年間契約型情報サービス

欧州の固定ブロードバンド市場

Fixed Broadband and Multi-Play

発行 Analysys Mason 商品コード 82178
出版日 年間契約型情報サービス ページ情報 英文 Subscription Program
価格
本日の銀行送金レート: 1USD=106.12円で換算しております。
Back to Top
欧州の固定ブロードバンド市場 Fixed Broadband and Multi-Play
出版日: 年間契約型情報サービス ページ情報: 英文 Subscription Program
概要

固定ブロードバンドサービスの市場は、先進国で飽和化が進む一方、新興国では伸び悩んでいます。この市場で利益を確保しながらシェアを維持、拡大したいと考えている企業にとって、通信事業者、ケーブル事業者、通信関連およびメディア関連の企業が打ち出している製品や価格設定、バンドリングに関する戦略は、極めて重要な意味を持っています。

Analysys Mason が提供するこの年間契約型情報サービスは、固定ブロードバンドと有料テレビサービスの市場におけるビジネスチャンスを最大限生かしていくうえで重要な意味を持つ問題を認識し、理解するための一助となります。

  • マルチプレイサービス戦略:固定、メディア、モバイルなどのサービスをバンドリングした場合、通信サービスの価格のポジショニングは極めて困難になります。本情報サービスでは、予測、ベストプラクティスのケーススタディ、料金プランのベンチマークを通じて、複数のサービスをバンドリングする際の選択肢とその影響を明らかにします
  • 顧客の維持と満足度:顧客の満足度を高める要因、離反率を適正なレベルに保つための戦略、先進国の市場で得られたベストプラクティスの事例などを紹介します
  • デジタルホームのエコシステム:バリューチェーン全体を俯瞰してビジネスチャンスや提携戦略などを分析するとともに、収益拡大のためのシナリオを示します
  • 次世代アクセス(NGA)サービス:NGAへの需要を喚起し、すくい上げ、収益を確保するための方策、サービスプロバイダーの戦略、新たなサービスの商品化などについて考えます

本サービスの詳細

一般的な12ヶ月間の契約で提供されるサービス

  • 戦略的な影響についてのレポートと定期的に発行される市場解説:固定ブロードバンドや有料テレビ/メディアサービス市場の発展と技術革新に向けた戦略についての詳細なレポート、および定期的に発行される市場解説を通じてオピニオンリーダーとしての識見を蓄積することができます
  • 固定ブロードバンド、固定音声、有料テレビサービスの重要業績評価指標(KPI)に関する向こう5年間の予測:世界各地域の固定通信サービス市場の予測、および欧州30ヶ国の固定ブロードバンド、固定音声、有料テレビサービス市場に関する詳細な予測、接続件数、月間通信事業収入、売上高、アクセス技術を含めたKPIの予測データなどを提供します
  • 市場シェアと価格の追跡調査:マルチプレイサービスの料金に関するベンチマーク評価を通じて、欧州にある50以上の有力な通信事業者が消費者向けに提供しているデジタル加入者回線(DSL)、ケーブルモデム、FTTBベースの住宅用マルチプレイサービスなどを追跡し、分析するもので、市場に参入している企業が自社の業績や成果を評価するために活用することができます。また、60ヶ国の通信事業者が提供するブロードバンドサービスの加入者数、アクセス技術、市場シェアなどに関する最新のデータも四半期ごとに提供します
  • 消費者向けネットワーク接続サービスのエンドユーザーに関する調査レポート:6ヶ国(欧州と北米)のエンドユーザー6,000人を対象に年1回実施する調査のレポートであり、ブロードバンドや動画サービスの利用状況、支出額、消費者としての意識などが明らかになります
  • 専門アナリストによる対応:本サービスのテーマに精通した専門のアナリストやオピニオンリーダーが時間無制限で対応することになっており、調査に関するさまざまな質問への回答とともに、補足的な見解や意見を聞くことができます

