特集: 調査項目の変更・追加が可能なセミカスタムオーダー型の調査レポート(Lucintel社)はこちら

特集 : 国別の市場調査レポートをお探しの方はこちら

株式会社グローバルインフォメーション
TEL: 044-952-0102
表紙
市場調査レポート

低レイテンシー/超低レイテンシービデオ

Low and Ultra-Low Latency Video

発行 ABI Research 商品コード 916919
出版日 ページ情報 英文
納期: 即日から翌営業日
価格
詳細については [見積・お問合せ] ボタンよりお問い合わせ下さい。

お知らせ: こちらの商品は発行元の方針により価格が非公開になっております。
尚、レポートのご提供形態は、PDFタイプ、パワーポイントタイプ、Excelタイプがございます。
レポートによって提供形態が異なりますので、ご検討いただく際は、お手数をお掛けいたしますが、お問い合わせください。

低レイテンシー/超低レイテンシービデオ Low and Ultra-Low Latency Video
出版日: 2019年11月19日 ページ情報: 英文
概要

当レポートでは、低レイテンシー/超低レイテンシービデオについて調査分析し、主要促進要因、市場規模、主要企業などについて、体系的な情報を提供しています。

第1章 エグゼクティブサマリー

第2章 レイテンシーの原因とレイテンシーレベルの比較

  • レイテンシーの原因
  • 異なるプロトコルでのレイテンシーレンジ

第3章 レイテンシーを改善する方法

  • エンコーディング構成
  • セグメントのサイズを小さくする
  • ストリーミングのプロトコル
  • ビデオ再生の最適化
  • CDN・エッジコンピューティング

第4章 低レイテンシー・超低レイテンシーのビデオドライバー

  • ライブビデオストリーミングサービス
  • eスポーツ・クラウドゲーム
  • オンラインギャンブル・オークション

第5章 ソリューションプロバイダー

  • Akamai
  • Anevia
  • AWS
  • Haivision
  • Harmonic
  • LimeLight Networks
  • MediaKind
  • Microsoft
  • THEO Technologies
  • Wowza Media Systems
  • Zixi
目次
Product Code: AN-5050

Actionable Benefits:

  • This report enables ecosystem players to identify the opportunities and challenges in low latency video streaming market to achieve fast-mover advantage.
  • Allow service providers to evaluate and determine the right approach to successfully launch low latency streaming services, develop strategies to to maximize the return on investment.
  • Enable service providers, solution providers and associated ecosystem players to identify key players and potential partners to develop partnership strategies.

Critical Questions Answered:

  • What are major drivers of low latency demand in video streaming market?
  • How big is the market requiring low latency video capability?
  • What are approaches to achieve low latency?
  • Who are major players in low latency video solution market?

Research Highlights:

  • Trends and demand of key applications which requires low latency video feature.
  • Market size of live video streaming services by region.
  • Cloud gaming user base by region.

Who Should Read This?

  • Product managers and decision makers in video streaming services, cloud gaming, eSports streaming providers.
  • Companies which provide video delivery solutions, hardware and software providers to video streaming market.
  • Market Analysts in CDN providers.

TABLE OF CONTENTS

1. EXECUTIVE SUMMARY

  • 1.1. Recommendations

2. LATENCY CAUSES AND COMPARISON OF LATENCY LEVELS

  • 2.1. The Causes of Latency
  • 2.2. Latency Range with Different Protocols

3. WAYS TO IMPROVE LATENCY

  • 3.1. Encoding Configurations
  • 3.2. Short Segments
  • 3.3. Streaming Protocols
  • 3.4. Video Palyback Optimization
  • 3.5. CDN and Edge Computing

4. LOW AND ULTRA-LOW LATENCY VIDEO DRIVERS

  • 4.1. Live Video Streaming Services
  • 4.2. eSports and Cloud Gaming
  • 4.3. Online Gambling and Auctions

5. SOLUTION PROVIDERS

  • 5.1. Akamai
  • 5.2. Anevia
  • 5.3. AWS
  • 5.4. Haivision
  • 5.5. Harmonic
  • 5.6. LimeLight Networks
  • 5.7. MediaKind
  • 5.8. Microsoft
  • 5.9. THEO Technologies
  • 5.10. Wowza Media Systems
  • 5.11. Zixi