市場調査レポート

エンタープライズリソースプラニング(ERP)市場(2010年):米国のミッドエンタープライズ市場におけるベンダー戦略と機会

2010 Enterprise Resource Planning (ERP): Vendor Strategies and Opportunities in the US Mid-Enterprise Market

発行 Access Markets International (AMI) Partners, Inc. 商品コード 220567
出版日 ページ情報 英文 36 Pages
納期: 即日から翌営業日
価格
本日の銀行送金レート: 1USD=101.75円で換算しております。
Back to Top
エンタープライズリソースプラニング(ERP)市場(2010年):米国のミッドエンタープライズ市場におけるベンダー戦略と機会 2010 Enterprise Resource Planning (ERP): Vendor Strategies and Opportunities in the US Mid-Enterprise Market
出版日: 2011年09月12日 ページ情報: 英文 36 Pages
概要

当レポートでは、米国の中規模企業におけるERP市場について調査分析し、市場の動向、成長戦略、市場機会など、ベンダー向けの成功要因を検証して、概略以下の構成でお届けいたします。

サマリー

市場分析

  • エンタープライズリソースプラニング(ERP)の定義
  • 導入の主要促進要因
  • ERPは近年、会計の主要部以外に、事実上すべてのビジネス機能に関与するほど進化している
  • 市場は上位2社に集中している
  • 上位2社と純粋なクラウド企業は、目覚しい利益を達成している
  • 業界の成長戦略は3つの主要テーマを強調:ベースのビジネスを拡張、実行を最適化、新規ビジネスモデルの立ち上げ
  • ポートフォリオの詳細な構築と、市場の範囲拡大が、上位ベンダーの優先順位である
  • 代替製品の戦略は、市場価値のトレードオフを明確にし、ベンダーの可能性を上昇させる
  • 導入の傾向が示唆するのは、ERPは米国の中間市場では成熟した技術カテゴリーであるということ
  • すべてのエンタープライズ層での様々な業務上の必要性に対処するために、企業はERPに投資する
  • ERPの展開で市場をリードするのは、在庫(インベントリ)集約型の業務
  • その業界に合ったERPアドオンを選択して、潜在性を高める
  • あまり普及していないERPアドオンで、潜在性を高める
  • 従来のERP事業とネットでの新規バイヤーが、米国の中間市場の企業、約5万社に対応可能な市場を提供する
  • 小規模企業を構成に追加すると、追加の160万社によって、市場機会が拡大する

付録

目次

Abstract

Description

Major changes are in the marketplace. Concepts like cloud-based ERP provide newer options for end-users in this space. This report identifies factors for a vendor wishing to succeed within the U.S. ERP market.

Table of Contents

  • Contents: Summary of Findings
  • Summary Findings
  • Contents: Market Analysis
  • Enterprise Resource Planning (ERP) Definitions
  • Key Adoption Drivers
  • ERP has evolved in recent years beyond core accounting to touch virtually all business functions.
  • The market is highly concentrated between the top two players.
  • Top 2 players and pure cloud-plays are posting impressive revenue gains.
  • Industry growth strategies emphasize three key themes - extend the base business, optimize execution, and launch new business models.
  • Building depth in the portfolio and extending market reach are top vendor priorities.
  • Alternative product strategies have clear trade-offs in value to the market and upside potential for vendors.
  • Adoption trends suggest that ERP is a maturing technology category within the U.S. mid-market.
  • Firms invest in ERP to address a variety of business necessities at all enterprise tiers.
  • Inventory-intensive businesses lead the market in ERP deployments.
  • Further up-sell potential for ERP add-ons exist in select industries in which the fit is high.
  • Further up-sell potential for ERP add-ons penetration relatively low.
  • Legacy ERP businesses and net-new buyers provide an addressable market of almost 50,000 U.S. mid-market firms.
  • Adding small businesses to the mix expands the market opportunity by an additional 1.6 million enterprises.
  • Contents: Appendix
  • SAP
  • ORACLE
  • INFOR
  • MICROSOFT DYNAMICS
  • NETSUITE
  • SAGE
  • QAD
  • Acquisition Descriptions and Features - BI & Analytics
  • Acquisition Descriptions and Features - CRM
  • Acquisition Descriptions and Features - EAM/ECM
  • Acquisition Descriptions and Features - EPM
  • Acquisition Descriptions and Features - ERP
  • Acquisition Descriptions and Features - PLM
  • App. Mgmt & Integration
Back to Top