表紙
年間契約型情報サービス

Petroleum Economist

発行 Euromoney Institutional Investor 商品コード 252833
出版日 年10回 年間契約型情報サービス ページ情報 英文
価格
本日の銀行送金レート: 1USD=106.71円で換算しております。
Back to Top
Petroleum Economist Petroleum Economist
出版日: 年10回 年間契約型情報サービス ページ情報: 英文
概要

Petroleum Economistは有数の国際的エネルギー雑誌です。他に類を見ない編集の信憑性、調査範囲および明確さにより、世界のエネルギー産業全体で広く読まれています。同誌は詳細な各国レポートおよびエネルギー産業に関連したマクロ経済的・地政学的イベントの詳細分析で有名です。シニアエグゼクティブ、政策立案者およびそのアドバイザーに読まれています。

当年間情報サービスは、世界のエネルギー産業に影響を及ぼすイベントおよび動向について独自の分析を提供し、発展とそれらが産業・ビジネスに及ぼし得る影響についての詳細分析を提供するPetroleum Economistをお届けするものです。

本サービスの特徴

  • 毎月少なくとも1カ国の詳細なカントリーレポートを含む、アップストリーム、ミッドストリームおよびダウンストリームの石油・ガス産業における中長期的動向の分析
  • セクションにフォーカスした、最新の企業探査・開発、精製、市場および法的問題についてのレビュー
  • ニュース要約:発見、アライアンス、ジョイントベンチャー、発表および先月の業績を対象とした世界のエネルギーニュースの要約。最新の発展動向に精通するための非常に有益なツール。

Petroleum Economistの読者

  • 世界有数のエネルギー・電力企業のシニアメンバー
  • 世界トップの会計事務所のエネルギー担当チーム
  • 主要国際銀行の投資銀行家およびアナリスト
  • 世界の主たる法律事務所におけるエネルギーパートナー
  • 100以上の政府機関における上級公務員
  • オフショアサービス企業
  • エンジニアリングコンサルタント企業・請負業者

最も読まれている記事

  • John Browne:石油産業を変えた人物
  • Pembina:厳格だが公正な規制がオイルサンド革新を支える
  • 南スーダンはケニアへの石油パイプラインを構想
  • 米国は最初のポストマコンド鉱区借用権売出しコストを値上げ
  • アジアのLNG物価指数は好転
目次

For close to 80 years, Petroleum Economist has been the publication of choice for the energy industry.

Delivering incisive, authoritative and independent analysis and opinion on the events, people and players shaping the global industry - Petroleum Economist is the single publication industry decision-makers won't do business without.

What do you get?

  • 12 months access to online and print editions
  • Online access to the Petroleum Economist archive, dating back to January 1999
  • A copy of the latest maps from our dedicated cartographic department, as they are published (worth £245/$465 each)
  • Regular email newsletters alerting you to the latest news, analysis and opinion published on Petroleum-Economist.com

Readers of Petroleum Economist:

  • Senior members of the world's leading energy and power companies
  • Energy teams in the top global accountancy firms
  • Investment bankers and analysts in the leading international banks
  • Energy partners in the world's principal law firms
  • Senior civil servants in over 100 government agencies
  • Offshore service companies
  • Engineering consultancies and contractors
Back to Top