年間契約型情報サービス

ソフトウェア制御型ネットワーク

Software Controlled Networking

発行 Analysys Mason 商品コード 294425
出版日 年間契約型情報サービス ページ情報 英文 Subscription Program
価格
本日の銀行送金レート: 1USD=102.18円で換算しております。
Back to Top
ソフトウェア制御型ネットワーク Software Controlled Networking
出版日: 年間契約型情報サービス ページ情報: 英文 Subscription Program
概要

Analysys Masonが提供する本年間情報サービスの調査プログラムは、ネットワークとその運用状況の変化を踏まえつつ、各種のトレンド、ベンダー、利用事例などを究明し、詳細に分析するものです。ITと通信技術の融合は、ネットワークとその運用形態の変化を促しており、ソフトウェアインテリジェンス(ソフトウェア資産やプロジェクトについての詳細な情報を収集するため用いられる技術やアプリケーションなどの総称)の重要性も高まっています。本調査プログラムは、通信サービスプロバイダー(CSP)やベンダーの関係者が、新たな技術やその潜在的な利益、移行方法(あるいは移行の是非)などについて理解を深めることができるよう設計されています。

本調査プログラムは、ソフトウェアオートメーションやシステムの転換などを通じてコストの最適化と生産性向上を実現していく取り組みのなかで重要な権限を有する最高技術責任者(CTO)や一部の最高情報責任者(CIO)を対象としたものです。CSPのネットワークでは、これまで各社独自の大規模なシステムが使われていましたが、近年ソフトウェア分野における技術革新の成果が波及しつつあります。またCSPが顧客中心の姿勢に変わるなか、市場の細かなニーズに対応するため、基盤となるネットワーク技術や運用プロセスの管理機能を大幅に強化する必要性も認識されるようになっています。

本サービスの概要

  • ITと通信技術の融合に伴ってネットワークとその運用形態が変化し、ソフトウェアインテリジェンスの重要性が高まっているという状況を踏まえた調査プログラムです
  • 新旧のシステムや最適化されたシステム、インフラストラクチャ、運用プロセスを導入し、コスト削減と利益改善を実現していくための秘訣を紹介します
  • 十分な情報に基づく転換戦略の導入に向け、CSPの成功と失敗の事例を紹介するとともに、ベンダー各社のソフトウェアソリューションとサービスを分析します

主なテーマ

  • 本調査プログラムで取り上げる技術や運用法のなかで焦点となる分野:ソフトウェアデファインドネットワーク(SDN)、ネットワーク機能仮想化(NFV)、自己組織化ネットワーク(SON)、固定通信と移動体通信の融合(FMC)、VoLTE、およびSaaSモデルを利用したサービスの提供と管理
  • 新たなビジネスモデルへの転換:通信以外の業界でクラウドや機器間通信(M2M)サービスを利用する動きが広がるなか、新たなターゲットとなる顧客からの要望に対応するため既存のネットワーク技術やシステムの改善を迫られるCSP
  • ネットワークと運用にまつわるコストを削減するためのツールと手法
本プログラムの成果物:ソフトウェア制御型ネットワーク
成果物のタイプ発行回数
(12ヶ月間)
戦略的レポート:次世代のサービスやビジネスモデルへの対応を目的としたシステム転換の必要条件についての解説1回
ビューポイント:システム転換のベストプラクティス、ケーススタディ、革新的なビジネスモデル、各種サービスの見通し、新技術のトレンドなどに焦点を絞り込んだ分析3回
様解説:業界の最新動向に関する十分な情報に裏打ちされた見解6回
ケーススタディ:CSPが推進する運用の改善に向けたプロジェクトの事例とこれまでの経験5回

