お知らせ :東京証券取引所JASDAQスタンダード市場への新規上場に関するお知らせ
株式会社グローバルインフォメーション
表紙:革新的なスマートホームデータ交換
市場調査レポート
商品コード
996101

革新的なスマートホームデータ交換

Transformational Smart Home Data Exchange

出版日: | 発行: ABI Research | ページ情報: 英文 | 納期: 即日から翌営業日

価格
詳細については [見積・お問合せ] ボタンよりお問い合わせ下さい。

お知らせ: こちらの商品は発行元の方針により価格が非公開になっております。
尚、レポートのご提供形態は、PDFタイプ、パワーポイントタイプ、Excelタイプがございます。
レポートによって提供形態が異なりますので、ご検討いただく際は、お手数をお掛けいたしますが、お問い合わせください。

革新的なスマートホームデータ交換
出版日: 2021年03月16日
発行: ABI Research
ページ情報: 英文
納期: 即日から翌営業日
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

当レポートでは、スマートホーム市場について取り上げ、スマートホームエコシステムの詳細な分析および市場規模の拡大・開発・導入の障壁、スマートホームデータ向けの主要な業界アプリケーションの特定、スマートホームデータの収益に関する4つの2次市場に関する予測などを提供しています。

目次

第1章 スマートホームおよびデータ交換

  • エグゼクティブサマリー

第2章 革新的なスマートホームデータシェアリング

  • スマートホームデータストリーム
  • スマートホームスケール
  • スマートホーム市場のデータ情勢
  • スマートホームAPIベースのデータシェアリング
  • 機能の枠を超えたスマートホームデータアクセス
  • 二次スマートホームデータの機会
  • スマートホームデータ交換への財務的インセンティブ
  • 阻害要因と障壁

第3章 スマートホームデータ交換へのロードマップ

  • スマートホームの集団的知性
  • データ交換の例
  • 初期のスマートホームデータの標準化:CHIP
  • スマートホームデータ交換の機会
  • スマートホームデータの価値
  • プライバシーと規制
  • データ情勢の変更
  • スマートホーム専門企業の可能性
  • スマートホームプラットフォームとOEMパートナーシップの可能性
  • CIT企業の可能性

第4章 予測

  • スマートホームの収益
目次
Product Code: AN-5382

Actionable Benefits:

  • Delivers actionable insights related to the direction and strategies across the smart home market related to data value.
  • Enables smart home device and service provider strategists to be cognizant of the key demands of more open smart home data exchange.
  • Enables smart home platform players to investigate initial markets for smart home data opportunities.
  • Delivers smart home strategists' new partner and market ecosystems to support internal and external efforts to streamline and improve data collection and management.

Critical Questions Answered:

  • How can OEMs and Smart home platform providers enable a new revenue stream based on smart home data?
  • Where is the smart home industry in relation to leveraging smart home data?
  • Which players are best situated to leverage smart home data in the near future and what can other players do to prepare and develop their own capabilities?

Research Highlights:

  • Detailed analysis of the smart home ecosystem and the hurdles to greater value, development, and adoption.
  • Leading industry applications for smart home data identified.
  • Forecasts across four secondary markets for smart home data revenues.

Who Should Read This?

  • Smart home device and platform vendor strategic analysts.
  • Standardization bodies and industry groups relating to smart home and data privacy.
  • Consumer facing industries looking to understand and develop a role for smart home connectivity in their strategic direction.

Companies Mentioned:

  • Alarm.com
  • Amazon
  • Apple
  • ecobee
  • EnergyHub
  • Facebook
  • Google
  • Honeywell
  • Microsoft
  • Nest
  • Samsung
  • Sendal
  • Uplight

TABLE OF CONTENTS

1. SMART HOME AND DATA EXCHANGE

  • 1.1. Executive Summary

2. TRANSFORMATIONAL SMART HOME DATA SHARING

  • 2.1. Smart Home Data Streams
  • 2.2. Smart Home Scale
  • 2.3. Smart Home Market Data Landscape
  • 2.4. Smart Home API-based Data Sharing
  • 2.5. Cross-Functional Smart Home Data Access
  • 2.6. Secondary Smart Home Data Opportunities
  • 2.7. Financial Incentives To Smart Home Data Exchange
  • 2.8. Disincentives and Barriers

3. THE ROADMAP TO SMART HOME DATA EXCHANGE

  • 3.1. Smart Home Collective Intelligence
  • 3.2. Data Exchange Examples
  • 3.3. Nascent Smart Home Data Standardization: CHIP
  • 3.4. Smart Home Data Exchange Opportunity
  • 3.5. Smart Home Data Value
  • 3.6. Privacy and Regulation
  • 3.7. Changing Data Landscape
  • 3.8. Dedicated Smart Home Player Potential
  • 3.9. Smart Home PLatform And OEM Partnership Potential
  • 3.10. CIT Player Potential

4. FORECASTS

  • 4.1. Smart Home Revenue
株式会社グローバルインフォメーション
© Copyright 1996-2021, Global Information, Inc. All rights reserved.