無料セミナー : 2018年10月23日『5G、OTTがもたらすデジタルトランスフォーメーション2025年までの展望』 IDATE DigiWorld共同開催

株式会社グローバルインフォメーション
TEL: 044-952-0102
表紙
市場調査レポート

IAM 2.0:IoTにおけるID・アクセス管理

IAM 2.0 - Identity and Access Management in the IoT

発行 ABI Research 商品コード 599340
出版日 ページ情報 英文 16 Pages, 1 Figure
納期: 即日から翌営業日
価格
詳細については [見積・お問合せ] ボタンよりお問い合わせ下さい。

お知らせ: こちらの商品は発行元の方針により価格が非公開になっております。
尚、レポートのご提供形態は、PDFタイプ、パワーポイントタイプ、Excelタイプがございます。
レポートによって提供形態が異なりますので、ご検討いただく際は、お手数をお掛けいたしますが、お問い合わせください。

Back to Top
IAM 2.0:IoTにおけるID・アクセス管理 IAM 2.0 - Identity and Access Management in the IoT
出版日: 2018年01月05日 ページ情報: 英文 16 Pages, 1 Figure
概要

当レポートでは、従来のID・アクセス管理 (IAM) では十分に対応することが出来ない多面的な課題 - ユーザーのデジタルID、クラウドサービス、プラットフォーム・サービス、データガバナンス、パブリックキーインフラ、IP移行、セキュリティ仕様、およびデジタル認証の管理などについて詳細に分析しており、IAM 2.0モデルの提案、将来のアプローチ、および戦略提言などをまとめています。

第1章 エグゼクティブサマリー

第2章 IAM 2.0の進化

  • IAM 2.0の定義
  • 将来のIDの実現:IAM 2.0の検討事項
  • IoT ID管理・セキュリティを融合するガイドライン
  • IoTの認証特有の検討事項

第3章 モノのIDを定義する将来を見据えたアプローチ

  • 継承属性
  • 操作属性
  • 管理属性
  • 行動属性
  • その他属性

第4章 戦略提言:IPサポート、プロトコル、アーキテクチャー、およびセキュリティの検討事項

  • アーキテクチャーの検討事項
  • 標準化の検討事項
  • ユーザーIDの検討事項
  • バイオメトリクス・MFAの検討事項
  • デバイスIDの検討事項
  • レガシーまたは過渡的な検討事項
  • 通信プロトコルの検討事項
  • IP型の検討事項
目次
Product Code: AN-4936

Defining and managing device identity in the constantly evolving IoT ecosystem has become one of the top priorities for IoT vendors. Traditional Identity and Access Management (IAM) principles are not equipped to deal with this challenge which calls for a massive overhaul and a plethora of novel architecture, connectivity and security considerations to be taken into account.

ABI Research has investigated these multifaceted challenges and proposes an ‘IAM 2.0' model which outlines all aforementioned considerations in the form of an IoT ID guide for prospective implementers. The report provides in-depth analyses and considerations which greatly expand upon traditional IAM and deal with the influx of users' digital identities, cloud services, platforms and devices from a wide spectrum of communication protocols, data governance issues, public key infrastructure, IP migration, security specifications and managing of digital certificates, among others. This report also features a blueprint for defining the future of IoT Identity by going past traditional ID definitions and proposing a future-looking, holistic approach encompassing everything from APIs, MFA, middleware and cloud platforms to behavioral analytics, cryptography, machine learning, and automation.

Table of Contents

1. EXECUTIVE OVERVIEW

2. THE EVOLUTION TOWARDS IAM 2.0

  • 2.1. Defining IAM 2.0
  • 2.2. Enabling the Identities of Tomorrow: IAM 2.0 Considerations
  • 2.3. Guidelines to Merge IoT Identity Management and Security
  • 2.4. Certificate-Specific Considerations for the IoT

3. A FUTURE-LOOKING APPROACH FOR DEFINING THING IDENTITY

  • 3.1. Inherited Attributes
  • 3.2. Operational Attributes
  • 3.3. Managed Attributes
  • 3.4. Behavioral Attributes
  • 3.5. Peripheral Attributes

4. STRATEGIC RECOMMENDATIONS: IP SUPPORT, PROTOCOLS, ARCHITECTURE, AND SECURITY CONSIDERATIONS

  • 4.1. Architecture Considerations
  • 4.2. Standardization Considerations
  • 4.3. User Identity Considerations
  • 4.4. Biometrics and MFA Considerations
  • 4.5. Device Identity Considerations
  • 4.6. Legacy or Transitional Considerations
  • 4.7. Communication Protocol Considerations
  • 4.8. IP-Based Considerations
Back to Top