これまでに発行された成果物と今後発行される予定の成果物

発行された成果物(過去12ヶ月間)発行予定の成果物(今後6ヶ月間の暫定的な計画)
  • 岐路に立つSDNとNFV:CSPによる将来的なネットワーク仮想化の動きを見越してベンダー各社が推進する革新的な技術の開発とポジショニング
  • ウェビナー−ソフトウェア制御型ネットワーク:次世代ネットワークにとって重要な意味を持つクラウド、NFV、SDN
  • ソフトウェア制御型ネットワークの枠組み:次世代ネットワークにとって重要な意味を持つNFVとSDN
  • SDN World 2013:NFVとSDNが運用面の柔軟性向上とコスト削減に貢献することをCSP各社が認識
  • Belgacom(BICS)がCisco Prime Networkを採用することでもたらされたIPサービス業務の運用上のメリット
  • 通信事業者向けソフトウェア関連の専門サービス:CSPとベンダーの提携を促す新たなサービスと仮想化技術
  • MWC 2013:今後の見通しは不透明ながら、無視することができないNFVとSDN
  • システム運用の転換によるコスト削減と収益拡大を促すITと通信の融合および技術革新

ソフトウェア制御型ネットワークの枠組み−ネットワーク上でソフトウェアが大きな役割を担うようになるなか、今後重要になると思われるポイント

  • ソフトウェア制御型ネットワーク分野の全体像
  • CSPにおけるNFVとSDNの位置づけ
  • 利用事例とベンダー各社の戦略

テーマとトピック(今後12ヶ月間の暫定的な計画)

  • ネットワークとITの融合
  • CSPのためのSDN−次世代のIaaS、あるいはそれ以外の何か
  • 進化を続けるサービスデリバリープラットフォーム(SDP)のエコシステム
    • OTTとCSPが導入しているSDPの比較とこれまでに得られた教訓
目次

Analysys Mason's Software-Controlled Networking research programme provides research and in-depth analysis of trends, vendors and use cases in the changing landscape of the network and its operations. Convergence of IT and telecoms technologies is driving transformation of the network and its operations, where software intelligence is becoming paramount. This programme is designed to help communications service providers (CSPs) and vendors understand new technologies, their potential benefits, and how (or whether) to migrate to them.

This programme targets CTOs (and some CIOs) that hold the key responsibilities of optimising costs and increasing productivity through software automation and systems transformation. The CSP's network, formerly the domain of big, telecoms-unique boxes, has been invaded by a rash of software innovations. As CSPs move to a customer-centric culture, they have much more control of the underlying network technologies and operational processes required to address their specific market needs.

Our industry analysts will help you to:

  • understand industry best practices for software innovations deployed in the network
  • understand the positioning of products, services and suppliers in the networking and operational environment
  • make informed tactical and strategic decisions on infrastructure and technology investments
  • establish a clear position for your investments in technologies and services
  • understand the operations support system (OSS) requirements for management and orchestration of virtualised next-generation networks (vNGN).

Some of the technology and operational focus areas of this programme are:

  • software-defined networking (SDN)
  • network function virtualisation (NFV)
  • self-organising networking (SON)
  • fixed-mobile convergence (FMC)
  • the use of cloud computing architecture and software-as-a-service (SaaS) models for service delivery and management.

Coverage

  • The convergence of IT and telecoms technologies, and how it is driving transformation of the network and its operations, where software intelligence is becoming paramount.
  • The secrets of cost reduction and improving margins with new, established and optimised systems, infrastructure and operational processes.
  • CSP use cases on successes and failures, which will drive informed transformation strategies, and analysis of vendors' software solutions and services.
  • Market sizing of the cloud computing, NFV and SDN markets for hardware, software and services.

Key themes

  • Technology and operational focus areas: SDN, NFV, SON, FMC, VoLTE, OSS/BSS/SDP systems transformation, and the use of SaaS models for service delivery and management.
  • Transformation for new business models: The need for CSPs to adapt their established network technologies and systems to meet the requirements of new target customers for cloud and M2M services.
  • The impacts of optimising cost, improving operational flexibility and increasing business benefits throughout different SCN architectural layers: The SCN architectural layers include: user, infrastructure, platform, control, service and development.

Programme deliverables

Back to Top