株式会社グローバルインフォメーション
TEL: 044-952-0102
表紙
年間契約型情報サービス

情報管理

Information Management

発行 Ovum (TMT Intelligence, Informa) 商品コード 355822
出版日 年間契約型情報サービス ページ情報 英文
価格
詳細については [見積・お問合せ] ボタンよりお問い合わせ下さい。
Back to Top
情報管理 Information Management
出版日: 年間契約型情報サービス ページ情報: 英文
担当者のコメント
当サービスでは以下のトピック等を扱っています。ネットワーク、ソフトウェア、ウェブサービス、M2M、IT支出、ビッグデータ。
概要

サービス内容

<本レポートパッケージに含まれるサービス>

ご契約後1年間に随時追加・更新される「Analysis」「Data」「Opinion」の各サービス情報をOnlineで入手いただけます。
また、「Analysis」「Data」「Opinion」のいずれの内容についても、専門アナリストに直接質問することが可能です。
すべてのサービスを1週間無料で試せるトライアルサービスがございます。

image21
●特定テーマに関する専門アナリストによる分析レポートです。分析の際に用いられた関連データのダウンロードも可能です。

【取扱いテーマ例】

  • ItaItelが電気通信会社向けに提供するデータサイエンス・ソリューション
  • 各種法人向けソーシャルネットワーク・仮想化ソフトウェア・クラウドサービス等についてのSWOT分析評価
  • 英国における医療健康・社会的介護の電子記録への参加状況

image22
●各種市場データをExcel形式でご提供するサービスです。ダウンロードしたデータを自社の既存データ等と合わせて分析することによって、御社独自の分析が可能になります。

【取扱いテーマ例】

  • Ovum双方向型意思決定マトリクス:企業パフォーマンス管理
  • Ovum双方向型意思決定マトリクス:企業コンテンツマネジメント
  • Ovum双方向型意思決定マトリクス:ビジネスインテリジェンス

【データに含まれる内容】

  • 市場予測
  • 市場動向

image23
●最新のニュースやイベントに関するコラムです。記事内容について、専門アナリストの第三者見解を求めることが可能なだけでなく、執筆者に直接質問し記事内容の主旨や詳細見解を確認することも可能です。

【取扱いテーマ例】

  • ICT企業考察:政府投資における優先事項
  • 企業のデジタル転換達成について
  • ブロックチェーン編集による金融業界導入障壁撤廃

詳細

データ業界は発展的転換期の渦中にあります。ビジネス上の価値を持つ有効なデータの活用を行うため、データのユーザーおよびベンダーの双方にとって、技術ツールボックスの拡張や新たなユーザー要件、飛躍的に増大するデータソースの影響などを理解できるコンテンツ&アナリティクスソリューションが必要不可欠なものとなっています。

選択肢や導入オプションの幅が広がり続ける現在の買い手市場において、従来型ベンダーは多くの新規事業者の参入によって混乱に陥っています。見慣れない新たなデータソースの拡大に対応するため、拡張型データツールボックスを提供するなどしながら、市場は新たな段階へと足を踏み入れています。その中で、ビジネスバリューという点での企業への教育と、各種新技術の謎解き・解説への支援がかつてなく重要なものとなっています。

当サービスでは、充実した情報管理市場の市場規模実績・予測データおよびの企業の情報管理能力のベンチマーキングおよび成熟度モデリングを提供します。

市場評価のためのツール

  • ソフトウェア市場の予測 (年次更新):情報管理市場の5カ年成長予測 (産業部門・地域・機能別) を提供します。
  • 注目の動向:ビジネステクノロジーに関連する今後の重要な予測・動向に焦点を当てた当社自信の各種レポートを提供します。

image24

ターゲット市場特定のためのツール

  • Ovum Decision Matrix: 主要なエンタープライズ技術ソリューションの比較分析と個別のSWOT分析を提供します。最新の分析には、BIスイートやエンタープライズパフォーマンス管理ソリューションなどが含まれています。
  • Ovum Interactive Decision Matrix: ベンダーに競合情報を提供し、エンタープライズクライアントには各社の裁量で自由に加重し、個別の推奨が得られるインタラクティブモデルを提供します。
  • On the Radar:情報管理分野の新興ベンダーについて、簡潔な分析を提供します。
  • ICT Enterprise Insights:6,500名を超えるICT部門の意思決定者を対象に調査を行った結果から、ビジネス/ITの推進因子、投資の優先対象、選定基準、調達およびベンダーに関する好みなど、業界幹部らの見解・展望を提供します。
  • ケーススタディ:実際のソリューション導入事例から、各種提言、ベストプラクティス、アドバイスを提供します。

