市場調査レポート

ケーススタディ:Portugal Telecomによる有料TVサービスの再編とMEOによる中核事業の保護

Case Study: Portugal Telecom Rebuilds its Pay-TV Service and Defends its Core Business with MEO

発行 Analysys Mason 商品コード 262400
出版日 ページ情報 英文 6 Pages
納期: 即日から翌営業日
価格
本日の銀行送金レート: 1USD=102.12円で換算しております。
Back to Top
ケーススタディ:Portugal Telecomによる有料TVサービスの再編とMEOによる中核事業の保護 Case Study: Portugal Telecom Rebuilds its Pay-TV Service and Defends its Core Business with MEO
出版日: 2013年02月15日 ページ情報: 英文 6 Pages
概要

Portugal Telecom (PT)は2007年11月にPT Multimedia部門をスピンオフしたことから、旧子会社との競合のため、有料TV事業を再編する必要がありました。そのため2008年4月に新しい有料TVサービスであるMEOの提供を開始し、2012年9月には固定回線加入者の46%を占める100万人超の契約者の獲得に成功しました。同社は固定音声およびブロードバンド事業も保護しながら、ポルトガル国内最大のトリプルプレイサービスプロバイダーとなっています。

当レポートでは、ポルトガルの通信事業者Portugal Telecomによる有料TVサービスに関する取り組みについて調査分析し、Portugal Telecomの戦略、影響因子、ポルトガルの通信業界における競合動向などをまとめ、概略下記の構成でお届けいたします。

調査ポイント

  • PTのMEO TVサービスディレクターへのインタビューに基づいたケーススタディ
  • PTによる統合バンドリング戦略の成功と重要影響因子に関する評価
  • ポルトガルの通信業界における競合力学の発展動向:主要企業・PT・ZONのKPIなど
目次

Abstract

Free from the constraints of a legacy platform, PT differentiated itself from its former subsidiary, ZON Multimédia, by being the first to bring advanced features to market and transforming the TV experience.

image1

Portugal Telecom (PT) spun off its PT Multimédia business unit in November 2007, and had to rebuild its pay-TV business in order to compete against its former subsidiary. PT launched MEO, its new pay-TV service, in April 2008 and had more than one million pay-TV subscribers by September 2012, accounting for 46% of its fixed-line subscribers. PT defended its fixed voice and broadband business while becoming the largest provider of triple-play services in Portugal.


This Viewpoint provides:

  • a case study based on an interview with PT's MEO TV Service Director
  • an assessment of the success of PT's converged bundling strategy and the key factors behind it
  • an overview of the evolution of the competitive dynamics of the telecoms market in Portugal including KPIs for key players, PT and ZON.
Back to Top