株式会社グローバルインフォメーション
TEL: 044-952-0102
市場調査レポート

クラウドサービスへのビリング:オペレーターの収益管理システムへの影響

Billing for Cloud Services: The Impact on Revenue Management Systems for Operators

発行 Analysys Mason 商品コード 246540
出版日 ページ情報 英文 13 Pages
納期: 即日から翌営業日
価格
本日の銀行送金レート: 1USD=115.18円で換算しております。
Back to Top
クラウドサービスへのビリング:オペレーターの収益管理システムへの影響 Billing for Cloud Services: The Impact on Revenue Management Systems for Operators
出版日: 2012年06月28日 ページ情報: 英文 13 Pages
概要

通信サービスプロバイダー(CSP)はクラウドサービスの構築にこれまであまり積極的に取り組んでおらず、同種の料金モデルをホスティングサービスに導入してきました。クラウドサービスは多くの面でこれらのサービスに類似していますが、現在のビリングシステムを崩すほどの差異はあるでしょうか? また、Amazonなど大手のグローバルベンダーとの競合において、CSPを支援するものでしょうか?

当レポートでは、クラウドサービスへのビリングの現状について調査分析し、CSPによるクラウドサービスへのビリングアプローチ、ビリングシステムに影響する差異化因子、課金対象の新たなパラメーター、クラウドビリングベンダーおよびCSPへの提言などをまとめ、概略下記の構成でお届けいたします。

提供内容

  • クラウドサービスへのビリングに対するCSPのアプローチの例
  • ビリングシステムに影響をおよぼす可能性のある差異化因子の検証
  • CSPのビリング対象となる可能性のある新たなパラメーターの分析
  • クラウドビリングベンダーおよびCSPへの短期的・長期的提言
目次

Abstract

The billing of these new services is a critical component in being able to compete against strong global competitors.

image1

Communications service providers (CSPs) have been slow to build out their cloud service offerings and have adopted similar pricing models to those established for hosting services. Cloud services are similar in many ways to these services, but are they different enough to break current billing systems and do they help CSPs to compete against established global vendors, such as Amazon?

This Viewpoint provides:

  • examples of CSPs' approaches to billing for cloud services
  • an examination of the differences that may impact billing systems
  • an analysis of the new parameters that CSPs may be able to bill against
  • short- and long-term recommendations for cloud billing vendors and CSPs.
Back to Top