市場調査レポート

スマートパーキング:スマートシティの建設に向けて

Smart Parking: Towards Building Smarter Cities

発行 Beecham Research Ltd 商品コード 339546
出版日 ページ情報 英文 21 Pages
即納可能
価格
本日の銀行送金レート: 1USD=101.75円で換算しております。
Back to Top
スマートパーキング:スマートシティの建設に向けて Smart Parking: Towards Building Smarter Cities
出版日: 2014年03月20日 ページ情報: 英文 21 Pages
担当者のコメント
英国ロンドンに本拠を置くBeecham Research Limited (BRL) は、M2M およびIoTの世界的動向の分析に特化する技術市場の調査・分析・コンサルティングのリーディングカンパニーです。
概要

世界各地で都市化が急速に進展する中で、「スマートシティ」が誕生しつつあります。スマートシティの様々な機能には、スマートパーキングやM2M/IoT (機械間通信/モノのインターネット) などが含まれています。

当レポートでは、スマートパーキングの実現化の動きと課題について分析し、スマートシティおよびスマートパーキングの概念や、その実現に際しての技術面およびそれ以外の課題、世界各地で現在実施中の実験事例、今後の市場機会などについて調査・考察しております。

背景事情

技術的課題

  • 技術
  • 考慮すべき問題

「コネクテッドカー」の現実化

非技術的問題

  • 市場参入企業
  • 提携先の選択方法
  • 資金調達

実験的運用

  • 現在進行中の実験的運用
  • リスク

現在までの分析結果

  • 各企業にとっての新たな市場機会

「スマートシティ」に向けて

  • 成功基準

図表一覧

目次

Smart cities are beginning to arise in an increasingly urbanized world; smart parking, utilizing M2M/Internet of Things technologies, is one application featured in smart cities. Smart Parking: Towards Building Smarter Cities examines relevant issues, technical and non-technical, as well as reviewing existing trials.

This report provides a concise look at smart parking, an important M2M/Internet of Things application in the emerging world of smart cities.

Table of Contents

Background

The Issues - Technical

  • The technologies
  • Issues to consider

Making The 'Connected Car' A Reality

The Issues - Non Technical

  • The participants
  • How partners are chosen
  • The money trail

The Trials

  • Trials in progress
  • The risks

The Findings So Far

  • New opportunities for players

Towards The 'Smart City'

  • Criteria for success

FIGURES

  • Figure 1: The multiple uses for parking data collected from the sensors
  • Figure 2: The relationships between the participants in smart parking systems
  • Figure 3: Players involved in smart parking deployments
  • Figure 4: The movement of money in Smart Parking projects
  • Figure 5: Examples of smart parking trails in European Cities
  • Figure 6: Timeline for a hypothetical smart parking project
Back to Top