市場調査レポート

ケーブルオペレーター向けDOCSIS3.0チャネルボンディング:現在・将来の動向の評価

DOCSIS3.0 Channel Bonding for Cable Operators: An Assessment of Current and Future Trends

発行 Analysys Mason 商品コード 296686
出版日 ページ情報 英文 PPT and PDF (17 slides)
納期: 即日から翌営業日
価格
本日の銀行送金レート: 1USD=101.50円で換算しております。
Back to Top
ケーブルオペレーター向けDOCSIS3.0チャネルボンディング:現在・将来の動向の評価 DOCSIS3.0 Channel Bonding for Cable Operators: An Assessment of Current and Future Trends
出版日: 2014年02月24日 ページ情報: 英文 PPT and PDF (17 slides)
概要

ほとんどのケーブルオペレーターは既にDOCSIS3.0チャネルボンディングを実装していますが、これらのオペレーターにはボンデッドチャネルの最大数を増加する可能性をがあります。ケーブルオペレータは、その最大のダウンロード・アップロード速度を押し上げるために、DOCSIS3.0のボンデッドチャネル数を増加できます。オペレーターに取って8つのダウンストリームチャネルを結合するのはよくあることですが、アップストリームチャネルのボンディングは比較的限られています。

当レポートでは、ダウンストリーム・アップストリームチャネルボンディングを実施しているオペレーターの概要を提供しており、多数のチャネルを結合するオペレーターに関して予測される将来動向の評価をまとめ、概略以下の構成でお届けします。

主な調査内容

  • ネットワークが増大した最大速度・容量におけるDOCSIS3.0チャネルボンディングのメリットの評価
  • 増加するチャネル数のボンディングをサポートできるケーブルモデムおよびケーブルモデムシステム(CMTS)装置の範囲とアベイラビリティ
  • ボンディンググループのサイズを増加するために使用されるデータのチャネル数を増加できるのはどのオペレーターか、についてのコメント
目次

Most cable operators have already implemented DOCSIS3.0 channel bonding, but the potential exists for these operators to increase the maximum number of bonded channels.

image1

Cable operators can increase the number of bonded DOCSIS3.0 channels in order to boost their maximum download and upload speeds. It is commonplace for operators to bond eight downstream channels, although upstream channel bonding is relatively limited. This Viewpoint provides an overview of the extent to which operators have implemented downstream and upstream channel bonding. It also assesses expected future trends with regards to operators bonding greater numbers of channels.


This Viewpoint provides:

  • an assessment of the benefits of DOCSIS3.0 channel bonding in terms of the network's increased maximum speeds and capacity
  • coverage of the availability of cable modems and cable modem termination system (CMTS) equipment that can support bonding of increasing numbers of channels
  • commentary on the extent to which operators can increase the number of channels used for data in order to increase the size of the bonding group.
Back to Top