株式会社グローバルインフォメーション
TEL: 044-952-0102
市場調査レポート

OTT2.0:新たな有料TV情勢の把握

OTT 2.0: Understanding the new Pay TV Landscape

発行 ABI Research 商品コード 599624
出版日 ページ情報 英文 43 Pages
納期: 即日から翌営業日
価格
詳細については [見積・お問合せ] ボタンよりお問い合わせ下さい。

お知らせ: こちらの商品は発行元の方針により価格が非公開になっております。
尚、レポートのご提供形態は、PDFタイプ、パワーポイントタイプ、Excelタイプがございます。
レポートによって提供形態が異なりますので、ご検討いただく際は、お手数をお掛けいたしますが、お問い合わせください。

Back to Top
OTT2.0:新たな有料TV情勢の把握 OTT 2.0: Understanding the new Pay TV Landscape
出版日: 2018年01月11日 ページ情報: 英文 43 Pages
概要

当レポートでは、OTT2.0時代を定義づけるOTTサービスの幅広い成長に注目し、OTTの成功要因、世帯レベルから個人レベルへの購入判断の変化、プロバイダーに求められるマルチサービス開始への備えなど、新たな有料TV情勢について分析しています。

目次

  • OTT・有料TV
  • ビジネスモデル
  • コンテンツエンティティ
  • OTTの採用

本調査で言及した企業

  • Apple Inc.
  • Netflix
  • Google
  • Roku
  • Amazon
  • Hulu
  • Vizio
目次
Product Code: PT-2073

The widespread growth of OTT services, including new categories such as cable replacement virtual cable (vMVPD) services, which offer live linear channels on OTT devices and networks, coupled with broadcaster direct offerings, defines the OTT 2.0 era. OTT's success factors include packaging flexibility, narrow genre choices, wide device availability, national reach and overall lower costs. The smaller size and narrower content of OTT services leads to consumer wallet fragmentation, pushing buying decisions from the household level to the individual level. This interest drive Pay TV revenue worldwide to be somewhat flat, while the growth in video entertainment comes from new categories of services broadly defined as OTT, although the boundaries are shifting somewhat and definition becomes harder. Providers must be ready to launch multiple services to reach different demographics on their terms.

Table of Contents

  • OTT and Pay TV
  • Business Models
  • Content Entities
  • Adapting to OTT

Companies Mentioned

  • Apple Inc.
  • Netflix
  • Google
  • Roku
  • Amazon
  • Hulu
  • Vizio
Back to Top