表紙
市場調査レポート

IoTアプリケーション向けLPWAN (Low Power Wide Area Networks)

Low Power Wide Area Networks for IoT Applications

発行 Beecham Research Ltd 商品コード 342310
出版日 ページ情報 英文 18 Pages
即納可能
価格
本日の銀行送金レート: 1USD=101.51円で換算しております。
Back to Top
IoTアプリケーション向けLPWAN (Low Power Wide Area Networks) Low Power Wide Area Networks for IoT Applications
出版日: 2015年10月11日 ページ情報: 英文 18 Pages
担当者のコメント
英国ロンドンに本拠を置くBeecham Research Limited (BRL) は、M2M およびIoTの世界的動向の分析に特化する技術市場の調査・分析・コンサルティングのリーディングカンパニーです。Primary researchをメインとする希少価値の高いレポートを発行しており、当レポートでは同分野のキープレーヤーである Actility, Ingeno/OnRamp, Linklabs, MultiTech, Nwavw, Semtech, Sigfoxへのインタビューをもとに分析しています。
概要

コネクテッドデバイスの人気は、主にセルラーネットワークを背景に、過去10年間で急増しています。GPRS (2.5G) に始まり、3GおよびLTE (4G) と続くデータと相性の良い技術の可用性は、多くの接続マシンへユビキタスネットワークを提供しています。近年の発展は、マシン/モノ/オブジェクトをインターネットへ接続する技術の競争の登場に見られます。多くのIoTプロジェクトにとって、セルラーネットワークのコストと電力要件は高すぎるものとなっています。LPWANはセルラーネットワークと競合するのみならず協力もすると見込まれ、エンドユーザーへ接続オプションをより多く組み合わせることで、市場成長を促進しています。2020年までに、IoT接続全体の26%をLOWANが構成すると予測されています。

当レポートでは、LPWAN (Low Power Wide Area Networks) について取り上げ、既存・計画中のビジネス・商業的背景における様々なLPWAN技術の評価と比較を提供しており、開発段階、実施までのスケジュールおよびコストの分析などをまとめています。

エグゼクティブサマリー

背景

LPWAN技術概要

  • 市場参入企業の概要
    • The LoRa Alllance
    • LoRa :技術説明
    • LoRa :製品・サービス
    • Weightless SLG
    • NWave
    • SlgFox
    • OnRamp Wireless/Ingenu
    • LTE-M/ナローバンド IoT

LPWANアプリケーション

コスト分析

  • エンドポイント/モジュール
  • ゲートウェイ
  • 基地局
  • OSS/BSS

IoT市場にLPWANが及ぼす影響

モバイルネットワークオペレーターにLPWANが及ぼす影響

結論

目次

The population of connected devices has grown rapidly over the past decade, largely on the back of cellular networks. The availability of data friendly technologies starting with GPRS (2.5G), followed by 3G and LTE (4G) has provided an almost ubiquitous network for connecting machines. Cellular networks domination the M2M/IoT market may be about to change.

Recent developments have seen the emergence of technologies competing for the connection of machines/things/objects to the internet. For many IoT projects, cellular network costs and power requirements are too high.

This report investigates the plethora of low powered wireless access networks (LPWANs) rapidly becoming available to address these requirements. The purpose of this report is to assess and compare the various LPWAN technologies, both existing and planned in a business and commercial context. Although some comparisons of the different technologies are included in the report these are in the context of their stage of development, time to implement and costs.

This report shows that LOWANs will become an important connectivity medium for the IoT. Companies developing LPWAN networks and technologies are offering the low cost and low power of mesh networks but with wide area network credentials rivaling that of cellular networks. The lower speeds of LPWANs are the trade-off for longer range, offering networks optimized for machine connectivity. With much lower deployment costs than cellular networks, our study shows that the availability of LPWANs will expand the market, allowing more IoT projects to be financially viable.

LPWANs will both compete and collaborate with cellular networks, stimulating market growth with more combinations of connectivity options for end-users. Our forecasts show LOWANs accounting for 26% of total IoT connectivity by 2020.

Table of Contents

EXECUTIVE SUMMARY

BACKGROUND/CONTEXT

LPWAN TECHNOLOGY OVERVIEW

  • Market Player Landscape
    • The LoRa Alllance
    • LoRa Technical Description
    • LoRa Products and Services
    • Weightless SLG
    • NWave
    • SlgFox
    • OnRamp Wireless/Ingenu
    • LTE-M/Narrowband IoT

LPWAN APPLICATIONS

COST ANALYSES

  • End points/ Modules/ Motes
  • Gateways
  • Base stations
  • OSS/BSS

THE IMPACT OF LPWAN ON THE IoT MARKET - fORECASTS

THE IMPACT OF LPWAN ON MOBILE NETWORK OPERATORS

CONCLUSIONS

  • Connecting Objects
Back to Top