本サービスの特徴

  • マルチプレイサービス戦略:固定、メディア、モバイルなどのサービスをバンドリングした場合、通信サービスの価格のポジショニングは極めて困難になります。本情報サービスでは、予測、ベストプラクティスのケーススタディ、料金プランのベンチマークを通じて、複数のサービスをバンドリングする際の選択肢とその影響を明らかにします
  • 顧客の維持と満足度:顧客の満足度を高める要因、離反率を適正なレベルに保つための戦略、先進国の市場で得られたベストプラクティスの事例などを紹介します
  • デジタルホームのエコシステム:バリューチェーン全体を俯瞰してビジネスチャンスや提携戦略などを分析するとともに、収益拡大のためのシナリオを示します
  • 次世代アクセス(NGA)サービス:NGAへの需要を喚起し、すくい上げ、収益を確保するための方策、サービスプロバイダーの戦略、新たなサービスの商品化などについて考えます

本サービスで提供される成果物

成果物のタイプ発行回数(12ヶ月間)
レポート
予測、定量的モデリング、調査レポート、および重要なトピックについての詳細な分析
4回
ビューポイント
業界が直面する個別の問題に焦点を絞り込んだ分析(ベストプラクティスのケーススタディ、革新的なビジネスモデル、各種サービスの予測、技術面のトレンド)
5〜7回
解説
業界の最新動向に関する十分な情報に裏打ちされた見解
7〜8回
追跡データ:KPIに対応するこれまでの市場データ
  • マルチプレイサービスの料金設定に関するベンチマーク評価(年2回発行)
  • 固定ブロードバンドの加入者と回線についてのデータ(四半期ごとに発行)

2回、4回

予測

Analysys Masonが提供する欧州の固定ブロードバンドとマルチプレイサービスに関するこの調査プログラムは、世界8地域の向こう5年間の予測に加え、欧州の30ヶ国で提供されている有料テレビ、固定音声、固定ブロードバンドサービスに関する詳細な予測も提供します。

固定ブロードバンドサービスの接続件数と小売販売の収益

  • 住宅向けと事業所向けに分類したデータ
  • アクセス技術(DSL、ケーブルモデル、住宅用FTTBなど)別に分類したデータ
  • 小売収益とサイトあたりの平均支出額

固定音声接続

  • 接続件数
  • 接続1回あたりの支出額
  • 月間通信事業収入(ARPU)
  • トラフィックの発信時間
  • 1分あたりの支出額

固定ブロードバンドの普及状況

  • 住宅向けと事業所向けに分類したデータ

有料テレビサービスについての評価指標(欧州18ヶ国)

  • 加入者数
  • 収益とサイトあたりの平均支出額
  • プラットフォーム別のデータ−アナログ、デジタルケーブル、IPTV、有料地上デジタル放送、衛星放送

マルチプレイサービスのバンドル(欧州9ヶ国)

  • 固定音声、有料テレビ、モバイル音声、モバイルブロードバンドを含む固定ブロードバンドベースのダブルプレイ、トリプルプレイ、クアドラプルプレイ、クイントプルプレイのサービス
  • 固定通信と移動体通信をバンドルしたサービスの普及
  • バンドルに含めることが可能な固定通信サービスの家庭への普及状況
  • 固定ブロードバンドにバンドルされたサービスの収益獲得単位数(RGU)の動き

追跡調査

Analysys Mason が提供するこの調査プログラムでは、過去と現在の市場データが提供されます。

  • 固定ブロードバンドの小売市場に関する追跡調査は、世界60ヶ国の主なブロードバンドサービスプロバイダーを網羅するもので、固定ブロードバンド回線に関する最新のデータや市場シェアをアクセス技術やサービスプロバイダー別にまとめて提供するほか、欧州30ヶ国の固定音声チャンネル(ナローバンド、VoIP、ケーブル)、トラフィック、支出額(アクセス、通話、固定回線1分あたりの平均)、月間通信事業収入などに関係する指標も提供します。対象となるのは、下記のリストに含まれている国々であり、データは四半期ごとに更新されます。
  • 欧州22 ヶ国の50 社以上の有力な通信事業者が消費者向けに提供しているDLS、ケーブルモデム、FTTBベースの住宅用マルチプレイサービスの料金設定に関するベンチマーク評価レポートが年2回発行されます。

