表紙
市場調査レポート

消費者のスマートフォン利用:デジタル経済アプリケーション・サービス利用

Consumer Smartphone Usage 2014: Digital Economy Application and Service Usage

発行 Analysys Mason 商品コード 311220
出版日 ページ情報 英文 PPT and PDF (30 slides); Excel
納期: 即日から翌営業日
価格
本日の銀行送金レート: 1USD=102.12円で換算しております。
Back to Top
消費者のスマートフォン利用:デジタル経済アプリケーション・サービス利用 Consumer Smartphone Usage 2014: Digital Economy Application and Service Usage
出版日: 2014年08月27日 ページ情報: 英文 PPT and PDF (30 slides); Excel
概要

デジタル経済はこの数年間で大きく成長しています。これはモバイルコマースおよびモバイル金融サービスのカテゴリーにおけるアプリケーションの導入が増加したことによるものです。例えば、2011年のモバイルバンキングアプリケーション利用は8%でしたが、2013年には44%へ増加しました。

当レポートでは、フランス、ドイツ、英国および米国における消費者のスマートフォン利用動向調査に基づいて、モバイルコマース、モバイル金融サービスおよびモバイルヘルスのカテゴリーに重点を置き、アプリケーションの各カテゴリーにおける主なアプリケーションの利用・導入動向を分析しています。

主な調査項目

  • デジタル経済サービスの登場に関して、消費者とスマートフォンの関係はどのように進化しているか?
  • 主要なデジタル経済アプリケーションは?またその理由は?
  • AppleやGoogleといった世界的企業は、デジタル経済サービスの導入にどのようは影響を与えているか?
  • 各国におけるデジタル経済の取り組みにおいて、どのような人口統計的な要因が大きな違いの原因となっているか?

調査対象国

  • フランス
  • ドイツ
  • 英国
  • 米国

調査対象企業

  • Amazon
  • Apple
  • Google
  • Groupon
  • Leboncoin
  • PagesJaunes
  • PayPal
  • Runtastic
  • Samsung
  • Sparkassen
  • vente-privee.com
目次

The level of adoption of an app depends on the core competency of the underlying company, but a good-quality app will help retain and capture customers.

image1

The digital economy has enjoyed significant growth in the past few years - many local (country-specific) businesses have developed and marketed apps. This has resulted in a boost in the adoption of apps in the mobile commerce and mobile financial services categories. For example, 8% of our panel used mobile banking apps during our 2011 study, but this had increased to to 44% in of our panel in 2013.


This Viewpoint analyses the smartphone usage of consumers in France, Germany, the UK and the USA between mid-August and the end of October 2013. The analysis is based on data provided by Nielsen, using an app developed by Arbitron Mobile. The main objective is to identify and understand key app usage and adoption trends across different categories of app and focuses on the mobile commerce, mobile financial services and mobile health categories.

The Viewpoint answers the following key questions and provides recommendations for operators and vendors.

  • How is the relationship between consumers and smartphones evolving with respect to the emergence of digital economy services?
  • What are the top digital economy apps and why?
  • What influence do worldwide players, such as Apple and Google, have on the adoption of digital economy services?
  • What demographic factors account for the significant difference in digital economy take-up in different countries?
    • The event-level data allows us to produce in-depth analysis of information including:
    • foreground app usage ('face time')
    • data traffic (cellular and Wi-Fi)
    • location (home, away and travelling)
    • voice and SMS usage.

Geographical coverage

Data is provided for the following individual countries.

  • France
  • Germany
  • UK
  • USA

Company coverage

The following companies are mentioned in this Viewpoint.

  • Amazon
  • Apple
  • Google
  • Groupon
  • Leboncoin
  • PagesJaunes
  • PayPal
  • Runtastic
  • Samsung
  • Sparkassen
  • vente-privée.com
Back to Top