表紙
市場調査レポート

スマートファーミングに向けて:農業とIoTの融合

Towards Smart Farming: Agriculture Embracing the IoT Vision

発行 Beecham Research Ltd 商品コード 328662
出版日 ページ情報 英文 35 Pages
即納可能
価格
本日の銀行送金レート: 1USD=101.50円で換算しております。
Back to Top
スマートファーミングに向けて:農業とIoTの融合 Towards Smart Farming: Agriculture Embracing the IoT Vision
出版日: 2015年01月31日 ページ情報: 英文 35 Pages
担当者のコメント
英国ロンドンに本拠を置くBeecham Research Limited (BRL) は、M2M およびIoTの世界的動向の分析に特化する技術市場の調査・分析・コンサルティングのリーディングカンパニーです。IoT技術の他分野への応用が進む中、当レポートは農業との融合に特化したユニークなレポートです。
概要

当レポートでは、世界的人口の増加や気候変動の影響などによってもたらされる各種課題に対応するための農業とIoTの融合について調査し、IoTの導入によって起こる農業様式の変化、スマートファームおよびコネクテットファームの概念、ステークホルダーとバリューチェーン、政府・政策立案者の役割と主要国の状況、事業・市場・技術の推進因子と課題などについてまとめています。

背景・概要

  • 農業部門の概要
  • 農作業における変化
  • 精密農業と農業の新しい波

スマートファーミングの定義

  • スマートファーミングと他のM2Mシステムとの違い
  • スマートファーミングの各種用途
  • 精密農業を一体化させるデータ
  • コネクテッドファーム

ステークホルダーとバリューチェーン

  • 技術プロバイダー
  • 農業用機械・その他のベンダー
  • 顧客:農家・生産者
  • 影響力を持つ団体・組織
  • 流通経路

政府・政策立案者の役割

  • 欧州政府の刺激策
  • 英国
  • ドイツ
  • オランダ
  • スペイン
  • イタリア
  • フランス
  • バルト諸国
  • 欧州の現状:サマリー
  • その他の地域
    • 米国
    • オーストラリア&ニュージーランド
    • 日本
    • 韓国
    • インド

市場成長推進因子&阻害因子・市場機会

  • 事業および市場の推進因子
  • 技術の推進因子
  • 事業および市場の障壁
  • 技術的障壁
  • M2M産業にとっての市場機会
  • 将来に向けて検証すべき課題

総論

図表

目次

This 2015 Beecham Research research report examines how the agricultural sector is embracing the Internet of Things in order to face the challenges raised by an increasing worldwide population and the impact of climate change. The report explores how agricultural operations are changing through the Internet of Things and the related smart and connected farms concepts and provides a geographic analysis of the phenomenon discussing public policies, adoption drivers and barriers, and opportunities for the M2M/IoT community.

Table of Contents

Background and Overview

  • Brief 0verview on the Agricultural Sector
  • Changes in Farming Practices
  • Precision Agriculture and the New Wave of Farming

Defining Smart Farming

  • How Smart Farming Differs from Other M2M Systems
  • Smart Farming Applications
  • Data brings precision farming together
  • The Connected Farm

Stakeholders and the Value Chain

  • Technology Providers
  • Agricultural Machinery and other Vendors
  • Customers - Farmers and Growers
  • Influencers
  • Distribution channels

Role of governments and public policy makers

  • European Government Stimuli
  • United Kingdom
  • Germany
  • The Netherlands
  • Spain
  • Italy
  • France
  • The Baltics
  • Summary of European Status
  • Rest of the World
    • United States
    • Australia and New Zealand
    • Japan
    • South Korea
    • India

Drivers and Challenges and Opportunities

  • Business and market drivers
  • Technology drivers
  • Business and Market Barriers
  • Technology Barriers
  • Opportunities for the M2M Industry.
  • Issues to consider for the future

Conclusion

Figures:

  • Figure 1: Precision harvesting - Fleet Management Solution
  • Figure 2: Precision Agriculture - sequence of activities for crop management
  • Figure 3: Crop monitoring in the field
  • Figure 4: A simplified diagram of the key players in the value chain
  • Figure 5: Technologies involved in precision farming
  • Figure 6: Examples of vendor types (TABLE)
  • Figure 7: Flow of money for agriculture projects
  • Figure 8: Multidimensional factors leading to the adoption of smart farming
  • Figure 8: Global M2M Connections in Smart Farming (2012-2020)
Back to Top