株式会社グローバルインフォメーション
TEL: 044-952-0102

報道関係者各位
プレスリリース


2013年09月25日
株式会社 グローバル インフォメーション


太陽電池モジュールの生産量は中国が6年連続でトップ


潟Oローバル インフォメーションは、市場調査会社GlobalDataが発行した報告書「世界の太陽電池(PV)モジュール市場:市場規模、年間生産量、平均価格、競合情勢、主要国分析」の販売を開始しました。

太陽電池モジュールの設置件数は、2006年から2011年にかけて大幅に伸びており、とりわけ2008年から2011年までは累積発電能力が毎年50%以上増加しました。年間の設置件数は、スケールメリットの拡大、新技術の登場、各国政府の政策や制度上の支援策などを背景に、2006年の1.43ギガワット(GW)から2011年の28.94GWへと増えています。しかし2012年に入ると、業界全体が当初の成長局面から調整局面へと移行し始め、太陽光発電業界にとって重要性の高い国々の政府が支援策を縮小したり、打ち切ったりしたこともあって、成長率は大幅に低下しました。

2012年の年間設置件数は30.25GWであり、2011年(28.94GW)に比べ小幅な伸びにとどまっています。また2013年には、スペイン、イタリア、ドイツなどの政府が支援策を縮小しているため、設置件数は25.38GWまで落ち込む見通しですが、2014年から2020年にかけては着実に増えていくと思われます。

中国は、太陽電池モジュールの生産量で世界をリードしており、2012年に世界で生産されたモジュールの66%は中国製でした。太陽電池モジュールの一大生産拠点となっている同国は、製造業界にとって有利な条件が揃っており、6年連続でモジュール生産量トップの座を維持しています。2012年には、22,749メガワット(MW)の太陽電池モジュールが中国で生産されており、その大半(22,099MW)が結晶系シリコン(c-Si)モジュール、650MWが薄膜モジュールでした。ポリシリコンを国内で調達でき、業界に有利な規制環境が維持され、安価な労働力を容易に入手することが可能な同国では、Yingli Green Energy、Trina Solar、LDK Solar、Jinko Solarなどのメーカーが、年産1,000MW以上の生産能力を維持しつつ、太陽電池モジュールの生産で世界をリードしています。太陽光発電市場で中国に次ぐシェアを有しているのは日本ですが、2012年のモジュール生産量は3.03GWで、世界の生産量の9%を占めるにとどまっており、トップとの差は大きく開いています。

市場調査レポート: 世界の太陽電池(PV)モジュール市場:市場規模、年間生産量、平均価格、競合情勢、主要国分析Solar PV Modules - Market Size, Annual Production, Average Price, Competitive Landscape and Key Country Analysis to 2020

発行: GlobalData

※ プレスの内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

株式会社 グローバル インフォメーションは、世界の調査会社300社以上と代理店契約し、先端技術から消費者動向調査まで、様々な市場の調査レポート、ニューズレター、年間情報等を販売しております。

商品コード: 281760