お知らせ :東京証券取引所JASDAQスタンダード市場への新規上場に関するお知らせ
株式会社グローバルインフォメーション
表紙:モノのID・管理サービス:イネーブラーおよび機会分析
市場調査レポート
商品コード
599050

モノのID・管理サービス:イネーブラーおよび機会分析

Thing Identity and Management Services: Enabler and Opportunity Analysis

出版日: | 発行: ABI Research | ページ情報: 英文 29 Pages, 4 Tables and 11 Figures | 納期: 即日から翌営業日

価格
詳細については [見積・お問合せ] ボタンよりお問い合わせ下さい。

お知らせ: こちらの商品は発行元の方針により価格が非公開になっております。
尚、レポートのご提供形態は、PDFタイプ、パワーポイントタイプ、Excelタイプがございます。
レポートによって提供形態が異なりますので、ご検討いただく際は、お手数をお掛けいたしますが、お問い合わせください。

モノのID・管理サービス:イネーブラーおよび機会分析
出版日: 2017年12月29日
発行: ABI Research
ページ情報: 英文 29 Pages, 4 Tables and 11 Figures
納期: 即日から翌営業日
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

当レポートでは、モノのID・管理サービスについて、デバイス管理、通信の保証、およびデータ交換に注目して調査しており、バリューチェーン、REST・MQTT APIおよびクラウドソリューション、ゲートウェイ専用ソリューション、デバイス認証管理などの分析、スマートシティやスマートホーム向けの技術・市場提言などを提供しています。

第1章 エグゼクティブサマリー

第2章 モノのID・管理サービスの定義

  • モノのIDのエレメントの説明
  • クラウド・APIサービス
  • デバイス認証情報管理
  • RESTおよびMQTT APIを通じたIoTサービスのイネーブリング
  • スマートホームにおけるモノのIDの評価
  • スマートシティにおけるモノのIDの評価・セキュリティサービス
  • 物理的ウェブ・BeaconのID

第3章 IoT IDサービス:市場データ

  • 調査手法・データソース
  • 市場データの仮説
  • 市場データ・予測動向

第4章 認証機関・ベンダー・プラットフォームのプロファイル

  • IoTフレームワーク
  • IoTプラットフォームベンダー
  • オープンソースIoTフレームワーク・標準
  • 認証機関

第5章 戦略的提言

目次
Product Code: AN-2416

The objective of managing device and user identities is one of the most perplexing challenges for the emerging IoT landscape. In most cases, the Identity of Things (IDoT) is falsely established as an arbitrary concept that primarily deals with rudimentary device management solutions involving basic Information and Access Management (IAM) principles and stretched in order to fit the blueprint of a larger HTTP-enabled ecosystem. This report addresses these conceptualization challenges and delves into IoT Thing Identity and Management services providing both a current, tangible understanding of its underlying mechanisms as well as a future-looking approach and market forecasts for all major IoT verticals: from industrial and automotive to smart cities and agriculture.

ABI Research investigates Thing Identity and Management Services with three vital objectives in mind: device management, securing communications, and data exchange. The analysis originates at the very core of the value chain (i.e. embedding digital certificates at the manufacturing phase, private and PKI encryption processes) and expands to include, among others: REST and MQTT APIs and cloud services, gateway-specific solutions, device certificate management, the evolution towards the user-device-system ‘IoT singularity', Open IoT Frameworks (e.g. OCF, oneM2M), finding value in cross-ecosystem implementations, Physical Web & Beacon Identities as well as technical and market recommendations specifically tailored for Smart Cities and the Smart Home.

Table of Contents

1. EXECUTIVE OVERVIEW

2. DEFINING THING ID AND MANAGEMENT SERVICES

  • 2.1. Demystifying the Elements of Thing Identity
  • 2.2. Cloud and API Services
  • 2.3. Device Credential Management
  • 2.4. Enabling IoT Services Through REST and MQTT APIs
  • 2.5. Evaluating Thing ID in the Smart Home
  • 2.6. Evaluating Thing ID and Security services in Smart Cities
  • 2.7. The Physical Web and Beacon Identities

3. IOT IDENTITY SERVICES - MARKET DATA

  • 3.1. Methodology and Data Sources
  • 3.2. Market Data Hypotheses
  • 3.3. Market Data and Forecast Trends

4. CERTIFICATION AUTHORITIES, VENDOR AND PLATFORM PROFILES

  • 4.1. IOT Frameworks
  • 4.2. IoT Platform Vendors
  • 4.3. Open Source IoT Frameworks and Standards
  • 4.4. Certification Authorities

5. STRATEGIC RECOMMENDATIONS

株式会社グローバルインフォメーション
© Copyright 1996-2021, Global Information, Inc. All rights reserved.