株式会社グローバルインフォメーション
TEL: 044-952-0102
年間契約型情報サービス

デジタル音楽市場

Music

発行 Ovum (TMT Intelligence, Informa) 商品コード 355818
出版日 年間契約型情報サービス ページ情報 英文
価格
詳細については [見積・お問合せ] ボタンよりお問い合わせ下さい。
Back to Top
デジタル音楽市場 Music
出版日: 年間契約型情報サービス ページ情報: 英文
担当者のコメント
当サービスでは以下のトピック等を扱っています。市場シェア、デジタル音楽サービス革命、ライセンシング及び公正な報酬、新興音楽市場。
概要

サービス内容

<本レポートパッケージに含まれるサービス>

ご契約後1年間に随時追加・更新される「Analysis」「Data」「Opinion」の各サービス情報をOnlineで入手いただけます。
また、「Analysis」「Data」「Opinion」のいずれの内容についても、専門アナリストに直接質問することが可能です。
すべてのサービスを1週間無料で試せるトライアルサービスがございます。

特定テーマに関する専門アナリストによる分析レポートです。分析の際に用いられた関連データのダウンロードも可能です。

【取扱いテーマ例】

  • -音楽統計分析
  • -フランスにおけるレコード音楽商品売上の年成長
  • -音楽マーケティングの新たな競争市場としてのメッセージング


各種市場データをExcel形式でご提供するサービスです。ダウンロードしたデータを自社の既存データ等と合わせて分析することによって、御社独自の分析が可能になります。

【取扱いテーマ例】

  • -Ovum IT・メディア・テレコム市場予測データ
  • -レコード音楽小売り売上予測データ
  • -アベイラビリティ解析:デジタル音楽サービス

【データに含まれる内容】

  • 市場予測
  • 市場動向


最新のニュースやイベントに関するコラムです。記事内容について、専門アナリストの第三者見解を求めることが可能なだけでなく、執筆者に直接質問し記事内容の主旨や詳細見解を確認することも可能です。

【取扱いテーマ例】

  • - NetflixとAmazon Videoの多様化された運命
  • -Snapchatのウェアラブル戦略
  • -人工知能スピーカー”Amazon Echo”のEU市場投入に見られるAmazon社AI戦略

詳細

レコーデッドミュージック市場は所有権から離れてアクセス権へと急速に進んでおり、レコード会社にとってSpotify やDeezerなどは、AppleのiTunesに代わるデジタルミュージックの主要な収益源となりつつあります。技術ベンダーおよびサービスプロバイダーは、現在のレコーデッドミュージック産業の一端を担うことを考える際、多種多様な要件に直面します。

当サービスは、音楽業界における各市場の仕組みの理解、レコーデッドミュージックの製造、販売および流通、パフォーマー、プロデューサー、作者および出版社の著作権管理についての考察、ライブパフォーマンス市場の仕組みなどの情報を提供します。

What's new

  • ライブミュージックのKPI
  • エンハンストレコーデッドミュージックの予測
  • 通信とミュージックサービスのバンドリングデータセット
  • ミュージック産業バリューチェーンの発展と予測

主なトピック

  • 市場シェアおよび統合
    • レコーデッドミュージック産業における統合によって、大手レコード会社の数はわずか3社にまで減少しました。デジタルミュージック市場の成功にとって不可欠なことは、大手とのライセンス契約と同様、広告によって支えられるサポートサービスであり、ビジネスモデルは大きな利益を生み出すための強い圧力にさらされています。
  • ライブミュージックの統合
    • ライブミュージックプロモーションは、少数の大手プロモーターがミュージック産業の価値ある市場の大部分を掌握することを目的として、統合が進んでいます。これらの一流プロモーター間の競合は既に激化しており、2016年はさらに強まる見込みです。
  • デジタルミュージックサービス革命
    • レコーデッドミュージック産業は所有権ベースの市場からアクセス権ベースの市場へと変化しています。本調査ではミュージックアクセス市場における主要企業の動き、ならびに「画一的な」サブスクリプションモデルから脱却する方法について、分析しています。
  • ライセンシングおよび公正な報酬
    • ミュージック著作権のライセンシングおよびレコーデッドミュージックの売上・サービス収益の公平な共有は、本調査の一貫した特徴となります。著作権支払いの透明性に加え、レコード会社、ミュージック出版社、作者およびアーティスト間での分割は、デジタルミュージック市場が発展を続けていることから、ますます監視下に置かれると見られます。
  • 新興ミュージック市場
    • 多くの先進ミュージック市場の成長はごく僅かなものであり、レコード会社は収益を押し上げるため、いわゆる新興市場に目を向けています。
    • アジアの2大国、中国とインドは先頭に立つことが見込まれますが、大陸全域でデジタルミュージックサービスが既に登録が成功しているため、アフリカもミュージック企業の利益に大きな役割を果たすと予測されています。

目次

Technology vendors and service providers are now faced with a very different set of requirements if they want to be part of today's recorded music industry.

2016 sees a very different set of requirements

The recorded music sector is evolving at a rapid pace away from ownership to access and the likes of Spotify and Deezer replacing Apple's iTunes as the main source of digital music revenue for record companies.

Technology vendors and service providers are now faced with very different requirements if they want to be part of today's recorded music industry.

How can our research help?

  • Understand how the different sectors of the industry work:
  • Production, sale and distribution of recorded music
  • Insights into rights management for performers, producers, authors and publishers
  • The workings of the live performance sector.

What's new

  • Live music KPIs
  • Enhanced recorded music forecasts
  • Telecom and music service bundling dataset
  • Music industry value chain evolution and forecasts

Key topics

1. Market shares and consolidation

Consolidation in the recorded music industry has reduced the number of major record companies to just three. Essential to the success of the digital music sector are licensing deals with the majors as well as their support for services that are supported by advertising, a business model that is coming under increased pressure to generate meaningful returns.

2. Live music consolidation

Live music promotion continues to consolidate, with a small number of larger promoters increasing their grip on the music industry's most valuable sector. Competition between these big name promoters is already intense and is set to increase further in 2016.

3. Digital music service evolution

The recorded music industry is changing from an ownership-based sector to one based on access. We'll analyze how the main players in the music access sector are performing, as well as how they can move away from their "one-payment-fits-all" subscription model.

4. Licensing and fair remuneration

The licensing of music rights and the equitable sharing of revenue from recorded music sales and services will be a constant feature of our research. In addition to transparency of rights payments, the split between record companies, music publishers, authors and artists will come under ever increasing scrutiny as the digital music sector continues to evolve at pace.

5. Emerging music markets

With only marginal growth forecast for many of the developed music markets, record companies are looking to the so-called emerging markets to boost revenue.

Asia's big two, China and India, will lead the charge, but Africa is also set to play a bigger part in music company fortunes, with digital music services across the continent already registering success.

Back to Top