株式会社グローバルインフォメーション
TEL: 044-952-0102
市場調査レポート

4Kコンテンツのストリーミング&ストレージとDRM (デジタル著作権管理)

4K Content DRM for Streaming and Storage

発行 ABI Research 商品コード 333951
出版日 ページ情報 英文 25 Pages
納期: 即日から翌営業日
価格
詳細については [お問い合わせ] ボタンよりお問い合わせ下さい。

お知らせ: こちらの商品は発行元の方針により価格が非公開になっております。
ご検討いただく際は、お手数をお掛けいたしますが、お問い合わせください。

Back to Top
4Kコンテンツのストリーミング&ストレージとDRM (デジタル著作権管理) 4K Content DRM for Streaming and Storage
出版日: 2015年06月29日 ページ情報: 英文 25 Pages
概要

4Kコンテンツはもはや一時的な流行ではなく、コンテンツの保護はコンテンツ制作事業者にとっての最重要事項となっています。

当レポートでは、4KコンテンツにおけるDRM (デジタル著作権管理) の動向と市場機会について調査し、4K対応デバイスの出荷予測、Movielabsの仕様、コンテンツ保護の各種手法、主要事業者の取り組み、SCSAの取り組み、DRMおよびCAS関連製品の収益予測などをまとめています。

第1章 さらなるコンテンツとさらなる保護

第2章 DRMのパワーバランスの変化

第3章 MOVIELABSの仕様

  • 問題・脅威
  • DRM
  • プラットフォーム
  • エンドツーエンドシステム

第4章 保護の手法

  • ハードウェアセキュリティ
    • Root of Trust
    • TEE (Trusted Execution Environment)
    • 消費者向け技術
  • 電子透かし (デジタルウォーターマーク)
  • デリバリーのタイプ:ライブストリーム・VOD・フィジカル
    • フィジカル vs デジタル製品
    • ライブ vs VODコンテンツ
  • ブラウザ

第5章 企業・実装

  • Nagra
  • Adobe
  • Cisco
  • Quickplay Media
  • Google Widevine
  • Intertrust
  • Microsoft PlayReady
  • Civolution
  • Verimatrix

第6章 ストレージはストリーミングと競えるか? - SCSA (SECURE CONTENT STORAGE ASSOCIATION)のVIDITY

第7章 4KにおけるDRMの市場機会

図表

目次
Product Code: AN-1714

4K content is no longer a fad, and content protection is of utmost importance for content studios. Security guidelines for 4K content revolve around hardware integration, and content protection systems must support these guidelines for content to be made available over the systems. End-to-end system security, with SoC integration and security from data pipeline to user device is necessary. Forensic watermarking, Conditional Access, and DRM measures should aim to meet these guidelines as soon as possible to ensure availability as 4K content becomes more widespread.

Table of Contents

1. MORE CONTENT, MORE PROTECTION

2. SHIFT IN DRM BALANCE OF POWER

3. MOVIELABS SPECIFICATIONS

  • 3.1. Problems and Threats
  • 3.2. DRM
  • 3.3. Platforms
  • 3.4. End-to-end Systems

4. PROTECTION METHODS

  • 4.1. Hardware Security
    • 4.1.1. Root of Trust
    • 4.1.2. Trusted Execution Environment
    • 4.1.3. Consumer-facing Technologies
  • 4.2. Digital Watermarking
  • 4.3. Type of Delivery: Live Streaming, VOD, and Physical
    • 4.3.1. Physical versus Digital Products
    • 4.3.2. Live versus VOD Content
  • 4.4. Browsers

5. COMPANIES AND IMPLEMENTATIONS

  • 5.1. Nagra
  • 5.2. Adobe
  • 5.3. Cisco
  • 5.4. Quickplay Media
  • 5.5. Google Widevine
  • 5.6. Intertrust
  • 5.7. Microsoft PlayReady
  • 5.8. Civolution
  • 5.9. Verimatrix

6. CAN STORAGE COMPETE WITH STREAMING? VIDITY / SECURE CONTENT STORAGE ASSOCIATION

7. SIZING THE 4K DRM OPPORTUNITY GOING FORWARD

Tables

  • 1. Pros and Cons of 4K Media Types
  • 2. Companies Involved in SCSA by Market
  • 3. Major Companies Not Currently Involved in SCSA
  • 4. UHD TV Shipments, World Market, Forecast: 2014 to 2020
  • 5. 4K-capable Smart STB Shipments, World Market, Forecast: 2014 to 2020
  • 6. 4K-capable STB Shipments, World Market, Forecast: 2014 to 2020
  • 7. CE 4K Blu-ray Shipments, World Market, Forecast: 2014 to 2020
  • Charts
  • 1. Ultra HD (4K)-capable STBs and TVs, World Market, Forecast: 2014 to 2020
  • 2. DRM Revenue Market Shares by Vendor by Vendor, World Market, 2014
  • 3. Revenue for DRM and CAS Products, World Market, Forecast: 2014 to 2020

Figures

  • 1. Split Between DRM Use Cases
  • 2. Hardware Root of Trust Diagram Technology Stack
  • 3. Trusted Execution Environment Diagram
  • 4. Watermarking Process Diagram
  • 5. Widevine Modular DRM Overview
  • 6. Civolution NexGuard Watermarking Process
Back to Top