特集 : 国別レポートが13,000件から検索可能になりました!

特集 : 海外市場の委託調査がセミカスタムベースでお手軽にできます

株式会社グローバルインフォメーション
表紙
市場調査レポート
商品コード
927912

コネクテッド消費者調査 2019年:欧州・米国におけるTV・動画サービス

Connected Consumer Survey 2019: TV and Video Services in Europe and the USA

出版日: | 発行: Analysys Mason | ページ情報: 英文 16 Slides | 納期: 即日から翌営業日

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=105.49円
コネクテッド消費者調査 2019年:欧州・米国におけるTV・動画サービス
出版日: 2020年03月09日
発行: Analysys Mason
ページ情報: 英文 16 Slides
納期: 即日から翌営業日
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

有料TVの解約率は、2019年に減少しました。有料TVプロバイダーの料金設定、機能セット、およびサービス集約への新たなアプローチは機能しているように見えますが、プロバイダーが成長するためにはOTTに注目する必要があります。

当レポートでは、欧州7カ国および米国の消費者合計8000人から得られた回答を元に、有料TVやOTTビデオサービスを使用する際の行動、好み、今後の計画に関連する側面に焦点を当て、分析をまとめています。

分析対象国

  • フランス
  • ドイツ
  • イタリア
  • ポーランド
  • スペイン
  • トルコ
  • 英国
  • 米国

目次

  • エグゼクティブサマリー
  • オペレーターと有料TVプロバイダーは防御と進化を続けている
  • OTTビデオはスタッキングと競争の課題に直面している
  • 有料TVプロバイダーは、機能を調整して顧客満足度を向上させることができる
  • 調査手法とパネル情報
  • 著者とAnalysys Masonについて
目次

"Pay-TV churn rates fell in 2019; pay-TV providers' renewed approaches to pricing, feature sets and service aggregation appear to be working, but providers must look to OTT in order to grow."

This report focuses on aspects of Analysys Mason's Connected Consumer Survey that relate to the behaviour, preferences and plans of consumers in their use of pay-TV and OTT video services. This is a rapidly changing part of the landscape and the interaction between pay TV and OTT is complex.

This report provides:

  • new consumer insights derived from 8000 respondents surveyed in eight different countries
  • detailed information about changing consumer use of TV and video services
  • insight into OTT video service usage and how this relates to use of pay-TV services
  • content and genre preferences for users of different types of pay-TV and OTT video services
  • analysis of consumer priorities, preferences and the factors that affect their satisfaction.

SURVEY DATA COVERAGE:

The survey was conducted in association with Dynata between July and August 2019. The survey groups were chosen to be representative of the internet-using population in Europe and the USA. We set quotas on age, gender and geographical spread to that effect. There were a minimum of 1000 respondents per country.

GEOGRAPHICAL COVERAGE:

  • France
  • Germany
  • Italy
  • Poland
  • Spain
  • Turkey
  • UK
  • USA

Table of Contents

  • Executive summary
  • Operators and pay-TV providers are defending and evolving
  • OTT video faces stacking and competition challenges
  • Pay-TV providers can make feature adjustments to improve customer satisfaction
  • Methodology and panel information
  • About the authors and Analysys Mason
株式会社グローバルインフォメーション
© Copyright 1996-2020, Global Information, Inc. All rights reserved.