表紙:将来の自動車コンピューティングアーキテクチャ
市場調査レポート
商品コード
1003688

将来の自動車コンピューティングアーキテクチャ

Future Automotive Computing Architectures

出版日: | 発行: ABI Research | ページ情報: 英文 | 納期: 即日から翌営業日

価格
詳細については [お見積] ボタンよりお問い合わせ下さい。

お知らせ: こちらの商品は発行元の方針により価格が非公開になっております。
尚、レポートのご提供形態は、PDFタイプ、パワーポイントタイプ、Excelタイプがございます。
レポートによって提供形態が異なりますので、ご検討いただく際は、お手数をお掛けいたしますが、お問い合わせください。

将来の自動車コンピューティングアーキテクチャ
出版日: 2021年05月05日
発行: ABI Research
ページ情報: 英文
納期: 即日から翌営業日
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

当レポートでは、将来の自動車コンピューティングアーキテクチャについて調査し、L2+車両による現行規制の中で高度なAV機能をどのように展開し収益化できるかについて考察するほか、ハードウェアおよびソフトウェアのソリューション戦略、半導体コンポーネント(CPU、GPU、FPGA、ASIC NNA)の評価、機能的OTAソフトウェアの出荷数および収益機会、市場シェア、主要企業などの情報をまとめています。

目次

第1章 エグゼクティブサマリー

  • イントロダクション
  • レガシープラットフォームからの移行
  • 異種ADASおよびAVアーキテクチャ
  • ADASとIVI機能間のコンバージェンス
  • オープンプラットフォームとターンキープラットフォーム
  • Robotaxisから乗用車へ

第2章 現在の規制内でのL2 +の高度な部分自動化

  • アーキテクチャへの影響
  • ソフトウェア開発
  • L2 +対応の集中型アーキテクチャを使用する自動車メーカー
  • 総論

第3章 OTAアップデート

  • アーキテクチャへの影響
  • 総論

第4章 AIおよびMLエッジ処理

  • CPU
  • GPU
  • FPGA
  • ASIC NNA
  • ヘテロジニアスコンピューティング
  • ベンダー

第5章 ネットワーキング

  • イーサネット
  • HDBaseT

第6章 ROBOTAXISと長期的なアーキテクチャ考慮事項

  • アーキテクチャへの影響
  • 総論

第7章 予想されるアーキテクチャの進化

  • ADAS(L1からL2)
  • L2 +
  • L4およびL5

第8章 ADAS/ADのアーキテクチャに影響する他の動向

  • 電気自動車
  • コックピットドメインコントローラー

第9章 ADAS/AVプラットフォームベンダーのプロファイル

  • Mobileye
  • NVIDIA
  • NXP
  • Qualcomm
  • Xilinx
  • Texas Instrument (TI)

第10章 予測

  • 乗用車
  • Robotaxis
  • ハードウェア総収益:乗用車とRobotaxis
目次
Product Code: AN-5402

Actionable Benefits:

  • Build or future-proof hardware and software solution strategies based on the expected evolution of ADAS and AV architecture.
  • Understand how to deploy and monetize from advanced AV functionalities within the current regulation with L2+ vehicles.
  • Assess the semiconductor components (CPU, GPU, FPGA, and ASIC NNA) and functional OTA software updates shipments and revenue opportunities until 2030.
  • Use the detailed assessment of key players, market share, and OEM releases as input for product planning.

Critical Questions Answered:

  • How the hardware requirements differ in the different automated driving stages, from driver assistance to fully autonomous systems?
  • How will the transition from legacy to AV vehicle architecture take place?
  • What are the AI edge processing and networking requirements in L2+ and fully autonomous systems?
  • What are the semiconductor components (CPU, GPU, FPGA, and ASIC NNA) shipments and revenue opportunities for passenger vehicles and robotaxis?
  • What is the functional OTA software updates market opportunity per SAE level?

Research Highlights:

  • In-depth analysis of the vehicle architecture evolution, from SAE Level 1 to 5.
  • A detailed assessment of the ADAS and AV hardware key players, partnerships, and carmakers releases.
  • Detailed hardware components forecasts per region and SAE level for passenger vehicles and robotaxis.
  • Functional OTA software update forecasts by SAE Level.

Who Should Read This?

  • Decision-makers and OEMs, and Tier 1s responsible for ADAS and Autonomous Technology deployments.
  • Product managers in silicon companies with dedicated automotive-grade SoCs.
  • Automotive product managers at networking semiconductor vendors.

Companies Mentioned:

  • Ambarella
  • Audi
  • Cadillac
  • Ford
  • Geely Auto Group
  • Hailo
  • Harman
  • Imagination
  • Marvell
  • Mercedes-Benz
  • Mobileye
  • Motional
  • NIO
  • NVIDIA
  • NXP
  • Qualcomm
  • Tesla
  • Texas Instruments
  • Valens
  • Volvo
  • Xilinx

TABLE OF CONTENTS

1. EXECUTIVE SUMMARY

  • 1.1. Introduction
  • 1.2. Transition from Legacy Platforms
  • 1.3. Heterogeneous ADAS and AV Architecture
  • 1.4. Convergence between ADAS and IVI functionalities
  • 1.5. Open versus Turnkey Platforms
  • 1.6. From Robotaxis to Passenger Vehicles

2. L2+ ADVANCED PARTIAL AUTOMATION WITHIN THE CURRENT REGULATION

  • 2.1. Architecture Implications
  • 2.2. Software development
  • 2.3. Carmakers Using L2+ Capable Centralized Architecture
  • 2.4. Concluding Remarks

3. OTA UPDATES

  • 3.1. Archtecture Implications
  • 3.2. Concluding Remarks

4. AI AND ML EDGE PROCESSING

  • 4.1. CPU
  • 4.2. GPUs
  • 4.3. FPGA
  • 4.4. ASIC NNA
  • 4.5. Heterogeneous Compute
  • 4.6. Vendors

5. NETWORKING

  • 5.1. Ethernet
  • 5.2. HDBaseT

6. ROBOTAXIS AND LONG TERM ARCHITECTURE CONSIDERATIONS

  • 6.1. Architecture Implications
  • 6.2. Concluding Remarks

7. EXPECTED ARCHITECTURE EVOLUTION

  • 7.1. ADAS (L1 to L2)
  • 7.2. L2+
  • 7.3. L4 and L5

8. OTHER TRENDS AFFECTING ADAS/AD ARCHITECTURES

  • 8.1. Electric Vehicles
  • 8.2. Cockpit Domain Controller

9. ADAS/AV PLATFORM VENDOR PROFILES

  • 9.1. Mobileye
  • 9.2. NVIDIA
  • 9.3. NXP
  • 9.4. Qualcomm
  • 9.5. Xilinx
  • 9.6. Texas Instrument (TI)

10. FORECASTS

  • 10.1. Passenger Vehicles
  • 10.2. Robotaxis
  • 10.3. Total Hardware Revenue: Passenger Vehicles and Robotaxis