image25

image26

ビジネスで成功するための市場・企業分析ツール

  • ICT Sales Prospector:業界における潜在収益を分析し、詳細な企業情報を掲載した標的顧客リストを即座に生成することで、ベンダー各社のセールス部門を支援します。
  • ICT Spending Predictor:リストの構築、ターゲットの特定、シェアオブウォレットの評価を支援する詳細なICT支出プロファイルを提供します。
目次

“The consumerization of analytic technologies, best evidenced by advances in self-service capabilities, is likely to bring in the next multi-million users” Tom Pringle, Practice Leader.

Introduction

The world of data is undergoing a transformational evolution. For both users and vendors of data, content and analytics solutions understanding the implications of an expanded technology toolbox, new and emerging user requirements, and exponentially growing sources is critical to the successful exploitation of data for business value.

We are in a buyers' market, with breadth of choice and deployment options growing, traditional vendors are being disrupted by a raft of newer vendors. Offering an extended data toolbox to tackle the expansion in new and unfamiliar data sources, the market is entering a new phase; helping educate the enterprises and de-mystify new technologies - in terms of business value - is more important than ever.

What's new

  • Richer market sizing and forecast data for Information Management through 2020.
  • Enterprise benchmarking and maturity model for Information Management capabilities

How we help

Assess the opportunity

  • Software Market Forecasts. A five-year view on growth in the information management market, segmented by vertical, region, and function, and updated annually.
  • Trends to Watch. Signature reports highlighting the key predictions and trends in business technology for the year ahead.

Target the market

  • Ovum Decision Matrix. Comparative evaluation of the leading enterprise technology solutions, accompanied by individual SWOT assessments. Recent evaluations have included BI suites and enterprise performance management solutions.
  • Ovum Interactive Decision Matrix. Interactive models providing competitive intelligence for vendors, and enabling enterprise clients to weight their own criteria and generate a personalized recommendation.
  • On the Radar. Brief assessments of emerging vendors in the information management market.
  • ICT Enterprise Insights. Survey of over 6,500 ICT decision-makers, providing executive perspectives on business/IT drivers, investment priorities, selection criteria, sourcing and vendor preferences.
  • Case studies. Recommendations, best practice, and advice from real-world solution deployments.

Compete to win business

  • ICT Sales Prospector. Helps vendor sales teams to assess industry revenue potential, and quickly create targeted lists with detailed company information.
  • ICT Spending Predictor. Provides detailed ICT spending profiles to assist with list building, target identification, and share-of-wallet assessment.

Key topics

1. Exploratory analytics is the beginning of the end

Governed discovery, accessed using visual analytics and a blurring divide between big and small data heralds the evolutionary end-point of the BI-era and the first steps toward data democracy. As new exploratory analytics tools arrive, the long-held promise of data-driven decision making will start to become reality.

2. An elastic architecture for data and content is the future

Data's scale, type and velocity is highly variable, as are the ways businesses use it - an approach to accommodate historical requirements while being prepared to scale and change for an unpredictable future is required. Technology is not the only piece of the puzzle, a fresh approach to the process and policies that govern information's management and use is necessary.

3. Cloud becomes the default home for data

The advantages of cloud directly reflect the demands of data and getting over issues like data security and sovereignty is only a matter of time. Where data is born in the cloud as an ever-growing percentage of business applications and workloads move, rethinking where analysis is conducted is also becoming a necessity.

4. How can enterprises make data pay?

Data has to justify its existence, from data markets to analytical input the hunt to convert data into quantifiable value has only just begun in earnest. Enterprises and vendors alike must, however, pay equal attention to how that data is exploited - issues of privacy and appropriate use are playing a greater role in defining successful strategies.

Back to Top