株式会社グローバルインフォメーション
TEL: 044-952-0102
市場調査レポート

M2Mサービスにおけるビッグデータおよび分析

Big Data and Analytics in M2M Services

発行 ABI Research 商品コード 287451
出版日 ページ情報 英文 18 Pages
納期: 即日から翌営業日
価格
こちらの商品の販売は終了いたしました。
Back to Top
M2Mサービスにおけるビッグデータおよび分析 Big Data and Analytics in M2M Services
出版日: 2014年06月05日 ページ情報: 英文 18 Pages

当商品の販売は、2014年08月11日を持ちまして終了しました。

概要

当レポートでは、M2M市場においてますます重要度を増す「データ」および「分析」に注目し、M2Mバリューチェーン全体の収益機会、ビッグデータ・分析セグメントの市場規模、収益構成要素、サプライヤータイプおよびアプリケーション別の分析を提供しており、メンテナンス分析セグメントおよびM2M・IoT(モノのインターネット)における主な機会の分析などをまとめ、お届けいたします。

目次

  • M2M/IoTのバリューチェーン
  • 顧客の進化
  • M2M/IoTビッグデータ・分析
  • ビッグデータ・分析サプライヤー:「ホワイトスペース」
  • ビッグデータ・分析サプライヤーの統計
  • M2Mビッグデータ・分析収益ソース
  • サプライヤー製品・サービス範囲
  • 分析段階
  • M2M分析収益
  • 製品/サービス開発
  • 利用態度の追跡調査
  • オペレーション分析
  • 文脈上の認識
  • メンテナンス・修復セグメント・支出
  • メンテナンス・分析
  • M2M/IoT:氷山の一角

図表

目次
Product Code: PT-1134

In the M2M market - more recently renamed "IoT" market - the "data" and "analytics" are becoming more and more important to businesses connecting their assets. Through the lens of the total revenue opportunity across the M2M value chain, the big data and analytics sub-segment is assessed for total market size, and by revenue component, supplier type and application. Additional attention is given to the maintenance analytics segment and its value and position relative to the total M2M analytics opportunity. The presentation concludes with top opportunities in M2M and IoT.

Table of Contents

  • M2M/IoT Value Chain
  • Customer Evolution
  • M2M/IoT Big Data and Analytics
  • Big Data and Analytics Suppliers: "White Space"
  • Big Data and Analytics Supplier Demographics
  • M2M Big Data and Analytics Revenue Sources
  • Supplier Products and Services Coverage
  • Analytics Phases
  • M2M Analytics Revenues
  • Product/Service Development
  • Usage Behavior Tracking
  • Operational Analysis
  • Contextual Awareness
  • Maintenance and Repair Segments and Spend
  • Maintenance Analytics
  • M2M/IoT: Tip of the Iceberg

Charts

  • 1. M2M/IoT Big Data and Analytics, 2012 to 2018
  • 2. M2M Analytics Revenues, 2013
  • 3. M2M Analytics Revenues, 2018
  • 4. M2M and Non-M2M Maintenance Analytics, 2013 to 2019
Back to Top