特集 : 国別レポートが13,000件から検索可能になりました!

特集 : 海外市場の委託調査がセミカスタムベースでお手軽にできます

株式会社グローバルインフォメーション
表紙
市場調査レポート
商品コード
969755

スマートシティ・インテリジェント交通向けエッジクラウドアプリケーション

Edge Cloud Applications in Smart Cities and Intelligent Transportation

出版日: | 発行: ABI Research | ページ情報: 英文 | 納期: 即日から翌営業日

価格
詳細については [見積・お問合せ] ボタンよりお問い合わせ下さい。

お知らせ: こちらの商品は発行元の方針により価格が非公開になっております。
尚、レポートのご提供形態は、PDFタイプ、パワーポイントタイプ、Excelタイプがございます。
レポートによって提供形態が異なりますので、ご検討いただく際は、お手数をお掛けいたしますが、お問い合わせください。

スマートシティ・インテリジェント交通向けエッジクラウドアプリケーション
出版日: 2020年11月10日
発行: ABI Research
ページ情報: 英文
納期: 即日から翌営業日
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

当レポートでは、スマートシティ・インテリジェント交通向けエッジクラウドアプリケーションについて調査分析し、市場機会と主要ユースケース、パートナーシップ、将来の戦略などについて、体系的な情報を提供しています。

掲載企業

  • AAEON
  • Advantech
  • Amazon
  • Ambarella
  • Equinix
  • HERE
  • IBM
  • INTEL
  • Microsoft
  • NEXCOM
  • NVIDIA
  • QUALCOMM
  • Savari

目次

第1章 エグゼクティブサマリー

第2章 エッジアナリティクス:定義と技術

  • エッジアナリティクス市場動向と定義
  • エッジ技術
  • エッジ力学:オフロード vs. 補完 vs. 協調アナリティクス

第3章 スマートシティ・IT向けエッジアナリティクス:動向と利点

  • 進化する市場情勢:センサー・AIを使用して、デバイスエッジでインテリジェンスをキャプチャー
  • ローレイテンシー接続 vs. デバイスエッジコンピューティング
  • 利点:デバイスエッジ vs. エッジクラウド/ネットワークエッジ

第4章 スマートシティ・IT向けエッジアナリティクスのユースケース

  • インテリジェント交通のユースケース
  • スマートシティのユースケース

第5章 エッジアナリティクスエコシステム

  • V2Xベンダー
  • コンテンツ・データ企業
  • 半導体ベンダー
  • ODMS/OEMS
  • Telco企業
  • クラウドプロバイダー

第6章 エッジアナリティクス収益化の力学

  • デバイスエッジ
  • エッジクラウド

第7章 エッジの予測

  • 路側デバイスエッジ
  • エッジクラウド/ネットワークエッジ
目次
Product Code: AN-5354

Actionable Benefits:

  • Use the assessment of the market opportunity and key use cases for Edge Cloud services as input product planning.
  • Identify synergetic partnerships based on the detailed description of the edge ecosystem and value chain.
  • Future-proof your strategy in terms of next-generation edge analytics technologies.
  • Improve operational efficiencies and customer service levels through the adoption of key edge analytics based solutions.

Critical Questions Answered:

  • Which new ITS and Smart Cities use cases can be enabled by Edge Cloud services?
  • Will Cloud Edge services replace or complement Roadside Edge Services?
  • What is the role of 5G, V2X, sensors, processors, and cloud-native APIs as key Edge technologies?

Research Highlights:

  • Detailed use cases analysis of Edge Analytics services.
  • Edge Analytics vendor ecosystem analysis.
  • Forecasts per application category for Roadside Edge and Edge Cloud services.
  • Market drivers / barriers and strategic recommendations.

Who Should Read This?

  • ITS hardware and software suppliers.
  • City governments.
  • Telco players.
  • Cloud vendors.
  • Silicon vendors.

Companies Mentioned:

  • AAEON
  • Advantech
  • Amazon
  • Ambarella
  • Equinix
  • HERE
  • IBM
  • INTEL
  • Microsoft
  • NEXCOM
  • NVIDIA
  • QUALCOMM
  • Savari

TABLE OF CONTENTS

1. EXECUTIVE SUMMARY

  • 1.1. Edge Analytics Trends and Opportunities
  • 1.2. Drivers and Enabling Technologies
  • 1.3. Barriers
  • 1.4. Edge Cloud Use Cases
  • 1.5. Recommendations

2. EDGE ANALYTICS: DEFINITIONS AND TECHNOLOGIES

  • 2.1. Edge Analytics Market Trends and Definitions
  • 2.2. Edge Technologies
  • 2.3. Edge Dynamics: Offloading versus Complementary versus Cooperative Analytics

3. EDGE ANALYICS IN SMART CITIES AND ITS: TRENDS AND BENEFITS

  • 3.1. Evolving Market Landscape: Capture Intelligence at the Device Edge with Sensors and AI
  • 3.2. Low-Latency Connectivity versus Device Edge Compute
  • 3.3. Benefits: Device Edge versus Edge Cloud/Network Edge

4. EDGE ANALYTICS USE CASES FOR SMART CITIES AND ITS

  • 4.1. Intelligent Transportation Use Cases
  • 4.2. Smart Cities Use Cases

5. EDGE ANALYTICS ECOSYTEM

  • 5.1. V2X Vendors
  • 5.2. Content and Data Players
  • 5.3. Semiconductor Vendors
  • 5.4. ODMS/OEMS
  • 5.5. Telco Players
  • 5.6. Cloud Providers

6. EDGE ANALYTICS MONETIZATION DYNAMICS

  • 6.1. Device Edge
  • 6.2. Edge Cloud

7. EDGE FORECASTS

  • 7.1. Roadside Device Edge
  • 7.2. Edge Cloud/Network Edge
株式会社グローバルインフォメーション
© Copyright 1996-2020, Global Information, Inc. All rights reserved.