株式会社グローバルインフォメーション
TEL: 044-952-0102
年間契約型情報サービス

世界のTV市場

TV

発行 Ovum (TMT Intelligence, Informa) 商品コード 355817
出版日 年間契約型情報サービス ページ情報 英文
価格
詳細については [見積・お問合せ] ボタンよりお問い合わせ下さい。
Back to Top
世界のTV市場 TV
出版日: 年間契約型情報サービス ページ情報: 英文
担当者のコメント
当サービスでは以下のトピック等を扱っています。固定・モバイルデータ、コンテンツバンドリング、モバイルビジュアルエンターテインメント、OTT。
概要

サービス内容

<本レポートパッケージに含まれるサービス>

ご契約後1年間に随時追加・更新される「Analysis」「Data」「Opinion」の各サービス情報をOnlineで入手いただけます。
また、「Analysis」「Data」「Opinion」のいずれの内容についても、専門アナリストに直接質問することが可能です。
すべてのサービスを1週間無料で試せるトライアルサービスがございます。

特定テーマに関する専門アナリストによる分析レポートです。分析の際に用いられた関連データのダウンロードも可能です。

【取扱いテーマ例】

  • -世界各国のテレビ市場動向
  • -米国におけるテレビ・OTT視聴傾向の変遷
  • -消費者向けIoTのベストプラクティス


各種市場データをExcel形式でご提供するサービスです。ダウンロードしたデータを自社の既存データ等と合わせて分析することによって、御社独自の分析が可能になります。

【取扱いテーマ例】

  • -Ovum IT・メディア・テレコム市場予測データ
  • -電気通信テレビ業界動向予測
  • -SVODサービスプロバイダー市場シェア予測データ(地域別)

【データに含まれる内容】

  • 市場予測
  • 市場動向


最新のニュースやイベントに関するコラムです。記事内容について、専門アナリストの第三者見解を求めることが可能なだけでなく、執筆者に直接質問し記事内容の主旨や詳細見解を確認することも可能です。

【取扱いテーマ例】

  • -大国の政治動向がメディア業界に与える影響
  • -M&Aに続く、情報事業者系テレビ放送の要である組織拡張
  • -自社の強みを生かしてApple・Amazon・Netflix・Teslaと競合する、LeEcoの対アメリカ製品戦略

詳細

当サービスは、世界154市場におけるテレビおよびビデオの新規/既存プラットフォーム上での販売、配信および消費される仕組みを理解し、また、視聴者の態度、エンターテインメントおよび技術市場において、急速な変化から生じる新たな収益機会の発見に役立ちます。

What's new

  • SlingTV や PlayStation Vueなど、リニアOTTサービスの新たなセグメント
  • SVODサービスプロバイダーの分析:Amazon Prime Videoの加入数・収益の測定と予測
  • 30ヶ国におけるSVODサービスの収益分析

主なトピック

  • 固定・モバイルデータおよびコンテンツバンドリング
    • OTTサービスの開始は、コンテンツ・チャンネル所有者が視聴者に対する直接のルートを探しており、加速しています - もし成功のチャンスが非常に低くても、有料TV配信料の交渉を有利に進める切り札として利用できると考えられています。
  • モバイルビジュアルエンターテインメント
    • スタートでのつまずきが多いと、慎重になるのも無理はありません。しかし、4G・LTEネットワークに対するエクスペリエンスの改善、ビデオに適した大型スクリーンを備えた端末の普及、ならびにサプライサイドの継続的な改善は、楽観的になる理由を与えています。
  • OTTはリニアへオンデマンドを追加
    • OTTサービスはこれまでのところ、オンデマンドのエクスペリエンスに重点を置いていますが、2015年はTV中心の (スキニー) チャンネルバンドルに基づいた、数多くのリニアOTTサービスの開始が目につきました。
  • UHDチャンネルの開始
    • 4Kコンテンツの可用性は加速しており、2016年はオンデマンドSVODからリニアチャンネルへと進化するUHDエクスペリエンスが期待されています。UHDは高ARPUのTVサービスにとって重要な差別化因子となるでしょう。スポーツ・映画ファンは最初に対応される見込みです。
  • ブロードキャスターの賭け:進むべきか、留まるべきか?
    • 2016年はブロードキャスターにとって極めて重要な年となるでしょう:従来のTVとオンラインの結びつきを超え、広告収益の減少と急速に変化する視聴者習慣は、多くの自己分析を促しています。今こそチャンネル所有者にとって利用可能な戦略オプションを精査するチャンスです。

目次

The TV and video supply chain is migrating to a cloud-based, SaaS model.

TV and video supply chain migrates to cloud, SaaS model

This is a result of media businesses chasing flexibility and rapid and cheap deployments to keep up with quickly evolving audience habits and service provider business models. Vendors have to decide what their value propositions are and ensure that viable investment cases can be built on the solutions they are offering.

As companies increasingly bundle and aggregate content and services, they will likely respond positively to vendors with technology that addresses the myriad challenges they face. Including managing upwards of three separate business lines that were, only a few years ago, almost completely siloed.

How can our research help?

  • Understand how TV and video are sold, distributed and consumed on new/existing platforms - 154 global markets
  • Discover new revenue opportunities arising from rapid changes in audience behavior, entertainment and technology markets.

What's new

  • New segmentation of linear OTT services such as SlingTV and PlayStation Vue
  • SVOD service provider analysis: sizing and forecasting Amazon Prime Video subs and revenues
  • Revenue analysis for SVOD services in 30 countries

Key topics

1. Fixed and mobile data and content bundling

OTT service launches are accelerating as content and channel owners seek a direct route to the audience - even if the chances of success are so low for some that one can only assume they are being used as negotiating chips in pay-TV carriage negotiations.

There will be consolidation and closures and also a rush to work with distributors that can help build audiences by bundling OTT services with fixed and mobile data deals. More comprehensive levels of aggregation are available to ambitious and enlightened CSPs.

2. Mobile visual entertainment

So many false starts makes us understandably cautious. However, the improved experience on 4G and LTE networks, the prevalence of handsets with larger screens suited to video, and ongoing improvement on the supply side gives cause for optimism.

LTE Broadcast and initiatives such as Verizon's go90 and T-Mobile's Binge On offer glimpses of a brighter future.

3. OTT adds linear to on-demand

OTT services have thus far focused on the on-demand experience, but 2015 saw the launch of a number of linear OTT services based on TV-centric ("skinny") channel bundles.

4. UHD channel launches

4K content availability is accelerating, and we expect the UHD experience to evolve from on-demand SVOD to linear channels in 2016. UHD will be an important differentiator for high-ARPU TV services. Sports and movie fans will likely be the first to be addressed.

5. Broadcaster hold 'em: stick or twist?

2016 will be a pivotal year for broadcasters: straddling the nexus between traditional TV and online, declining ad revenues and fast-changing audience habits have prompted much soul searching. Now is the time for detailed examination of the strategic options available to channel owners.

Back to Top