市場調査レポート

ベクタードVDSL2:オペレーターにとっての実際的な導入の課題

Vectored VDSL2: Practical Implementation Challenges for Operators

発行 Analysys Mason 商品コード 252826
出版日 ページ情報 英文 15 Pages
納期: 即日から翌営業日
価格
本日の銀行送金レート: 1USD=102.85円で換算しております。
Back to Top
ベクタードVDSL2:オペレーターにとっての実際的な導入の課題 Vectored VDSL2: Practical Implementation Challenges for Operators
出版日: 2012年10月11日 ページ情報: 英文 15 Pages
概要

ベクタリングは、特に厳しい競争圧力に晒された市場において重要な役割を果たしています。しかし、オペレーターはこれを最終目標ではなく、通過点として捉えなければなりません。複数の固定回線オペレーターが、ベクタリング技術を銅線ブロードバンドの性能改善のために用いると述べています。

当レポートでは、VDSLのベクタリングという興味深い技術の実際的・経済的・規制面・戦略的な課題について分析し、その結果を概略以下の構成でお届けします。

目次

  • ベクタリングの経済性
  • ベクタリングがもたらす規制面での課題
  • 既存のエンドツーエンド・システムとの後方互換性
  • ベクタリングは次世代アクセス(NGA)ロードマップにどうやって、そしてどこに適合するのか
目次

Abstract

Vectoring has an important role to play, particularly in markets with severe competitive pressures, but operators have to see it as a stepping stone, not as the destination.

Several fixed operators have indicated that they will use vectoring technology to boost the performance of copper broadband. This Viewpoint assesses the practical, economic, regulatory and strategic challenges of this interesting technology.

This Viewpoint provides analysis of:

  • the economics of vectoring
  • the regulatory challenges that vectoring poses
  • the reverse compatibility of vectoring with existing end-to-end systems
  • how and where vectoring fits into a next-generation access (NGA) roadmap.
Back to Top