本サービスが網羅する国と地域

本年間情報サービスの調査プログラムでは、以下の8地域の市場に関する向こう5年間の予測データが提供されます。

  • 北米
  • 西欧
  • 中東欧
  • アジア太平洋地域の先進国
  • アジア太平洋地域の新興国
  • 南米
  • 中東と北アフリカ
  • サハラ以南のアフリカ

本サービスで提供される固定ブロードバンドサービスと固定音声サービスの国レベルの予測は、以下の表に太文字で記載された国々に関するものです。また有料テレビサービスについては、(*)が付いている国の予測、およびバルト海沿岸、北欧、西欧、中東欧の残りの国々に関する地域レベルの予測となります。

  • オーストラリア
  • オーストリア
  • バーレーン
  • ベルギー
  • ブラジル
  • ブルガリア*
  • カナダ
  • 中国
  • クロアチア
  • キプロス
  • チェコ共和国*
  • デンマーク
  • エジプト
  • エストニア
  • フィンランド
  • フランス*
  • ドイツ*
  • ギリシャ
  • ハンガリー*
  • アイスランド
  • インド
  • アイルランド
  • イスラエル
  • イタリア*
  • 日本
  • ヨルダン
  • ラトビア
  • リトアニア
  • ルクセンブルク
  • マルタ
  • メキシコ
  • モンテネグロ
  • モロッコ
  • オランダ*
  • ニュージーランド
  • ノルウェー
  • オマーン
  • ポーランド*
  • ポルトガル
  • カタール
  • ルーマニア*
  • ロシア*
  • サウジアラビア
  • セルビア
  • スロバキア
  • スロベニア
  • 南アフリカ
  • 韓国
  • スペイン*
  • スウェーデン
  • スイス
  • 台湾
  • チュニジア
  • トルコ*
  • ウクライナ*
  • アラブ首長国連邦
  • 英国
  • 米国
  • イエメン

目次

The fixed broadband market is saturating in developed markets, and growth in emerging markets is limited. Product, pricing and bundling strategies for telcos, cablecos, and other communications and media players are absolutely critical for organisations looking to retain and increase their share of the market, while continuing to protect margins.

To make the most of fixed broadband and pay-TV opportunities, Analysys Mason's Fixed Broadband and Multi-Play research programme helps market players to qualify and understand:

  • multi-play strategies: the bundling of fixed, media and mobile services adds significant complexity to the price-positioning of telecoms services; through forecasts, best-practice case studies and tariff benchmarks, we qualify the options and impact of multi-play bundling
  • customer retention and satisfaction: drivers for customer satisfaction, strategies to optimise churn and best-practice examples from developed markets
  • the digital home ecosystem: opportunities and partnering strategies across the value chain and revenue growth scenarios
  • next-generation access (NGA) services: driving demand, take-up and returns for NGA, service provider strategies and productising new services.

Market commentary by lead analyst

“Traditional fixed broadband, pay-TV and fixed voice services face saturation or low growth rates in mature markets. This is the time when operators and their partners need to focus on innovation and must ensure that their tactical moves line up to a bigger-picture strategy. Customer retention, upsell and new business development can all be achieved through shrewd service bundling, judicious use of next-generation access (NGA) and by generating a sense of value in the mind of the consumer beyond that of the constituent services that an operator offers.” Martin Scott, Principal Analyst, Head of Consumer Services Research.

The service in detail

For a typical 12-month subscription, our clients can expect:

  • strategic impact reports and regular market commentary: thought leadership delivered via in-depth reports and regular commentary on fixed broadband and pay-TV/media market developments and innovative strategies
  • 5-year forecasts for fixed broadband, fixed voice and pay-TV KPIs: clients get access to worldwide fixed forecasts, split by region, and more-detailed fixed broadband, fixed voice and pay-TV forecasts for 30 individual European countries. Forecast KPIs include connections, ARPU, revenue and access technology
  • market share and pricing trackers: our Multi-play pricing benchmark tracks and analyses DSL, cable-modem and residential FTTB-based multi-play services for consumers from more than 50 leading players across Europe, enabling market players to benchmark their performance and successes. We also provide quarterly updates on broadband subscribers, access technologies and market share for operators in 60 countries
  • Connected Consumer end-user survey report: we survey 6000 end users annually, in six countries (Europe and North America), about usage, spending and attitudes towards broadband and video services
  • access to experts: clients get unmetered access to our subject matter experts and thought leaders for additional insight and opinion, in response to ad hoc questions relating to our research.

