表紙:都市車両交通・人流管理
市場調査レポート
商品コード
1072679

都市車両交通・人流管理

Urban Vehicle Traffic and People Flow Management

出版日: | 発行: ABI Research | ページ情報: 英文 | 納期: 即日から翌営業日

価格
詳細については [お見積] ボタンよりお問い合わせ下さい。

お知らせ: こちらの商品は発行元の方針により価格が非公開になっております。
尚、レポートのご提供形態は、PDFタイプ、パワーポイントタイプ、Excelタイプがございます。
レポートによって提供形態が異なりますので、ご検討いただく際は、お手数をお掛けいたしますが、お問い合わせください。

都市車両交通・人流管理
出版日: 2022年05月04日
発行: ABI Research
ページ情報: 英文
納期: 即日から翌営業日
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

当レポートでは、世界の都市車両交通・人流管理の市場について分析し、以下の情報を取りまとめてお届けいたします。

レポートのメリット:

  • 将来の交通管理製品・サービスのポートフォリオを展開します。
  • 新しい交通技術がどのように新しい利用事例を推進し、運用費用削減や持続可能性に関する追加的な利益を提供できるかを理解することができます。
  • 交通データ市場や商用サービスに関する革新的な資金調達や収益化戦略を策定できます。

分析概略:

  • 新しい交通管理の利用事例の概要:カーブサイド管理、人流管理など
  • ディスラプティブな交通管理技術の一覧:LiDARセンサー、人工知能 (AI)、オンデマンド/自動交通管理システム、エッジクラウドなど
  • 交通管理のエコシステムの構造やバリューチェーンの動向に関する詳細分析 (全20社のベンダープロファイル、複数のケーススタディを含む)
  • 交通管理センサーとソリューションに関連する主な予測

主な質問への回答:

  • どの交通管理センサー (の組み合わせ) が、各々の利用事例に最適なのか?
  • 据置型/路側センサーデータと移動型/車載センサーデータをどのように組み合わせれば、性能と効果を最大化できるか?
  • 競争力と成長戦略を支えるために、どのような事業提携や企業買収を進めるべきか?

分析対象企業

  • AEve
  • Applied Information
  • Array Technologies
  • ATC Technologies
  • Belam
  • BOSCH
  • CCTV
  • Cepton
  • Chordant
  • Lyt
  • McCain Inc
  • Miovision
  • Nvidia
  • Ouster
  • PTV Group
  • Quanergy
  • Seoul Robotics
  • CitiesToday
  • Econolite
  • google
  • Hitachi Ltd
  • INRIX
  • Iteris Inc.
  • Jenoptik
  • Kapsch
  • Li, You and J. Ibañez-Guzmán
  • Siemens
  • SmartCities World
  • Swarco Group
  • Teledyne Technologies Incorporated
  • TomTom
  • Vector
  • Velodyne
  • Yunex

目次

第1章 エグゼクティブサマリー

  • 都市交通管理の市場・技術動向
  • 車両交通・人流管理の利点と目的
  • 交通管理の限界
  • 主要な交通管理の指標と予測
  • 技術サプライヤー・地方自治体への提言

第2章 都市交通管理の利用事例と活用領域

  • リアルタイム車両交通管理
  • 歩行者検出・人流管理
  • 交通計画、モデリング、シミュレーション
  • 交通管理データサービス

第3章 交通管理技術

  • 据置型センサー:光学、遠赤外線、LiDAR、レーダー
  • 移動型交通管理センサー
  • 交通管理用ハードウェアシステム
  • エッジコンピューティングとAI
  • コネクティビティと (エッジ) クラウド
  • 交通管理ソフトウェア・プラットフォーム

第4章 交通管理のエコシステム

  • エコシステムの動向
  • 主要ベンダーのプロファイル
目次
Product Code: AN-5476

Actionable Benefits:

  • Develop future traffic management product and service portfolios.
  • Understand how new traffic technologies can drive new use cases and offer additional benefits related to operational cost savings and sustainability.
  • Identify innovative funding and monetization strategies related to traffic data marketplaces and commercial services.

Research Highlights:

  • Overview of new traffic management use cases such as curbside and people flow management.
  • List of disruptive traffic management technologies including LiDAR sensors, AI, and on-demand / automated traffic management systems, and edge cloud.
  • In-depth review of the traffic management ecosystem structure and value chain dynamics including 20 vendor profiles and multiple cases studies.
  • Key forecasts related to traffic management sensors and solutions.

Critical Questions Answered:

  • Which (combination of) traffic management sensors are best suited for specific use cases?
  • How can fixed/roadside sensor data and mobile/vehicle sensor data be combined to maximize performance and effectiveness?
  • Which partnerships and acquisitions should be pursued to support competitiveness and growth strategies?

Who Should Read This?

  • City governments (CTOs, planners).
  • Planning and strategy executives at traffic agencies and road operators.
  • Product and strategy managers at traffic management and ITS technology suppliers.
  • Semiconductor vendors.
  • Connectivity technology providers.

Companies Mentioned:

  • AEve
  • Applied Information
  • Array Technologies
  • ATC Technologies
  • Belam
  • BOSCH
  • CCTV
  • Cepton
  • Chordant
  • Lyt
  • McCain Inc
  • Miovision
  • Nvidia
  • Ouster
  • PTV Group
  • Quanergy
  • Seoul Robotics
  • CitiesToday
  • Econolite
  • google
  • Hitachi Ltd
  • INRIX
  • Iteris Inc.
  • Jenoptik
  • Kapsch
  • Li, You and J. Ibañez-Guzmán
  • Siemens
  • SmartCities World
  • Swarco Group
  • Teledyne Technologies Incorporated
  • TomTom
  • Vector
  • Velodyne
  • Yunex

TABLE OF CONTENTS

1. EXECUTIVE SUMMARY

  • 1.1. Urban Traffic Management Market and Technology Trends
  • 1.2. Vehicle Traffic and People Flow Management Benefits and Objectives
  • 1.3. Limitations of Traffic Management
  • 1.4. Key Traffic Management Metrics and Forecasts
  • 1.5. Recommendations for Technology Suppliers and City Governments

2. URBAN TRAFFIC MANAGEMENT USE CASES AND APPLICATIONS

  • 2.1. Real-Time Vehicle Traffic Management
  • 2.2. Pedestrian Detection and People Flow Management
  • 2.3. Traffic Planning, Modeling, and Simulation
  • 2.4. Traffic Management Data Services

3. TRAFFIC MANAGEMENT TECHNOLOGIES

  • 3.1. Fixed Sensors-Optical, FIR, LiDAR, and Radar
  • 3.2. Mobile Traffic Management Sensors
  • 3.3. Traffic Management Hardware Systems
  • 3.4. Edge Compute and AI
  • 3.5. Connectivity and (Edge) Cloud
  • 3.6. Traffic Management Software Platforms

4. TRAFFIC MANAGEMENT ECOSYSTEM

  • 4.1. Ecosystem Dynamics
  • 4.2. Key Vendor Profiles