特集 : 国別レポートが13,000件から検索可能になりました!

特集 : 海外市場の委託調査がセミカスタムベースでお手軽にできます

株式会社グローバルインフォメーション
表紙
年間契約型情報サービス
商品コード
231107

FTTxとギガビット社会

FTTx & Gigabit Society - Market Intelligence

出版日: 年間契約型情報サービス | 発行: IDATE DigiWorld | ページ情報: 英文

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=106.41円
FTTxとギガビット社会
出版日: 年間契約型情報サービス
発行: IDATE DigiWorld
ページ情報: 英文
担当者のコメント
当年間情報サービスでは、世界のFTTx市場の最新動向について分析しております。また世界の主要5地域/70ヵ国における加入者数・回線敷設済み世帯数など各種データの推移と予測もございます。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

「電話会社とケーブルサービス会社の最終目標はファイバーをエンドユーザーにより近づけることですが、運用ローペースやシステムをどうやって収益化させるのか、といったビジネスモデルに関して多くの疑問が残っています。 完全なFTTH運用のロードマップはG.Fastや5G WTTxのようなテクノロジーに影響を受けるのか?電話会社とケーブルサービス会社の投資収益を得るに十分な価値創成のチャンスを公共団体が定義したギガビット社会目標が集められるのか」 IDATE DigiWorldメディア・テレコム事業担当責任者、jean-Luc Lemmens

当年間情報サービスは、年2回のアップデートを通じ世界各地でロールアウトされるFTTxサービスの動向を追跡しているユニークなデータベースを利用した総合的なソリューションです。

【調査対象となる主なテーマ】

  • 新興国においてFTTxは高速無線テクノロジーと競争できるのか。
  • FTTHネットワークを収益化するために使っている新しいビジネスモデルは何か。
  • G.Fastの運用はFTTHネットワークの運用に影響を及ぼすのか。
  • 新しいFTTHネットワークはコンバージェントサービスの開発を促進しているのか。
  • 政府や地域組織は拡大しつつあるFTTHネットワークでどのような役割を演じるべきか。
  • ブロードバンドネットワーク向けの供給モデルはギガビット社会の確立で影響を受けたのか。
  • IDATE社が40年にわたって蓄積した専門知識や最新の予測を一年間に渡り、ご利用頂けます。
  • また、ご契約期間中は、本テーマの専門アナリストからのサポート(3時間/1年間)も付いています。

含まれるデータベース

  • 70カ国・150以上のキャリア
  • 中東・北アフリカ地域、サブサハラアフリカ、アジア太平洋地域、欧州、ラテンアメリカ、北米
  • ユニークなボトムアップアプローチ
  • 各アーキテクチャ (FTTH/B, FTTx/VDSL, FTTx/DOCSIS 3.x) データのリアルタイム更新
  • 加入者およびホームズ・パスト (既に回線が通っている家庭) と収益
  • 技術、ネットワークアーキテクチャ
  • キャリア別の超高速ブロードバンドの投入計画と主要指標 (加入者数, ホームズ・パスト、CAPEX、ベンダー、技術など)

調査対象国

チャネル/プレーヤー(一部抜粋)

追加サービス(オプション)

  • ウェビナー
  • ワークショップ
  • 委託調査

レポートやデータをより便利に、フレキシブルにご活用頂けます。

  •  
  •  
  • Export>> 図表、グラフ等を抽出
  • Create>> 必要な情報をカスタマイズ


IDATE DigiWorldの専門知識に信頼を寄せる多国籍企業は100社を超えています。

本年間契約型情報サービスのクライアントには次のような企業が含まれています。

年間6本以上のレポートを発行

目次

Our key strengths

World FTTxMarkets database

Markets at June 2019 & Forecasts to 2023

National Regulation for FTTH/B & government initiatives

  • ENACOM is the Regulator that is in charge of providing rules on the telecom field.
  • No specific regulation on FTTx was found in Argentina but according to some operators, there are some municipal obstacles to deploy fibre projects in the country in order

2010:

The Argentinian government announced the launch of a national broadband programme called "Argentina Conectada" which aimed to expand the Argentinian broadband as an objective) and to give access to free digital TV in rural areas. This programme included the deployment of a national backbone of fibre (10,000 km) and a federal fibre

2014:

Argentina's Chamber of Deputies launched a new telecom project called "Argentina Digital".

2015:

  • May: the new telecom regulator "AFTIC" was created
  • December: More than 30,000km of fibre from the programme "Argentina Digital" were deployed along the 23 provinces. In addition, the AFTIC was merged with the AFCS Audiovisual), the national authority in charge of the audiovisual communication services sector in order to create the unified authority "ENACOM" (standing for Ente Nacional

2016:

  • August: an agreement was signed between the regulator ENACOM and ARSAT in order to improve the Federal Fibre Network (REFEFO) and to create 120 distribution Open Access Network in 3 phases of 120 days each one, so it is estimated to be accomplished by the end of 2017. Currently ARSAT has 33,000Km of optic fibre.

2017:

  • ENACOM as the government entity has invested around US$ 206 million in the REFERO in order to boost the fiber deployment along the country.

2018:

  • May the government announced that 2 million homes should be passed for VHBB services. The ISP association announced that 1 million homes coud be passed for FTTH
  • It is estimated that the national fiber backbone deployed by REFEFO has reached 29.000 km from the 58.000 km initially planned.

Fromnetwork virtualisation to 5G slicing

FixedWireless Access

Public-private partnerships for the development of NGA networks in Europe

Synopsis & extract

This report examines national FTTH public policies by taking a detailed look at nine countries: Croatia, France, Germany, Ireland, Italy, Portugal, Spain, Sweden and the UK.

It is structured in two parts, providing:

Monographs for each country, describing the (demographic, technological) situation in each, details on the current programme (objectives, regulatory measures, financial support), the technologies used, governance and monitoring tools.

A synthesis that provides:

  • Analysis of the status of national programmes, set against the objectives of the Digital Agenda for Europe(DAE) and the progression of coverage rates;
  • A description of the different support mechanisms provided by the national programmes, and the latest news on each programme;
  • A local operator's perspective on their country's national programme.

The Croatian Model

Operators Interviewed

株式会社グローバルインフォメーション
© Copyright 1996-2020, Global Information, Inc. All rights reserved.