Programme highlights

  • Multi-play strategies: the bundling of fixed, media and mobile services adds significant complexity to the price-positioning of telecoms services; through forecasts, best-practice case studies and tariff benchmarks, we qualify the options and impact of multi-play bundling
  • Customer retention and satisfaction: drivers for customer satisfaction, strategies to optimise churn and best-practice examples from developed markets
  • The digital home ecosystem: opportunities and partnering strategies across the value chain and revenue growth scenarios
  • Next-generation access (NGA) services: driving demand, take-up and returns for NGA, service provider strategies and productising new services.

Programme deliverables

Forecasts

Analysys Mason's Fixed Broadband and Multi-Play research programme provides the following 5-year forecasts for 8 regions worldwide, plus more-detailed forecasts for pay TV, fixed voice and fixed broadband in 30 European countries.

Fixed broadband connections and retail revenue

  • residential and business split
  • access technology split (DSL, cable modem, residential FTTB, other)
  • retail revenue and average spend per site.

Fixed voice connections

  • connections
  • spend per connection
  • ARPU
  • outgoing minutes of traffic
  • spend per minute.

Site penetration of fixed broadband

  • residential and business split.

Pay-TV metrics (for 18 European countries)

  • subscribers
  • revenue and average spend per site
  • splits of the above by platform - analogue and digital cable, IPTV, pay DTT and satellite.

Multi-play bundle (for 9 European countries)

  • all permutations of fixed broadband-based double-, triple, quadruple- and quintuple-play service bundles, which may include fixed voice, pay-TV, mobile voice and mobile broadband services
  • fixed-mobile bundle penetration
  • household penetration of fixed telecoms services that could be included in a bundle
  • the evolution of revenue-generating units (RGUs) bundled with fixed broadband.

Trackers

Analysys Mason's Fixed Broadband and Multi-Play research programme also provides the following historical and current market data:

  • The Fixed retail market tracker covers major broadband service providers in 60 countries worldwide. It provides updated fixed broadband line data and market share split by access technology and service provider. It also includes metrics related to fixed voice channels (narrowband, VoIP and cable), traffic, spend (access, calls and average per fixed minute) and ARPU for 30 European countries. Country coverage is listed below. Updated quarterly.
  • The Multi-play pricing benchmark covers DSL, cable-modem and residential FTTB-based multi-play services for consumers from more than 50 major players in 22 European countries. Updated bi-annually.

Geographical coverage

The programme provides worldwide 5-year forecasts split into the following 8 regions:

  • North America
  • Western Europe
  • Central and Eastern Europe
  • Developed Asia-Pacific
  • Emerging Asia-Pacific
  • Latin America
  • Middle East and North Africa
  • Sub-Saharan Africa.

Country-level fixed broadband and fixed voice forecasts are provided for the countries marked in bold below. Pay-TV forecasts are provided for the countries marked with a ‘*', as well as at a regional level for the Baltics, the Nordics, the rest of Western Europe and the rest of Central and Eastern Europe.

  • Australia
  • Austria
  • Bahrain
  • Belgium
  • Brazil
  • Bulgaria*
  • Canada
  • China
  • Croatia
  • Cyprus
  • Czech Republic*
  • Denmark
  • Egypt
  • Estonia
  • Finland
  • France*
  • Germany*
  • Greece
  • Hungary*
  • Iceland
  • India
  • Ireland
  • Israel
  • Italy*
  • Japan
  • Jordan
  • Latvia
  • Lithuania
  • Luxembourg
  • Malta
  • Mexico
  • Montenegro
  • Morocco
  • Netherlands*
  • New Zealand
  • Norway
  • Oman
  • Poland*
  • Portugal
  • Qatar
  • Romania*
  • Russia*
  • Saudi Arabia
  • Serbia
  • Slovakia
  • Slovenia
  • South Africa
  • South Korea
  • Spain*
  • Sweden
  • Switzerland
  • Taiwan
  • Tunisia
  • Turkey*
  • Ukraine*
  • UAE
  • UK
  • USA
  • Yemen
Back to Top