市場調査レポート

消費者端末向けLTE料金戦略:NTTドコモおよびVerizon Wirelessのケーススタディ

LTE Pricing Strategies for Consumer Handsets: Case Studies of NTT DOCOMO and Verizon Wireless

発行 Analysys Mason 商品コード 247091
出版日 ページ情報 英文 10 Pages
納期: 即日から翌営業日
価格
本日の銀行送金レート: 1USD=101.55円で換算しております。
Back to Top
消費者端末向けLTE料金戦略:NTTドコモおよびVerizon Wirelessのケーススタディ LTE Pricing Strategies for Consumer Handsets: Case Studies of NTT DOCOMO and Verizon Wireless
出版日: 2012年07月11日 ページ情報: 英文 10 Pages
概要

欧州でのLTEエントリー料金は、世界の他の地域と比較して平均で2倍ほど高く設定されています。アジアや米国のLTEオペレーターは、LTEと3Gサービスの料金を上手く調節し、LTEの導入を推進するため、すべての階層において3G・4G技術を組み合わせた段階的な料金モデルを導入しています。NTTドコモの発表した売上データを見ると、3Gレベルの料金設定とLTE対応デバイスが最強のLTE導入推進因子であることを示しています。

当レポートでは、消費者端末に向けたLTEの料金戦略について調査分析し、西欧地域のデバイスタイプ別4G予測、LTE端末パッケージの地域別の比較分析、欧州のLTE料金戦略の評価、NTTドコモおよびVerizon Wirelessのケーススタディとベストプラクティスなどについてまとめ、概略下記の構成でお届けいたします。

提供内容

  • 西欧の4G予測:デバイスタイプ別
  • アジア太平洋・欧州の先進国および米国におけるLTE端末パッケージの比較分析
  • 欧州のLTE料金戦略の評価
  • 日本・米国におけるLTE料金のベストプラクティス
    • ケーススタディ:NTTドコモ
    • ケーススタディ:Verizon Wireless
目次

Customers attach more value to smartphones and some over-the-top services such as Netflix and Spotify than they do to network speed and latency.

LTE entry prices are on average twice as high in Europe as in other regions of the world. In Asia and the USA, LTE operators have better aligned LTE prices with those for 3G services and are using tiered pricing models that combine 3G and 4G technology across all tiers in order to promote LTE take-up. Sales figures published by NTT DOCOMO suggest that 3G-level pricing and LTE-compatible devices are the strongest drivers of LTE adoption.

This Viewpoint provides:

  • 4G forecasts for Western Europe by device type
  • a comparative analysis of LTE handset packages in developed Asia - Pacific, Europe and the USA
  • an assessment of LTE pricing strategies in Europe
  • an overview of best-practice LTE pricing from Japan and the USA, including case studies of NTT DOCOMO and Verizon Wireless.
Back to Top