表紙:IoTデータストレージ技術
市場調査レポート
商品コード
1029525

IoTデータストレージ技術

IoT Data Storage Technologies

出版日: | 発行: ABI Research | ページ情報: 英文 23 Pages | 納期: 即日から翌営業日

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=137.31円
IoTデータストレージ技術
出版日: 2021年09月24日
発行: ABI Research
ページ情報: 英文 23 Pages
納期: 即日から翌営業日
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

当レポートでは、世界のIoTデータストレージ技術の市場動向について分析し、各種のサーバーレス・ストレージ技術の概略や、昨今の技術・市場の主な動向、全体的な市場規模の動向見通し、セグメント別の市場機会 (データウェアハウス、データレイク、データレイクハウス)、主要ベンダーのプロファイル (全100社以上)、将来的な促進要因と課題、といった情報を取りまとめてお届けいたします。

当レポートで回答している主な質問

  • 各種サーバーレス・ストレージ技術の主な相違点は何か?
  • IoT向けデータ管理・ストレージ市場における、将来の破壊的なトレンドとは何か?
  • 市場に残された技術的/非技術的な障壁は何か?どのように克服できるか?

本文中で言及されている企業

  • Alibaba
  • Amazon
  • Crate.io
  • Cumulocity
  • DSE
  • Eurotech
  • IBM
  • KX
  • Microsoft
  • MongoDB
  • NTT Communications
  • NVIDIA
  • Oracle
  • PTC
  • SAP
  • Snowflake
  • Vertica
  • Yellowbrick

目次

第1章 エグゼクティブサマリー

第2章 イントロダクション

第3章 バリューチェーンの概要と定義

  • コールド/ウォーム/ホットストレージ
  • 従来のデータベースからの移行
  • データベース vs データウェアハウス vs データレイク
  • クラウドネイティブへの移行を検討しているのか?
  • データストレージ:IoTへの注目

第4章 市場の発展と動向

  • 市場動向
  • 課題

第5章 ベンダーの概要

第6章 予測

  • 分析手法
目次
Product Code: AN-5335

Actionable Benefits:

  • Understand and differentiate different types of serverless storage technology for the IoT market.
  • Identify the market opportunities for data warehouse, data lake and data lake-house.
  • Examine the short-term and long-term drivers and challenges for the serverless compute and storage technologies.

Critical Questions Answered:

  • What are the main differential points between various serverless storage technologies?
  • What are the disruptive and future trends in data management and storage markets for IoT?
  • What are the remaining technical and non-technical market barriers, and how can they be overcome?

Research Highlights:

  • This report provides a market overview of the serverless storage technologies used for IoT solutions and revenue forecasts for the IoT data storage space.
  • Over 100 vendors across the whole storage spectrum from industry titans to those serving a niche.
  • Custom-made breakdown of IoT dat management and storage value chain components.

Who Should Read This?

  • Enterprise's development teams looking to understand factors shaping the storage market
  • Industrial players, who intend/ongoing the IoT digital transformation, to understand cloud-vendor offerings, strengths and avoid vendors lock-in.
  • S-Suit and strategic advisors within the cloud industry who are responsible for strategy formation, business development and innovative solutions planning.

Companies Mentioned:

  • Alibaba
  • Amazon
  • Crate.io
  • Cumulocity
  • DSE
  • Eurotech
  • IBM
  • KX
  • Microsoft
  • MongoDB
  • NTT Communications
  • NVIDIA
  • Oracle
  • PTC
  • SAP
  • Snowflake
  • Vertica
  • Yellowbrick

TABLE OF CONTENTS

1. EXECUTIVE SUMMARY

2. INTRODUCTION

3. VALUE CHAIN OVERVIEW AND DEFINITIONS

  • 3.1. Cold, Warm, and Hot Storage
  • 3.2. The Shift from Traditional Databases
  • 3.3. Database versus Data Warehouse versus Data Lake
  • 3.4. Considering Going Cloud-Native?
  • 3.5. Data Storage: Focus on the IoT

4. MARKET DEVELOPMENT AND TRENDS

  • 4.1. Market Trends
  • 4.2. Challenges

5. VENDOR OVERVIEW

6. FORECASTS

  • 6.1. Methodology