表紙:リチウムのコストモデル分析サービス - 精製
年間契約型情報サービス
商品コード
943905

リチウムのコストモデル分析サービス - 精製

Lithium: Cost Model Service - Refining

出版日: 年間契約型情報サービス | 発行: Roskill - A Wood Mackenzie Business | ページ情報: 英文

価格
詳細については [お見積] ボタンよりお問い合わせ下さい。
リチウムのコストモデル分析サービス - 精製
出版日: 年間契約型情報サービス
発行: Roskill - A Wood Mackenzie Business
ページ情報: 英文
担当者のコメント
リチウム製造におけるRefining(精製)段階のAll-in Sustaining Costをカバーしたデータベースサービスです。リチウム電池などの主要資源、リシア輝石(スポジューメン)からなるリチウムカーボネート及びヒドロキシド技術、バッテリーの精製段階の分析にフォーカスし、70以上の稼働中および建設中プラントが当サービスの対象になります。データは2010年から2040年までをカバーしております。まずはサービス概要(PDF)およびデータベースの構造(Excel)を送付いたしますので御問合せ下さい。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

自動車業界における世界的な電気自動車への移行に牽引され、リチウム市場は、今後10年間で2桁の需要拡大が見込まれる大転換期にあります。しかし、一部の電池原材料とは異なり、リチウムは希少性も地理的制約もなく、その結果、世界的にリチウム開発プロジェクト数とその種類が近年急速に増加しています。

当サービスは、鉱山業者、金融機関、政府、その他の業界関係者に、新たな鉱物資源の発見から電池グレードの材料の生産に至るまで、リチウムのサプライチェーンの詳細な情報を提供します。これらの情報は、既存の採掘事業、新規プロジェクト、下流の精錬所の評価とベンチマークを行う上で重要なツールとなります。このサービスには67の完全に原価が計算された事業を含まれており、さらに33の探鉱段階のプロジェクトも追跡調査しています。各コスト化モデルは、各鉱山の寿命を通じたディスカウントキャッシュフロー (DCF) 法による原価計算アプローチを採用しています。

VIDEO DEMONSTRATION

本サービスでは、リチウム精製部門のコスト構造、およびスポジュメンやその他の中間原料から電池グレードの炭酸リチウムと水酸化物を精製して生産するために必要な運転コストと資本支出の要件を深く掘り下げています。

サービスの内容と機能

精製炭酸リチウムと水酸化リチウム供給の概要が提供されます。

2030年までのプラント別の生産量と生産能力の分析を行い、ユーザーに精製リチウムの生産量を独自の粒度で予測する機能を提供します。

詳細なコスト分析は、原料費、労働費、電力・ユーティリティ費、燃料費、試薬費、その他の加工消耗品、廃棄物処理費、販売費、G&A費用などに分類されており、詳細なコストデータが含まれています。

プロジェクトの資本支出要件に関する情報が提供されます。

複雑な分析を素早く理解できるように、分析の概要をまとめたレポートが提供されます。

プロジェクトのベンチマークのための非常に貴重なカスタム費用曲線ツールおよびその他の分析が提供されています。

炭酸リチウムと水酸化物を製造するための様々なプロセスフローシートに関する洞察を含む技術資料が提供されます。

当サービスが提供する主な機能と情報

  • Roskill Interactiveからダウンロード可能なExcelベースのデータ
  • 四半期ごとのサービス更新
  • 当サービスの内容を中心とした議論のためのアナリストへのアクセス
  • コストサマリーレポート
目次

Driven by the global transition to electric vehicles, the lithium market is currently undergoing a major transformation with the prospect of double-digit demand growth over the next decade. However, unlike some battery raw materials, lithium is neither scarce or geographically restricted and as a result, the number and variety of global lithium development projects have grown rapidly in recent years.

The service currently contains 67 fully costed operations and development projects while also tracking an additional 33 exploration stage projects. Each costed model provides a Discounted Cash Flow costing approach over the Life of Mine of each operation.

SAMPLE VIEW

Lithium Cost Model Service - Refining

The refining model of the ‘Lithium Cost Model Service’ takes a deep-dive into the cost makeup of the lithium refining sector, and the operating cost and capital expenditure requirements for the production of refined battery-grade lithium carbonate and hydroxide from spodumene and other intermediate feedstocks.

VIDEO DEMONSTRATION

Service Contents & Capabilities

Overview of refined lithium carbonate and lithium hydroxide supply.

Plant-by-plant production and capacity analysis to 2030; providing the user with the capability of building their own granular forecasts for refined lithium output.

Detailed cost analysis, including extensive granular cost data, which is broken down by feedstock, labour, power & utilities, fuel, reagents, other processing consumables, waste disposal, selling and G&A costs.

Information on project capital expenditure requirements.

A summary report providing an overview of the analysis; allowing users to quickly digest the intricate analysis within the service.

Custom cost curve tools and analysis which are invaluable for project benchmarking.

Technical appendices giving an insight into the various processing flowsheets to produce lithium carbonate and hydroxide.

Subscription Includes:

  • Excel-based service, downloadable from Roskill Interactive
  • Quarterly service updates
  • Access to the analysts for discussion around the service's content
  • A cost summary report