市場調査レポート

有料TVオペレーターのOTT (Over-the-top) サービス

Pay TV Operator Over-the-top (OTT) Services

発行 ABI Research 商品コード 327891
出版日 ページ情報 英文 23 Pages; 3 Tables; 3 Charts
納期: 即日から翌営業日
価格
詳細については [お問い合わせ] ボタンよりお問い合わせ下さい。

お知らせ: こちらの商品は発行元の方針により価格が非公開になっております。
ご検討いただく際は、お手数をお掛けいたしますが、お問い合わせください。

Back to Top
有料TVオペレーターのOTT (Over-the-top) サービス Pay TV Operator Over-the-top (OTT) Services
出版日: 2015年04月07日 ページ情報: 英文 23 Pages; 3 Tables; 3 Charts
概要

OTTサービスは近年急速に人気が拡大しており、2019年には動画市場の14%を占めると予測されています。一方、有料TVサービスはチャーン (解約率) の上昇やコスト増大に直面しており、多くのオペレーターがOTT技術を導入して、自社の有料TVサービスを補完しようとしています。スタンドアロン型OTTや新たなセットトップボックス (STB) 技術の提供開始、マルチスクリーン機能の強化といった分野が主な投資分野となっています。OTT技術に投資するか、現在の有料TVサービスに注力し続けるかをの決定に際して、オペレーター各社は、どちらがチャーン引き下げにつながるか、また新規サービスからの収益派生・拡大が可能かどうか、よく検討する必要があります。

当レポートでは、世界各国の有料TVサービス・オペレーターによるOTT (Over-the-top) サービスの展開状況と今後の可能性について分析し、現在までに展開されている (または近い将来に展開される) 新規技術・サービスの概要や収支見通し、先行企業の具体的事例、現在想定される機会とリスクなどを調査すると共に、有料TVオペレーター各社が考慮すべき事項について考察しております。

第1章 OTTゲームのプレイ

第2章 有料TVオペレーターによるスタンドアロン型OTTサービス

  • 早期採用者
    • Sling TV
    • NOW TV
    • Viaplay
    • Yaveo
  • 共食いのリスクが大きすぎるのか?
  • スタンドアロンOTTのメリットへの期待

第3章 新しいSTB技術の提供開始

  • 注目すべき技術の登場
    • Comcast X1
    • Virgin TiVo
    • Liberty Global Horizon
    • Swisscom 2.0
  • 提供開始のリスクと成果
  • 新規STB技術に対する期待

第4章 サードパーティーOTTサービスの再販売

  • YouTubeの人気の実証
    • UPC Hungary
  • 加入者サービス:NetflixとHBO Go / Now
    • Netflix
    • HBO Go / Now
  • オペレーターの意思決定

第5章 マルチスクリーン方式の登場

  • Viaccess-Orca / Orange France のケーススタディ
  • その他のオペレーター
  • マルチスクリーン方式のサポート方式

第6章 OTT化するべきか、せざるべきか?

図表一覧

目次
Product Code: AN-1825

OTT services have risen in popularity, making up 14% of the video market in 2019. With pay TV services seeing climbing churn rates and higher costs, many operators are turning to OTT technology to supplement their pay TV offerings. Standalone OTT, new STB technology rollouts, reselling third party OTT services, and enhancing multiscreen functionality are promising areas for investment. When faced with the decision to invest in OTT technology, or focus on current pay TV offerings, operators need to consider the likelihood of lowered churn and increased revenues stemming from the new services.

Table of Contents

1. PLAYING THE OTT GAME

2. STAND-ALONE OTT OFFERINGS FROM PAY TV OPERATORS

  • 2.1. Early Adopters
    • 2.1.1. Sling TV
    • 2.1.2. NOW TV
    • 2.1.3. Viaplay
    • 2.1.4. Yaveo
  • 2.2. Risk of Cannibalization Too Great?
  • 2.3. Expectations for Stand-alone OTT Benefits

3. NEW STB TECHNOLOGY ROLLOUTS

  • 3.1. Noteworthy Technology Rollouts
    • 3.1.1. Comcast X1
    • 3.1.2. Virgin TiVo
    • 3.1.3. Liberty Global Horizon
    • 3.1.4. Swisscom 2.0
  • 3.2. Risks and Rewards of Rollout
  • 3.3. Expectations for New STB Technology

4. RESELLING THIRD-PARTY OTT SERVICES

  • 4.1. YouTube Proves Popular
    • 4.1.1. UPC Hungary
  • 4.2. Subscription Services: Netflix and HBO Go / Now
    • 4.2.1. Netflix
    • 4.2.2. HBO Go / Now
  • 4.3. Decisions for Operators

5. RISE OF MULTISCREEN

  • 5.1. Viaccess-Orca / Orange France Case Study
  • 5.2. Other Operators
  • 5.3. Methods of Supporting Multiscreen

6. TO OTT OR NOT TO OTT?

Tables

  • 1. Stand-alone OTT Examples
  • 2. New Technology Rollout Examples
  • 3. Options for OTT Monetization

Charts

  • 1. Pay TV and OTT Revenues, Forecast, World Market: 2010 to 2019
  • 2. Revenue Cases for Stand-alone OTT Based on 100% Revenues in 2014, 2014 to 2020
  • 3. Example of New STB Tech Rollout, Rollout Beginning 2016, ROI on Secondary Axis
Back to Top