無料レポート プレゼントキャンペーン 実施中 : メールサービスに新規登録いただいた方にご用意した無料レポートをご提供

株式会社グローバルインフォメーション
TEL: 044-952-0102
年間契約型情報サービス

カソード、リチウム、コバルト、ニッケル、マンガンの世界月次出荷動向

Monthly Global Cathode & Li, Co, Ni, Mn Shipment Tracker

発行 SNE Research 商品コード 624221
出版日 年12回 年間契約型情報サービス ページ情報 英文
価格
本日の銀行送金レート: 1USD=111.44円で換算しております。
Back to Top
カソード、リチウム、コバルト、ニッケル、マンガンの世界月次出荷動向 Monthly Global Cathode & Li, Co, Ni, Mn Shipment Tracker
出版日: 年12回 年間契約型情報サービス ページ情報: 英文
概要

電気自動車に対する関心は、2017年以降急速に高まっています。市場規模も拡大を続けており、2016年の累計台数は284万台、2017年は370万台となっています。地域別では、政府の支援策の後押しを受けている中国が市場をリードしており、欧州と北米の市場でも活発な動きが見られるようになっています。 また、気候変動の問題に対応するため、二酸化炭素と細塵を削減するための国家政策を発表する国も増えています。米国、欧州諸国、中国、日本などの主要国は、世界的な取り組みの一環として、政府の政策に対応することができない企業を対象とした燃料効率の目標と評価基準を設定し、燃料効率の改善を促すなどの政策を積極的に推し進めています。世界のこのような市場環境が、電気自動車に対する需要の持続的な拡大を予期させる要因となっているのです。

当年間契約型情報サービスは、乗用電気自動車とその重要な部品である二次電池の世界的な販売情報を基に、電池用カソードと4種類の主要な原材料の需要と供給の月ごとの動向を分析することで、急速に進化し続ける業界と市場の最新の状況を明らかにするものです。また本サービスでは、35社のカソード材料供給企業の各自動車メーカーや車両モデルに対する月ごとの出荷量、および乗用電気自動車用電池のリチウム、コバルト、ニッケル、マンガンの含有量などに関する詳細な分析も提供します。

当サービスは、SNE Researchが独自に収集した乗用電気自動車と電池の出荷量に関する月次データに基づき、カソードと4種類の主要な電池材料の出荷動向を明らかにするものです。

当サービスの特徴

  • 電池用カソード材料および4種類の重要な原材料の毎月の売上記録を含む独自のデータベース
  • 電気自動車のモデル、電池用カソードの材料、リチウム、コバルト、ニッケル、マンガンの売上に関する世界67ヶ国で集められた2,700件以上のエントリーを含むデータベースを基にした市場分析レポートと分析ツール

調査範囲

  • 世界の乗用電気自動車市場:7大陸の67ヶ国
  • 世界の乗用電気自動車グループと自動車メーカー:自動車業界の42グループと乗用電気自動車メーカー94社
  • 世界の乗用電気自動車用電池供給企業:二次電池メーカー46社
  • 世界のカソード材料供給企業:35社
  • 電気自動車のタイプ:BEV、PHEV、HEV

提供方法

  • Excelピボットテーブルのレポート:多彩なデータベース分析が可能
  • 月の最終日に前月の調査結果を取りまとめて提供します。

分析結果の要約

  • データベースに蓄積された情報に基づく分析結果を以下のような形で簡潔にまとめます。
目次

Exclusive DB containing monthly sales record of battery cathode material and four essential raw materials

Market analysis report and analysis tool, based on the database including more than 2,700 entries collected across 67 countries, on electric vehicle models, battery cathode materials, lithium, cobalt, Nickel, Manganese sales

Since 2017, interest in electric vehicles has been multiplying. The electric vehicle market size grew to 2.84 million units in 2016 and 3.7 million units in 2017. By region, China is leading the market taking advantage of the government's supportive policies, and European and North American markets have seen increasingly active movements.

Furthermore, in response to climate change, an increasing number of countries have announced national policies to reduce carbon dioxide and fine dust generation. As part of the global efforts, major countries including the US, Europe, China, and Japan have been active in promoting fuel efficiency improvement by establishing fuel efficiency targets and measures for the companies which fail to comply with governments' policies. This global environment promises increasing and persistent demand for electric vehicles.

To stay ahead in this rapidly evolving industry and market, we analyze the monthly demand and supply trends of battery cathode and four major materials based on the global sales information on electric passenger vehicles and the secondary batteries which are the core components. This report provides a detailed analysis of the monthly shipments of 35 cathode material suppliers for each automaker and vehicle models, and lithium, cobalt, nickel and manganese contents in electric passenger vehicle batteries.

This is a report covering the cathode and four major battery material shipment trends based on the monthly electric passenger vehicle and battery shipment data collected exclusively by SNE Research.

Scope

  • Global electric passenger vehicles markets: 67 countries on 7 continents
  • Global electric passenger vehicle groups and automakers: 42 automobile groups and 94 electric passenger vehicle makers
  • Global battery suppliers for electric passenger vehicles: 46 secondary battery makers
  • Global cathode material suppliers: 35 suppliers
  • Electric vehicle types: BEV, PHEV, and HEV

Delivery Method

  • Excel pivot table report: allows various database analysis
  • Result of previous month would be collected and provided on the last day of the month

Analysis result summary

The results of analysis based on the results of DB aggregation are briefly summarized as follows

image1

image2

Back to Top