無料セミナー : 2019年6月25日『AI (人工知能)技術市場:最新動向と将来予測』 Tractica共同開催

株式会社グローバルインフォメーション
TEL: 044-952-0102
市場調査レポート

屋外用ロボットのクリティカル通信と5G技術

5G for Critical Communications in Outdoor Robots

発行 ABI Research 商品コード 798048
出版日 ページ情報 英文 23 Pages, 5 Tables, 8 Figures
納期: 即日から翌営業日
価格
詳細については [見積・お問合せ] ボタンよりお問い合わせ下さい。

お知らせ: こちらの商品は発行元の方針により価格が非公開になっております。
尚、レポートのご提供形態は、PDFタイプ、パワーポイントタイプ、Excelタイプがございます。
レポートによって提供形態が異なりますので、ご検討いただく際は、お手数をお掛けいたしますが、お問い合わせください。

Back to Top
屋外用ロボットのクリティカル通信と5G技術 5G for Critical Communications in Outdoor Robots
出版日: 2019年03月01日 ページ情報: 英文 23 Pages, 5 Tables, 8 Figures
概要

小売、ラストマイルデリバリー、農業、建設業、鉱業などに用いられるミッション&ビジネスクリティカルなロボットにおいては、高度な移動性、非構造化環境における動作性、高度な知覚機能、ナビゲーション機能、操作機能が必要とされています。

当レポートでは、屋外用ロボットのクリティカル通信における5G技術の重要性を調査し、ミッション&ビジネスクリティカルロボットの定義と概要、5G技術の優位性、導入モデル、ビジネスモデル、ベンダーのエコシステム、市場機会、利用事例、関連事業者への提言などをまとめています。

第1章 エグゼクティブサマリー

第2章 ミッション&ビジネスクリティカルロボット

  • 定義
  • ロボティクスシステムの連続性

第3章 ロボティクスシステムにおける接続性の進化

第4章 5Gのミッション&ビジネスクリティカルロボットへの影響

  • 主なメリット
  • 導入モデル
  • ビジネスモデル

第5章 ベンダーエコシステム

第6章 市場機会・商用利用事例

  • 公衆安全・ファーストレスポンダー
  • 重要設備点検
  • ラストマイルデリバリー&輸送
  • 精密農業
  • 採掘・運搬
  • ワイヤレスファクトリー

第7章 主な提言

  • 接続サービスプロバイダー
  • エンタープライズユーザー
  • ロボティクスベンダー

掲載企業

  • Alibaba
  • Amazon
  • CloudMinds
  • Ericsson
  • Gecko Robotics
  • Google
  • Huawei
  • Inseego
  • JD.com
  • Knightscope
  • Meituan-Dianping
  • Microsoft Corporation
  • Naver
  • Nokia
  • Qualcomm Inc
  • トヨタ自動車
  • United Technologies Corporation
目次
Product Code: AN-4945

Cellular connectivity adoption has been low in the robotics industry. As industrial robots were stationary and largely confined in a factory environment, wired and WiFi connectivity were more than sufficient to cover the communication requirements. However, this is no longer the case for commercial robots that focus on mission- and business-critical applications.

Deployed in retail, last mile delivery, agriculture, construction, and mining, these robots not only are getting increasingly mobile, but also operate in highly unstructured environments and require a high level of perception, navigation, and manipulation capabilities. This report evaluates various connectivity options for outdoor settings based on their coverage, throughput, latency, cost and cloud access, and determines that 5G is the optimal solution for mobile robots in the future.

5G has several advantages. Its flexible and service based architecture will enable robotics vendors to create SLAs for their connectivity needs. As a global standard, 5G global deployment will also bring down the total cost of ownership of 5G networks and the price of 5G modem chipsets, allowing robotics developers to integrate 5G connectivity as an option. Also, the benefits of 5G go beyond connectivity, as the technology will serve as the enabler for other emerging technologies, such as Augmented Reality (AR), swarm intelligence, and massive Internet of Things (IoT) communications. These advancements will have a tremendous impact on the evolution of robotics systems moving forward.

Table of Contents

1. EXECUTIVE SUMMARY

2. MISSION- AND BUSINESS-CRITICAL ROBOTS

  • 2.1. Definition
  • 2.2. The Continuum of Robotics Systems

3. EVOLUTION OF CONNECTIVITY IN ROBOTICS SYSTEMS

4. IMPACT OF 5G ON MISSION- AND BUSINESS-CRITICAL ROBOTS

  • 4.1. Key Benefits
  • 4.2. Deployment Model
  • 4.3. Business Model

5. VENDOR ECOSYSTEM

6. MARKET OPPORTUNITIES AND COMMERCIAL USE CASES

  • 6.1. Public Safety and First Responder
  • 6.2. Critical Asset Inspection
  • 6.3. Last-Mile Delivery and Transportation
  • 6.4. Precision Agriculture
  • 6.5. Field Extraction and Haulage
  • 6.6. Wireless Factory

7. KEY RECOMMENDATIONS

  • 7.1. Connectivity Service Providers
  • 7.2. Enterprise Users
  • 7.3. Robotics Vendors

Companies Mentioned

  • Alibaba
  • Amazon
  • CloudMinds
  • Ericsson
  • Gecko Robotics
  • Google
  • Huawei
  • Inseego
  • JD.com
  • Knightscope
  • Meituan-Dianping
  • Microsoft Corporation
  • Naver
  • Nokia
  • Qualcomm Inc
  • Toyota
  • United Technologies Corporation
Back to Top