表紙
市場調査レポート

世界の固定ネットワークデータトラフィック:予測・分析 2015-2020年

Fixed Network Data Traffic Worldwide: Forecasts and Analysis 2015-2020

発行 Analysys Mason 商品コード 297616
出版日 ページ情報 英文 38 Slides
納期: 即日から翌営業日
価格
本日の銀行送金レート: 1USD=106.71円で換算しております。
Back to Top
世界の固定ネットワークデータトラフィック:予測・分析 2015-2020年 Fixed Network Data Traffic Worldwide: Forecasts and Analysis 2015-2020
出版日: 2015年05月07日 ページ情報: 英文 38 Slides
概要

2020年までにPCが占める固定データトラフィックは20%以下となり、モバイルデバイスオフロードおよびコネクテッドTVが残りの割合を占めると予測されています。

当レポートでは、ブロードバンドネットワークが増大するトラフィックへどのように応えるかについて調査しており、固定データトラフィックの促進因子・阻害因子とトラフィック量の予測、世界におけるトラフィックの種類とソース、およびトラフィックのサポートに必要とされる帯域幅などについて分析しています。

調査対象地域

  • 中東欧 (CEE)
  • 先進アジア太平洋 (DVAP)
  • 新興アジア太平洋 (EMAP)
  • ラテンアメリカ (LATAM)
  • 中東・北米 (MENA)
  • 北米 (NA)
  • サハラ以南アフリカ (SSA)
  • 西欧 (WE)

調査対象国 (18ヶ国)

  • オーストラリア
  • ブラジル
  • 中国
  • フランス
  • ドイツ
  • 香港
  • インド
  • イタリア
  • 日本
  • マレーシア
  • ポーランド
  • ルーマニア
  • ロシア
  • 韓国
  • スペイン
  • トルコ
  • 英国
  • 米国

調査データ

  • 固定ブロードバンド接続
  • 年間総データ (インターネット・マネージドIP・マルチキャストIPTV)
  • 次世代アクセス (NGA) 接続
  • 1接続あたりの平均インターネットスループット
  • 端末・タブレットからの Wi-Fiデータ (全体およびモバイル接続端末・タブレット)
  • 年間総データ

エグゼクティブサマリー

主な提言

予測

市場成長促進因子・阻害因子

著者・ANALYSYS MASON について

このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細はお問い合わせください。

目次

PCs will account for less than 20% of fixed data traffic by 2020, and mobile device offload and connected TVs will account for an even split of the remaining percentage.

image1

Connected TVs - and the steady migration of linear and broadcast video to unicast and online - are beginning to drive strong growth in traffic on fixed broadband networks, and we expect half of all broadband connections worldwide to generate 100GB per month of Internet traffic alone by 2020. This report examines how broadband networks will evolve to cater for this traffic. It analyses the drivers and inhibitors of fixed-line data traffic, and forecasts the volume, type and source of that traffic worldwide, as well as the bandwidths required to support it.


The report answers the following key questions.

  • How much traffic will there be on fixed networks?
  • How will that traffic be split in terms of Internet, managed IP and multicast IPTV?
  • How will that traffic be split in terms of end-user devices: TVs, PCs and mobile devices?
  • Will next-generation access (NGA) deliver more traffic, or does the increase in traffic drive NGA?
  • How will median usage differ from the mean?
  • How will upstream traffic evolve?
  • How will busy-hour bandwidth evolve?
  • How will 4K affect data traffic and bandwidths?

Geographical coverage

The report provides forecasts for the following eight geographical regions.

  • Central and Eastern Europe (CEE)
  • Developed Asia-Pacific (DVAP)
  • Emerging Asia-Pacific (EMAP)
  • Latin America (LATAM)
  • Middle East and North Africa (MENA)
  • North America (NA)
  • Sub-Saharan Africa (SSA)
  • Western Europe (WE)

The report provides forecasts for the Nordic region and the following 18 countries.

  • Australia
  • Brazil
  • China
  • France
  • Germany
  • Hong Kong
  • India
  • Italy
  • Japan
  • Malaysia
  • Poland
  • Romania
  • Russia
  • South Korea
  • Spain
  • Turkey
  • UK
  • USA

Data coverage

This report provides forecasts for the following KPIs.

  • Fixed broadband connections
  • Total annual data (Internet, managed IP and multicast IPTV)
  • Next-generation access (NGA) connections
  • Average Internet throughput per connection (continuous and busy-hour)
  • Wi-Fi data from handsets and tablets (total and mobile-connected handsets and tablets)
  • Total annual data

Table of Contents

  • EXECUTIVE SUMMARY
  • RECOMMENDATIONS
  • FORECASTS
  • DRIVERS AND INHIBITORS
  • ABOUT THE AUTHOR AND ANALYSYS MASON
Back to Top