表紙
市場調査レポート

銅線ネットワークの廃棄:オペレーターのコストおよびメリット

Copper Decommissioning: Costs and Benefits for Operators

発行 Analysys Mason 商品コード 317504
出版日 ページ情報 英文 PPT and PDF (28 slides)
納期: 即日から翌営業日
価格
本日の銀行送金レート: 1USD=101.32円で換算しております。
Back to Top
銅線ネットワークの廃棄:オペレーターのコストおよびメリット Copper Decommissioning: Costs and Benefits for Operators
出版日: 2014年10月28日 ページ情報: 英文 PPT and PDF (28 slides)
概要

銅線ネットワークの廃棄は、ファイバーおよびワイヤレス代替により古いインフラの置き換えを目指すオペレーターにとって、ますます大きなトピックになりつつあります。

当レポートでは、銅線ネットワークの廃棄プロセスについて取り上げ、既に開始しているオペレータの異なるアプローチを比較し、オペレーターにとってのコストおよびメリットなどを分析しています。

主な調査内容

  • 銅線インフラの抽出・販売、および銅線ネットワーク廃棄後に不要な財産の販売によるオペレーターにとっての潜在的な収益メリット
  • 関連コストの調査
  • 銅線ネットワーク廃棄戦略のケーススタディ: Bezeq、MGTS、NBN Co、TelstraおよびVerizon

調査対象企業:ケーススタディ

  • Bezeq (イスラエル)
  • MGTS (ロシア)
  • NBN Co (オーストラリア)
  • Telstra (オーストラリア)
  • Verizon (米国)
目次

Operators and contractors need to understand how the copper network decommissioning process can benefit them.

image1

Copper network decommissioning is becoming an increasingly significant topic as operators seek to replace legacy infrastructure with fibre and wireless alternatives. A number of operators are already proceeding with the process, which enables us to compare their different approaches.

This Viewpoint provides:

  • numerical analysis of the potential revenue benefits for operators from extracting and selling copper infrastructure and selling property that is no longer required after copper decommissioning
  • an examination of the costs involved
  • case studies of the copper decommissioning strategies of Bezeq, MGTS, NBN Co, Telstra and Verizon.

Company coverage

The following companies are featured in case studies in this Viewpoint.

  • Bezeq (Israel)
  • MGTS (Moscow, Russia)
  • NBN Co (Australia)
  • Telstra (Australia)
  • Verizon (USA)
Back to Top