表紙
市場調査レポート

ホールセールブロードバンドアクセス料金の最適化:Bitstream および Vulaの総コストのベンチマーク

Optimising Wholesale Broadband Access Tariffs: Benchmarks of the Total Cost of Bitstream and Vula

発行 Analysys Mason 商品コード 292248
出版日 ページ情報 英文 PPT and PDF (22 slides)
納期: 即日から翌営業日
価格
本日の銀行送金レート: 1USD=105.42円で換算しております。
Back to Top
ホールセールブロードバンドアクセス料金の最適化:Bitstream および Vulaの総コストのベンチマーク Optimising Wholesale Broadband Access Tariffs: Benchmarks of the Total Cost of Bitstream and Vula
出版日: 2013年12月16日 ページ情報: 英文 PPT and PDF (22 slides)
概要

料金水準・構造の改革無くしては、いくつかのホールセールサービスは消えてしまうでしょう。次世代アクセス(NGA)は、ある程度の歴史的動向の反転を余儀なくすると思われ、それによって、非現行の通信プロバイダーはマネージドホールセール製品から物理的アクセスに移行すると見られます。同時に、オーバーザトップ(OTT)セットトップボックスとタブレットの利用に促進され、ブロードバンドデータ消費に大きな変化が起こっています。現行のオペレーターホールセールサービスは時代の流れに取り残されていくと予測されます。

当レポートでは、ホールセールブロードバンドアクセス料金の最適化について調査し、総コストのベンチマークなどを交え、概略以下の構成でお届けいたします。

主な調査内容

  • バックホールおよびアグリゲーション料金を含む、欧州の現行ホールセールFTTCサービスのエンドユーザーあたりの総コストの詳細なベンチマーク
  • エンドユーザーの行動を変化させるにはこれらをどのように最適化するか、どのオペレーターがそれらを改善できるか

調査対象企業

  • A1 Telekom Austria
  • Belgacom
  • BT Group (オープンリーチ・ホールセール)
  • KPN
  • OTE
  • TDC
  • Telecom Italia
  • Telekom Deutschland

著者について

目次

Without reform of the level and structure of tariffs, some wholesale services will be doomed to irrelevance.

Next-generation access (NGA) appears to necessitate some degree of reversal of the historical trend whereby non-incumbent communication providers (CPs) move from managed wholesale products to physical access At the same time, a profound shift, driven by over-the-top (OTT) set-top boxes and tablet usage, is taking place in broadband data consumption. Incumbent operator wholesale services may not be moving with the times.


This Viewpoint provides:

  • detailed benchmarks of the total cost per end user of European incumbent wholesale FTTC services, including backhaul and aggregation charges
  • an assessment of how optimised these are for changes in end-user behaviour, and what operators could do to improve them.

COMPANY COVERAGE

This Viewpoint compares the wholesale services of the following eight European operators.

  • A1 Telekom Austria
  • Belgacom
  • BT Group (Openreach and Wholesale)
  • KPN
  • OTE
  • TDC
  • Telecom Italia
  • Telekom Deutschland

About the author

Rupert Wood (Principal Analyst) is the lead analyst for Analysys Mason's Fixed Networks research programme. His primary areas of specialisation include next-generation networks, long-term industry strategy and forecasting the dynamics of convergence and substitution across fixed and mobile platforms. Rupert regularly contributes to the international press on a wide range of telecoms subjects and has been quoted by The Times, The Economist, Business Week, La Tribune and Kommersant. Rupert has a PhD from the University of Cambridge, where he was a Lecturer before joining Analysys Mason.

Back to Top