株式会社グローバルインフォメーション
TEL: 044-952-0102
表紙
市場調査レポート

屋内位置情報技術とRTLS (リアルタイム位置情報システム):技術のポジショニングと利用事例

Indoor Location and RTLS: Technology Positioning and Use Cases

発行 ABI Research 商品コード 524852
出版日 ページ情報 英文 61 Pages
納期: 即日から翌営業日
価格
詳細については [見積・お問合せ] ボタンよりお問い合わせ下さい。

お知らせ: こちらの商品は発行元の方針により価格が非公開になっております。
ご検討いただく際は、お手数をお掛けいたしますが、お問い合わせください。

Back to Top
屋内位置情報技術とRTLS (リアルタイム位置情報システム):技術のポジショニングと利用事例 Indoor Location and RTLS: Technology Positioning and Use Cases
出版日: 2017年07月05日 ページ情報: 英文 61 Pages
概要

当レポートでは、屋内位置情報技術とRTLS (リアルタイム位置情報システム) の現状と将来展望について分析し、主な技術 (BLBビーコン、Wi-Fi、センサーフュージョン、GPSなど) の概略 (強み・弱み、エコシステムほか) や利用事例、短期的・中期的な市場機会、積極的な利用が見込まれている産業分野、各技術の将来的な持続性などを調査・考察しております。

目次

  • イントロダクション
  • 屋内位置情報技術市場の最新動向
  • 屋内位置情報技術の普及を促している主な産業
  • 屋内位置情報技術:主な促進要因と市場機会
  • 公共用の屋内位置情報技術の設置件数:設置主体の種類別
  • 屋内/屋外位置情報技術の種類と利用事例
  • 位置情報エンジン・アルゴリズムの概要と手法
  • 主力となる位置情報技術:強み・弱み、市場分析、利用事例
  • 屋内位置情報技術:サプライチェーン/バリューチェーンのマッピング
  • 結論
目次
Product Code: PT-1807

This presentation provides a qualitative and quantitative analysis of the current location technologies market, including both market opportunities and perspective for the medium-term and long-term. The content is provided in a quick and easy-to-read presentation to provide insight into technical characteristics, strengths and weaknesses, and ecosystem support for a number of location technologies including, but not limited to, BLE Beacons, Wi-Fi, Sensor Fusion, and GPS. A number of vertical markets are also assessed, providing case studies and suitability for use with location technologies for each.

Table of Contents

  • Introduction
  • Indoor Location Market Watch
  • Key Verticals Driving Indoor Location
  • Indoor Location: Market Drivers and Opportunities
  • Public Indoor Location Technology Installations by Establishment Type
  • Overview of Indoor and Outdoor Location Types and Use Cases
  • Overview of Location Engine Algorithms and Techniques
  • Core Location Technologies: Strengths and Weaknesses, Market Analysis and Case Studies
  • Indoor Location Technologies: Supply and Value Chains Mapping
  • Conclusions
Back to Top