「2020年から2029年までの総CAPEX予測の変化率」「資本改善計画:10年の概要」「米国の公共事業者37社のプロファイル」について調査・分析を行っております。サンプルレポートは「無料サンプル」ボタンよりお気軽にお申し込みください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

当レポートでは、米国における公共事業計画へのCOVID-19の影響について調査し、COVID-19への対応、予算の変更、今後の資本改善計画、およびユーティリティ (公共事業者) のプロファイルなどをまとめています。

主な内容

  • COVID-19への対応
  • 2020年から2029年までの総CAPEX予測の変化率
  • 資本改善計画:10年の概要
  • 米国の公共事業者37社のプロファイル(Covid-19後のアップデート)
目次

Uncertainty precipitated by the COVID-19 economic disruption has left utilities in a difficult situation, particularly for those transitioning into new fiscal years. Annually, July 1 is the start of the fiscal year for 37 of the 100 municipal utilities analyzed by Bluefield Research. Looking at these recently updated plans sheds light on immediate responses to quarantines, shutdowns, and subsequent revenue impacts.

The analysis indicates that municipal utility planning departments are still grappling, if not kicking the can down the road in some cases, with the realities of the current market downturn. The budgetary changes from last year vary from extreme reduction to budget increases, to flatlining.

In this Data Insight:

  • COVID-19 response
  • Percent change in total CAPEX projections from 2020 to 2029
  • Capital Improvement Plan ten-year-overview
  • 37 U.S. utility profiles (post Covid-19 updates)
株式会社グローバルインフォメーション
© Copyright 1996-2020, Global Information, Inc. All rights reserved.