表紙
市場調査レポート

IoT環境におけるサービスイネーブルメントサービス (SES) プラットフォームの発展

The Evolution of Service Enablement Services (SES) Platforms in an IoT Environment

発行 Beecham Research Ltd 商品コード 339547
出版日 ページ情報 英文 29 Pages
即納可能
価格
本日の銀行送金レート: 1USD=104.18円で換算しております。
Back to Top
IoT環境におけるサービスイネーブルメントサービス (SES) プラットフォームの発展 The Evolution of Service Enablement Services (SES) Platforms in an IoT Environment
出版日: 2015年01月31日 ページ情報: 英文 29 Pages
担当者のコメント
英国ロンドンに本拠を置くBeecham Research Limited (BRL) は、M2M およびIoTの世界的動向の分析に特化する技術市場の調査・分析・コンサルティングのリーディングカンパニーです。本レポートは、企業へのインタビューを主体にSESプラットフォームの将来を予想分析しております。インタビュー対象は19社にのぼり、同分野をリードずる当事者の見解が凝縮された貴重な1冊です。
概要

当レポートでは、M2M/IoTサービスイネーブルメントサービス (SES) および関連プラットフォームについて調査し、マネージド環境の拡張にフォーカスしたSESプラットフォームの発展に対する現在の主な取り組みについてまとめています。

目次

付録A:ディスカッションガイド

付録B:企業インタビューのリスト

図表リスト

  • SES1・SES2 で特定されたイネーブルメントサービス
  • 先進インテリジェンスの発展形態
  • サービスイネーブルメントサービスプラットフォームの構造上の見解
  • コネクション・収益分析
  • 先進デバイス
  • CSP・AEP収益分析
目次

This 29-page report summarizes the first phase of Beecham Research's current three-phase study of M2M/IoT Service Enablement Services (SES) and related platforms, an area Beecham Research has researched extensively in previous multi-client studies.

Beecham Research has been studying M2M Service Enablement since 2009, having conducted two major multi-client studies on Service Enablement Services (SES) and related platforms (SES1 in 2009/10 and SES2 in 2011). Since our last study, the market has developed very rapidly; the future market needs of SES platforms have evolved and continue to do so.

This report summarizes the results of the first phase of a three-phase study, a major on-going research effort on the evolution of SES platforms focusing on extending the managed environment out to the edge.

Table of Contents

APPENDIX A - DISCUSSION GUIDE

APPENDIX B - LIST OF COMPANIES INTERVIEWED

List of Figures:

  • Figure 1. Enablement Services Indentified during SES1 and SES2
  • Figure 2. Modes of Deployment of Intelligence at the Edge
  • Figure 3. Architectural View of Service Enablement Service Platforms
  • Figure 4. Connections and Revenue Analysis
  • Figure 5. Edge Devices
  • Figure 6. CSP and AEP Revenue Analysis
Back to Top